*

「夫のちんぽが入らない」を解釈するのは難しい

公開日: : 書評の本棚

読みました!「夫のちんぽが入らない」を。

読む前と後では、まるでテンションの違うじぶんがいるんですよね。ちなみにぼくは、「なぜちんぽが入らないのか?」という疑問を抱えて読むに至っています。

 

話としてはそのままで「夫のちんぽが入らない」という話なんですが。夫は風俗などでもふつうに出来るし、妻は妻でネットで知り合った男性と行為に至ることが可能。つまり、どちらも問題ないわけです

なのに、「二人の関係になると入らない」という話。これについては謎のままなのですが、本当に入らないとのこと。実話だそうですが、そのまま話が終わったのである意味衝撃でした。

 

ぼくとしては「なぜ?どうして入らないの?」というラストを想像して手に取ったので、なんだか消化不良

でも同じように考えている人は多いはず。ぼくも含めて、おそらく文学作品とかに触れてない人たちなんだろうなと思うわけです。まあ文学に興味ないぼくが語るのも変ですがw

なんかよくわからないけど、作者は作品を通して「こういうことが伝えたかった」という部分はあるんですよ。それを読み取れるかどうかが本当の問題だと思うんです。

スポンサーリンク

実際に「入らない」ということはある

とりあえず作中では、入れようとすると無理がありすぎるという表現がなされてるんですね。

妻側は痛みを伴い続け、いつも血まみれで終わるという。先っぽだけはギリ入るみたいな。シーツが血まみれという表現が出てきます。

ここに固執すると、ぼくみたいな読者は「え?何が起こってるの?」って感じなのですが。本当に入らないようです。(よくわかんないけど)

「そんなことってあるのか?」と思う人が出てきて当然ですよね

 

それが「ある」とぼくは思うわけです。

以前ぼくが風俗嬢と話したことを思い出したんですよ。

 

組み合わせの問題というか、「ムリな人はムリ」という男性にお会いすることもあるそうです。「男の人が大きいので、私はムリです」という女の子の意見ですね。あるらしいですよ。

逆に風俗嬢サイドから「私って小さいって言われるんですよ~」という意見を聞いたこともありました。確かに、この意見もその通りでした。

人なので、個人差を含めればそういうことはあるんだろうなと

 

というぼくの経験から、「入らない」に対してはそこまで理由は要らないかなと思いつつ読了したわけです。「そんなことあるわけがない」みたいな意見を書いてる人もいたので。

実話らしいんですが、仮に作り話でも「リアルではふつうにある」という話。

ふつうというか、ごくわずかな可能性としてあり得るというか。でもこの作品は、そういう物理的な話を訴えてるわけじゃないんですよ。

 

妊娠できなくてもいいじゃない

入る入らないの問題ではなく、妻側が病気で妊娠できなくなった話も出てくるんですね。

妊娠が難しい理由は確かに「入らないから」という意味も含まれるには含まれますが、それ以前にカラダの問題で妊娠はあきらめざるを得なかったという。

 

世の中って実際に夫婦の問題として、「妊娠できずに子どもが授かれない」ということもあるじゃないですか。

そういう視点からも訴えてるメッセージが入ってるのではないかと思うわけです。

実際、夫婦になるのは「子どもが欲しいから」だけじゃないですし。「夫婦=子どもを授かるもの」という風潮は、今も残ってると思うんですけどね。

夫婦の形も、子どもの有無も、色んな人がいるという話ですよ。

 

毒親との葛藤

また、主人公は学校教師だったんですが。登場する生徒や、主人公の親に問題があり「毒親と子どもの関係性」についての描写も見られるんですよ。

それも影響してか、主人公は「子どもは別に欲しいと思わなかった」という表現をしていたりもします。(後で欲しくなって妊活はした)

 

「親子にいいイメージを描けないこと」が、子どもを作る行為に対しての拒絶として「入らない(?)」という表現にも繋がったのかなと考えてみました。

というかこれじゃ意味がわからんな・・文学わからんw

親子問題についてのシーンも多いので、上手く重ねてるように解釈してみました。

 

まとめ とても解釈に困りました

アマゾンレビュアーも困惑していますが、ぼくも率直によくわからないです。

面白いかどうかと言われると、面白いとは思えなかったんですよね。それは、書いているようにあまり理解できなかったからです。

 

もし作品のタイトルを伏線として、ラストまでに「ちんぽが入らなかった理由は~」と持っていけば、どんな形であれ面白かったようには思うのですが。それだと作品の趣旨も違ってたと思いますし。

そのモヤモヤなまま消した感じが作品だったのかなと。

ん~・・ブログに感想を書いていてもよくわからないですよ。

本当にわからないまま記事アップしてしまうので、女性ファンが消えるだけでワシに全くメリットの無い記事が完成

(グーグルさんに怒られたら消しますw)

 

余談:ネットで在庫検索をして在庫があることをチェックしてたんですけどね。図書館内で、指定の場所に置かれてないわけです。目の前にいた図書館員さん(女性)がいたのですが・・聞くに聞けねえwwって感じで、探すのに時間が掛かりました。タイトルのせいで、こういう時困りますよね。

 

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

会社に依存すると精神的に病みやすくなるのは当然です

「精神的に病んでいる人」にオススメな本を発見。特にサラリーマンで病んでる人向けです。ちなみに

記事を読む

ホント、学校なんか小学校を卒業したら行かなくていいw

学校教育への怨念ならワシに任せろー。 ということで、堀江貴文氏が面白そうな本を書いてい

記事を読む

国に性をコントロールされる男!【エロ消費者への警告】

女性はわかりませんが、男性は「じぶんの性」を深く考えることって無いですよね。タイトルが面白そ

記事を読む

読書に目覚めたニートが、5月に読んだおすすめ本を教える

読書を楽しむようになったのですが、だいたい内容を忘れていくんですねw 読みっぱなしでも

記事を読む

6月に読んだ本 読書家気分で、ガンガン読んでる本棚を公開

6月に読んだ本をまとめました。 知識は生きるヒントなんですが、自分の知識だけでは、どう

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
MB著書のファッション本は買い?素人なら漫画からがおすすめ

MBさんのファッション本を買おうと思う方は、「服を着るならこん

アマゾン・マーケットプレイス詐欺にご注意!騙されそうになったわw

アマゾン・マーケットプレイスが悪用されるケースが増えているよう

「入社2日」で会社に見切りつけて辞めた新入社員がクソ羨ましい。辞められない会社員は一生嫉妬に狂え。

「新入社員が入社2日目でバックレ」(参照:ヤフーニュース)

婚活イベントだけに頼るな【選択肢が増える罠】

久しぶりの婚活報告です。ちょいと前にカップリングした女性とデー

ドラクエ11発売もオタク泣かせでえげつない商品ラインナップw

すでにニュースになってますが、ついに待ちに待ったドラクエ11が

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑