*

日本人は子育て軽視し過ぎ!専業主婦(主夫)になって子育てすべき!

 

俺は願いが叶うならやってみたい事がある。それは専業主夫になり”子育て”をしたいという事。ただ子育てがしたいのでは無いく”専業主夫”として子育てをするのがポイントだ。理由は、子育てこそ人生で最大の価値を持った大仕事であると思っているからだ。

俺は日本の子育てに関する現状を嘆いている。子供が生まれ育っていく時間を労働で失っている人がなんと多い事か。非常に勿体ない。たださすがに夫婦共に無職で育てるのは資金面で無理が生じるので、現実は”片方が働き片方が子育て”というスタイルを取るのが理想だと思っている。特に三つ子の魂100までというように幼少期の子育ては重要だ。

 

昔勤めていた職場の先輩(男性)がこのスタイルを取っていた。先輩いわく「嫁さんがパートに出たところで給料も少額。それなら一時的に家計は赤字になってしまうけど子育てに専念してもらう方が良い」と言って専業形態を頼んだという。この時に、後で書くが赤字も承知の上で子育てに専念するという価値観は非常に重要で本質を突いていると思った。

しかし、今の日本社会においては「子育て」に対する評価が非常に小さい。お互いに働きたいなら理解できるが、対した給料にならなくてもとりあえず共働きしてしまうという考えは理解できない。少しでも家計を安定させたいのはわかるが、特に経済的な困窮状態に陥って無いのなら幼少期くらいは子供との時間を大切にする方が人生視点で重用だと思う。

 

また結婚前の男女の考えとして「専業主婦(主夫)をやりたい」という意見も非常に多く聞く。しかし理由の中に多いのは「養われたい」という意見が多く含まれている事は気になるところ。専業=楽とかの概念では無く、単純に子育ての重要性を考えると「子育てをしたいから専業でやってみたい」という意見が溢れかえってもおかしくないと思うのだが

今の日本はみんな、目先の家計に目が行き過ぎて子育てを軽視しているように思える。

 

スポンサーリンク

社会は子供をそこまで見てくれない

金銭的な面を考えると保育所に預けて、保育料以上の金額を稼げばいいという考えもあるがあまり賛同できない。

専業で育てる一番の意味は、周りが教えてくれない事をなるべく多く教えられると言う事にある。教育は人ひとりが人間として生きていく為に存在する。しかし今の世の中はこの”生きていく”という力を培うには非常に脆弱な仕組みであると思う。

学校を始めとした教育では、一定数の子供が同じ価値観と常識を持つ事を前提に育てられるシステムとなっている。このシステムが脆弱なのは現代人を見れば一目瞭然。従来の日本教育で育ってきた人たちが社会に出て、生きやすい生活を送っているなら文句は無い。

しかし、俺たちの世代や親たち団塊世代も含め、非常に生きづらい生活を送っている人がなんと多い事か。これは金銭的な問題を指しているのではない。生き方そのものに苦しむ人が多い事に俺はずっと疑問を持っている。価値観は封殺され、多様性を尊重すると言う言葉は名ばかりの状態が世の中の場面に置いて多く感じる。

こんな社会に育てられたら、これから育つ子供はどうなるのか?

 

この問題は昔から繋がり今に至っているが、学校も社会もこの現状を打開する方法を考えていないように俺は感じる。むしろ、この問題くらいで生きづらいのであれば、世の中から消えざるを得ないと逆に社会から言われているかのように受け取れる。

俺はニートだが、これはニートのように社会から脱落させられた人だけが苦しんでいる事を言いたいのでは無い。ひきこもり、ニートなどにならないまでも、自由な考えや働き方という概念を、世の中の常識教育によって奪われてしまっている人は多くいるのではないだろうか。

 

学校は”生きていく力”を付させない

 

本来、教育とは多様な価値、生き方を選択できることを学べ伝えられるべきである。それにも関わらず、まるで洗脳を受けたかのように人生は一本か二本のような少ない道しかない選択肢のない状態に現状では持っていかれる。これは途中で気がつける人はいいが、実際に子供達にはこういった考えを持つ機会すら与えられない。

こういう育てられ方になってしまう背景には、みんな同じという似非平等教育システムがかなり色濃く世間に浸透し過ぎた面があるからだと考えている。親は世間の常識を子供に教え、世間も同じ常識を子供に教える。しかし、これだと非常に窮屈。世間の常識など、外に出ていれば教わらなくても嫌でも同調圧力によって学ばざるを得ない。

その結果、今の時代のような生きづらい選択を取らざるを得ない人が増えたのではないかと俺は思っている。能力がある人でも、なぜか”人生はこうではならない”と考えている人が多く非常に勿体ない。「生きるためなので仕方が無い」と言う彼らは、能力はあれど生きる力は教育で学ばせてもらずに育ってしまったのではないだろうか。

実際に東大や京大を卒業するエリートが、なぜか固定観念に捉われ生きづらい世の中を歩んでいたりするケースもあるので、ここまで来ると学歴社会も善し悪しとしか言いようが無い。

親の役目は「非常識」を教える事

 

これからは常識が通用しない時代になると思う。むしろ常識を知る人こそ社会という見えない圧力に縛られ、結果的に苦しむ事になる。逆に、非常識なくらいの人の方が最終的には常識的な人間に近づいていくように思う。変な話、常識人ほど変な人はいないと俺は思う。常識って楽しいのだろうか。

学校は常識しか教えない。それなら親がこの非常識な事を教えればいいと考えてしまう。この非常識には色んな意味を含めるが、「生きて行くなら何でもアリだぞ」という考え方や価値観、多様性を子供の頃から育んでやるという事でかなり重要だと思う。

みんな平等などと言葉はキレイに並べられた教育だが、「このシステムから落ちたら排除」のシステムはまだまだ終わりそうにない。逆に、適度に周りと合わせないと行けない空気感によって優秀な人の能力も壊していたりする。

飛び抜ける事も、飛び降りる事も許されない社会に対抗できるのは、親がしっかりと生きやすいよう周りが教えない事を伝えて行く事だ。それこそが重要になるのではないか。これは幼少期からでないと大人になるほど、人が形成され修復が難しくなる。少しの赤字覚悟で育てられると、後々子供にとっては赤字を吹っ飛ばす価値を与えられるのではないか。

世の中の凄い仕事なんてたかが知れている。子育てこそ人ひとりの人生を左右する、人生最大の大仕事である

 

最近読んだ興味深い本

格差はすでに生まれた家庭から始まっている事がわかる本です。ピケティの資本論でも話題ですが、格差はこれからどんどん広がると思います。少なくとも生まれた時からすでに土台が決まっているなら、せめて親が出来るだけの事をしてやるというのは当然の流れになるのかなと、本書を読んでいて思いました。

 

 

ドヤ顔で書いたけど、書いたのはニートのあらたです。プロフはこちら

 

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

ニートに「戦時中の食糧難」の話を聞かせても1ミリも動かんぜ?

  不登校、ひきこもり、ニートに救いの手を差し伸べるというのは難しい。そう思

記事を読む

ネット上の「死にたい」発言くらい自由でよくね?~死にたいとかも言えないこんな世の中じゃ~

これを読んでいる人は「死にたい」という言葉を発した事があるだろうか?俺はある。1人でぶつぶつ

記事を読む

パワハラやる暇人がいる職場は未来がないのでさっさと辞めるの一択

「高速料金所の職員男性(46)がパワハラで追い込まれて自殺」というニュースを目にしました。遺

記事を読む

「大学を中退し起業します」に動揺するブザマな老害を笑うw

ざまあああwwwwwwwww ザマーないですね。若干18歳の若者が「大学を辞めて起業す

記事を読む

ニートに届くアドバイスの9割はゴミ 頼んでもない助言は害悪

    数年前から、俺は自分自身に対してアドバイスを送ってく

記事を読む

健常男に捨てられた身体障害者の女も幸せ「ジョゼと虎と魚たち」

  「ジョゼと虎と魚たち」という映画を観た。 この記事はネタばれも含むので

記事を読む

【男性向け】飛田新地レポート【未来のお嫁に読ませられない】

僕は元ひきこもりだ。引きこもっていた頃は自殺を考えた。でも死ねなかった。いや死にたくなかった

記事を読む

悲しきマニュアル的アドバイス「好きな事をやれ」で滅ぶニート達

ニートに寛容的な助言「好きな事をやろう」はけっこう乱暴ですよ?   自分が

記事を読む

「忍耐力(笑)」は持っちゃだめなスキルの典型例

「根性ないな~・・それじゃ、どこ行っても通用しないぞ!?」 ありがとうございます!こう

記事を読む

年賀状しんどくね?未来の年賀状はこうなればいいのに!(願望)

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 やって参りまし

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
蚊が出ても嬉しいとさえ思うようになる【ナイス蚊っちレビュー】

蚊が耳元でブーン。。 これ、すんごい嫌いだったんですよ。

中村さんがセフ×作りに成功している理由を分析してみた

ツイッターでセ×レを募集したら、本当に女性から声を掛けられると

行動範囲が狭い人に「興味のある・やりたい仕事」は見つけられない

「人が興味を持ったり、やりたい物事を見つけるにはどうすればいい

“理想の美女”と出会うには「婚活パーティーに出続けるしかない」と確信

「理想の美女に出会える」 こう聞くと、胡散臭く聞こえませ

絶叫マシンを知った気になってました。サーセン!アメリカすげえっす!

衝撃のUSJからまだ2週間。ジェットコースターを克服したことか

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑