*

僕がニートになるまでの歴史25歳編②~本能や欲望が動き出す動機に変わる~

けっきょく25歳の年は、無気力ながらも楽な仕事である「看板持ち」を見つけてしまったため完全ニートにまでは落ち込みませんでした。・・という所まで書きましたので、前回を未読の方はこちらからどうぞ

 

ニートでも働こうとする理由

生活に不自由も無くやる気もあまり無いのに「なぜ働いたのか」を書いておこう。それは至って単純で、手元にお金が入らないというのは不安だったからだ。考えたく無くても将来は考える。何も出来ないというのは分かっていながらも、最低限のお金は用意しないと不安で仕方が無い。「働いている事実」も欲しいなど理由はそれなりにあった。

「ニートは将来を考えないので気楽そう」みたいな意見を聞くと、本当に人間の本質そのものを知らない人達が多いのだなと思ってしまう。まあ、自分も今のようになって分かった事だが。人は生きている以上は不安を抱かずには生きられない。働いていなくても先の事は心配するし、その心配があるからこそ少しでも働こうという意識に突き動かされる。

少なくとも自分はそう思っているからこそ、これまで何度も仕事を辞めながら結果的に次の仕事に向かわねばと立ち上がっている。そして新しい道を模索する。復帰と挫折を繰り返す人は、色んなタイプがあると思うが人生の道を開拓している途中な人が多いように思う。とりあえず働いていなくても色々な物事に触れる事が必要な人たちなのだ。

 

スポンサーリンク

 

夜の街

 

 

また、がむしゃらに「将来将来」と念仏を唱えて単発バイトに出ていたわけではない。お金を持って行ってみたい場所があった。その場所とは「大人の遊び場」である。どういうサービスかまでは詳しく書かないが、セクシーな格好をした女性が登場する店だ。もうかれこれ・・引きこもり時代から行きたいと思いながらネットで眺めていただけの店だ。

今は放送されていないが、自分の10代の頃まではトゥナイト2という番組が深夜に放送されていて、そこでこういった大人の入る店が存在する事を知っていた。「将来はこんな店に行ってみたい」と高校生の頃に思いながらも、不登校になり引きこもりニートになって完全に無関係の場所になってしまっていた。

 

ただ、去年に出会った女性との兼ね合いで欲求が前面に出てくるようになった。一度それなりに女性に関わると「また触れてみたい」と思い出してしまうようだ。25歳の自分は、それなりに単発バイトを繰り返し給料を得ていたので、何とか店に行ってやろうと考える日々が続いた。

松山の繁華街はそれなりに怪しい店が多い。雑居ビルの間に明らかに違うお店があったりする。これまでは何となくネットでお店の詳細を調べたり、書き込みを参考に様子を伺うレベルだったが、この頃になると、現地まで足を運び薄暗い店の入口で客引きをする男性を観察するようになった。

「間違いない!あの店の奥には夢がある!」そう思うと、いても経っても居られない。稼いだバイト代はここで使うべきだと考えるようになる。気がつくと数千円を握りしめて店に入る自分がいた。パソコン動画の世界から実写である。「生きていて良かった」と心から感謝し、節約しながらも数ヵ月に一度の楽しみとして店に行った。

働く事や社会の仕組みに失望しているが、店には夢があった。店に通う為に働いている人がいるというのも何となくわかる。自分はこの頃、友人に対して「俺は店に通う為だけに働く生き方もありなんじゃないかと思っている」と言っていた。

実際に自分が通うつもりはないが、それなりに給料があって、余裕がある人は通えばいいのではないだろうか。何の為に稼ごうと、何の為に生きようと個人の勝手である。雑居ビルの合間に存在する微妙さが、どこか胡散臭く好奇心をそそるような作りにもなっていた。「なんかアヤシイ」と思うと変にテンションが上がってしまう。

 

本能に忠実に生きるという考え方

 

なぜこんな話を書くのかというと、まったくイヤラシイ意味では無く(?)、実はこれもニート復帰支援プログラムに十分効果がある話だと思っているからだ。「性欲」というのは、ある意味では素晴らしい欲求だ。人には欲がある。「睡眠」「食欲」「性欲」があり、基本的にどれも十分に満たせるに越したことは無い。

ただ、性欲は自分のような男性にとってはハードルが高かった。中高の頃には死ぬことだけを考えて生きていた影響か、女性と上手く交際してこれた経験も無い。そして無職やニートにまで落ち込むと、さらに異性に突き離されてしまう感覚があった。これだけ距離が出来てしまうと、その差をお金で埋めてしまう事の方がむしろ自然にも思えた。

それが「働く動機」に変換されるのであれば、動機としては下心満載でも手段としては問題がないと考えている。結果的に男性として、女性に関わる事が生きる原動力に繋がる事もあるため、場合によっては大人向けのお店に行くこともニートで欲求爆発寸前な人には効果があるようにも思う。「女性に関わる」というのは男性にとって目標の一つだと思う

これもまたサポステや、フリーターの友人を通して考えてきたテーマだった。働いては大人の店につぎ込む人もいれば、働き始めたら行ってみたいという話をする人もいた。男性という生き物なので、その辺は仕方が無いのかもしれない。

 

通う男性、働く女性

 

 

お店の女性に引っ掛かる心配をする人もいるが、騙されて女の子につぎ込んでもいいと思う。つぎ込む頃には働かねばならないからだ。借金までいくと厄介だと思うが。自分は、商売っ気を感じると引いてしまうところがあったのでハマり込む事はなかったが、こういう表ではあまり言えない場所に行く楽しみを持てた事は大きかった。

男性ニートに向けてしか言えないが、何とか1日だけ単発バイトをしてこういう店に行ってみると世界を見る目が変わるかもしれないと伝えたい。また自分の場合は、こういう場に遊びに行く人だと言う事を男女問わず友人に公言していたりする。これらの店のハードユーザーもいれば、女性でも店に興味がある人など見ているだけでも反応が楽しいからだ。

また自分がこういった話をしている事を聞いた子から、そういった店で働いている事への悩みを話してくれる人もいた。お金に困って夜の世界に行くしかない女性や、昼間の給料だけでは生活が苦しい人は、夜の店で働くまで追い込まれている事もあるようだ。この手の話を誰にも言えないのは、通う男性より女性側に多いのは確かな事実だろう。

低所得で女性に縁の無い男性が、低所得で困って働く女性の元に通う。そんな構図が出来上がっているように思うのだが、実際はどうなのだろうか。

 

続く。

 

「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」をまとめ読みされる方はこちらから

 

社会に出てみようという動機なんざ何でもいいんだよね。管理人あらたのプロフィールはこちらから

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

僕がニートになるまでの歴史~この世から消えたい高2男子の日常~

  前回の高校1年編はこちら。   必死になり訴えた、

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編②~就活パフォーマンス~

僕歴シリーズ23歳編①からの続きになります。前回は、原付免許を取得したところまで書きました。

記事を読む

「罵声が飛び交う職場などバックレで解決だ」と過去の自分に伝えたい~僕がニートになるまでの歴史24歳編②~

  先日も書きましたが、ある程度はまとめて書いた方がこのシリーズは書きやすい

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~22歳編②ネット中毒者が青春のキャンパスライフを目指した話~

短大に進学すると通信時代に比べ、引きこもりっぽさは徐々に薄れていきました。しかし今度は外の世界との関

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~19歳の引きこもり生活(前編)~

  僕がニートになるまでシリーズですがしばらく書いていなかったので続きを公開

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~22歳編③ 男は無職でも恋をすると背伸びするだろ~

少し間が空いてしまいましたが、引き続き今年も「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」を書いてい

記事を読む

サポステに通うニートたちの卒業を見ると焦る~僕がニートになるまでの歴史24歳編⑥~

  今回で、24歳編もラストになります。前回を未読の方はこちらからお読みくだ

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史25歳編④~事務職は眠くなるという発見~

  書いていて思ったのですが、20代中盤ってぼんやりとしてるんですよね。もち

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編①~就活のスタートすらわからん~

  「僕歴シリーズ」も短大卒業の年までやってきました。22歳編と同様に、長く

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 0~3歳期

ニートになる人はどんな人生を送ってきたのか?というテーマで 少しずつニートに至るまでの経歴

記事を読む

Comment

  1. 伝説のニート? より:

    2枚目の写真は、椎○林○さんの「本能」のPVでしょうか…だとしたら懐かしいw

    自分は30歳を目前にして…貯金が400万近くになって…やっとこういう場所に自分から行けるようになりました。
    (その数年前に会社の先輩に連れて行ってもらったことはありますが)
    怖かったです…まだ対人恐怖症を引きずっていたので。

    働く動機なんて何でもいい…そうですね。
    自分みたいに何かよくわからないけど学校にだけは行けるようになって…半年して生活費のためにバイトして…嫌々ながらお金稼ぐために就活して…嫌々ながら、休みのために時間に追われ仕事に手を付ける。
    そんな消極的な思考でもいいじゃないか!!
    と今では思えるようになりました。
    (本音:「この世に生まれた意味」「なりたい自分になるためにどうするか」「社会への更新」?あまり興味ないですね…)

    • あらた より:

      伝説のニートさん こんばんは。

      そうそう。「本能」となると彼女くらいしか思い浮かばなかったもので(笑)

      けっこう貯めてますね・・w 色々と書いて頂いているのに数字にビックリですw苦労されているのですから、使いたいように使っていけばいいと思いますよ。貯め過ぎると今度はパーっと使いたくても使いにくくなりそうw 保守的になるというか。

      嫌々ながらでも前進されているようで何よりです。「この世に生まれた意味」とか本当に考えちゃいますよね。

  2. tantan より:

    こんばんは。tantanです。
    性の力はつよいですね。
    ニートをこじらせてしまって焦りから海外に旅立って某国の風俗にハマりすぎてかなりの金額(新車の軽自動車一台分ぐらい。数ヶ月毎日通ってました)をつかったことがあります。
    女性にはなれていなかったのですが通っているうちに気軽に話せるスキルも体得しました。それで彼女もできたのでステップアップとしては悪いものではないと自分は思います。

    • あらた より:

      タンタンさん こんばんは。

      毎日とか凄いですね。富豪じゃないですかw

      僕も通えば良かったなんて今になって思うんですけどね。欲求ってどんどん無くなるんだなって30歳手前くらいで気がついて・・。エロ本や動画も「お金が勿体ないから」と安物や無料系のモノばかり見るというケチっぷりでした。

      僕は人生視野で考えるとかなり損した人間だと思いますw 軽自動車分くらい使ったようですが、その分で得た体験も大きかっただろうと思います。
      性の力は偉大ですね。

  3. tantan より:

    情けないはなしなのですが本当は世界を旅する予定だったのですが極端な性格な為風俗にはまった時点で旅終了でした。普段は何にたいしても興味を持てない性格なんですが IN な状態になると脇芽をふらずしてしまうんですよね。いい方に向かえばいいのですが基本自滅してしまいますw

    僕の風俗嬢の印象(働く動機)は一つの高収入の仕事というカテゴリーです。貧乏でかわいそうな子っているとは思いますが会ったこと正直ありません。みんな稼げるから風俗やってるって感じの子でしたね。

    • あらた より:

      タンタンさん こんばんは。

      ある意味では世界の旅じゃないですかw 世界旅行よりも大きな体験をしてると僕は思いますね(笑)

      風俗は稼げる方は本当に稼げるみたいですね。割り切って一気に稼ぐ手段のひとつだと僕も同じように思います。
      働き方や金の稼ぎ方にグダグダ言っている人は、結局はそこに嫉妬があるからなんですよね。「自分も本当はそういう手段を取りたいけれどやってはいけない」といったマイルールに自分を縛っていると言うか。

  4. こんにちは。

    満を持してブログを始めたいと思います。
    徹底的に考えましたが始めると言う結論に至りました。

    基本は毎日更新を心掛けるのでたまには見に来て下さい。

    よろしくお願いします。

    • あらた より:

      嫁が高知出身さん こんばんは。

      おお!ついに開始されましたか!
      さっそく読ませて頂きますね。「保護者の視点」への需要は多くあると思っております。
      「毎日書く」と言うのもなかなかハードルが高いように感じますがぜひとも!

  5. 毎日書く。簡単です。

    だって書きたい事は山の様にあります。
    既に記事のストックは40位。ネタ帳は10位。

    写真を挟めばそこそこ行きます。

    アフィリエイトにも切り込みたいので少し意識を変えて望みます。

    • あらた より:

      嫁が高知出身さん こんにちは。

      かなりストックしてますね~。
      そのストックを活かしながら色々と試して更新されてみて下さい。楽しくなってきますので!

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
糞つまらないゲームを惰性でやらなくなった【FF15を買った結果】

「買った以上は・・」みたいな心理でやっちゃうゲームってあります

20代のコムスメに35歳(男)の婚活必勝法を聞いてきた

「婚活して結婚する!」と言い出して1年以上。(去年の6月くらい

「給料が高いと超やり甲斐になる」という人の話【人生一発逆転!?】

仕事にやりがいを感じられない人は、高給な仕事を目指すことに振り

友達と婚活イベントに参加する女性は結婚が100%遠のく【断言】

「どの口がいうの!?」という話ではありますが、婚活イベントに参

ビットコイン終了のお知らせ【ワイが1万円分も買ったから・・】

「ビットコインは伸びしろが無いので買わない」とか言ってたんです

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑