*

【男性向け】飛田新地レポート【未来のお嫁に読ませられない】

僕は元ひきこもりだ。引きこもっていた頃は自殺を考えた。でも死ねなかった。いや死にたくなかった。女子と性的に交わるまでは死ぬわけにはいかなかった。そんなエネルギーが自分を動かしたからこそ脱出した。

しかし、それからも長かった。

本格的に初めて異性と交わったのは28歳の終わりだった。どうせここまで待ったなら・・と文化と伝統のある東京・吉原を舞台に選んだ。だが、どうしたことか。

写真で見た女性と全く違う人物が出てきたではないか。

騙されていたが、この世界は写真加工は当たり前。これが初体験となり、後世に語り継ぐべき思い出となっている。

 

それ以降も、一般風俗に行ったがシステム的に顔を見て選ぶことはできなかった。サイトで顔を出していても、加工なので本当の意味で相手を知るには会うしかない。プライバシー保護のため、精いっぱいの仕組みの中で男も女もしのぎを削る。

 

しかしいつの頃か、大阪・飛田新地の存在を知る。嘘か誠か。顔をそのまま店先で出し、男性を手招きで呼び込んでいる色街があると聞いた。ネットが普及した昨今。簡単に情報は手に入る。

どうやら調べていると、本当に女性が顔を出して客を呼び込むらしい。しかも顔出ししているだけあって、とびっきりの美女しか並べないという。なんだそれは。

これは行かねばならないと思っていたが、なかなか機会がなかったので訪れることはなかった。

それが今回、大阪に行く予定になったので飛田入りを決意。そういうわけで行ってきました。男性向けディズニーランド・飛田新地レポートの始まり始まり。

 

スポンサーリンク

 

飛田新地を知らない男性がいることに逆に驚く

大阪は動物園前。駅から出て歩いていくも、とんでもなく違う方向に歩いていたようだ。夜は21時を過ぎており、いろんな意味で焦りがあった。遅くなってもホテルに帰る時間が・・・。

仕方がないので、そこらをあるく男性に訪ねる。

「飛田ってどっちに行けばいいですかね?」

最初は、一発で答えてくれるだろうと安易に思っていたが、これが意外とわからない人が多いことに驚いた。

大阪の男性みんなが行くわけではないのだなとここで気がつく。確かに、僕の周りでも一切行かない男性もいるので、飛田新地だろうと行かない人はいかないのだろう。

3人ほどに聞き込みして、ようやく全く違うところを探していたと知った。結果的に、正規ルートを通って入るというより、裏路地から近寄って行く形となった。

すると見えてくる。

なんというか、お祭りでもやっているかのような明るい街並みが。近づけば近づくほど、目に飛び込んでくる明かりがまぶしくて、それでいてドキドキする。

歩き行く人はみな男性で、とても表情が嬉しそう。ニヤニヤしている人たちばかりで、その中に自分がいたのはここだけのハナシ。

間違いない。ここが飛田。飛田新地だ。

おばちゃんの呼びかけが面白い

料亭が立ち並び、どこか古き日本の良さを映し出しているように思う。開かれた店先に目をやると、若い女性が機材でライトアップされており、見世物になっているように座っている。

女性と目が合うと、ちょいちょいっと手招きして営業スマイルを振りまいてくれる。仕事じゃなければ、やってくれないレベルの笑顔である。一瞬目が合うだけで男を殺す色気を振りまいており、女性の本気モードの末恐ろしさが肌に伝わる。

となりに座っているおばちゃんが客引きを担当しており、次のような言葉をひたすら通り過ぎる男性に投げかけていく。

「お兄さん、見てって~この娘かわいいよ!」

「もう決めてあげて!」

「こっちこっち~」

呼び込みが印象的だが、一切こっちに接近してきたり、触れてくることもないので安心。事前に読んでおいた、飛田の本によると偶然やってきた人を相手にしないと法的にアウトの見解だ。

また、観光地ではないため、通り過ぎるだけの男性たちに対していら立ちを募らせキレるおばちゃんもいる。若い男性グループに呼び込みをかけて、何か言われたのか無視されたのか。

急に「アホ!もう来んな!アホ!」と叫ぶおばちゃん。

もはや何が何だかわからない展開もあった。独特な雰囲気が漂っていて、自分は男性なのでガンガン通り過ぎていく人の気持ちがよくわかる。

とにかく、それだけ右も左もアイドル・女優みたいな女性しかいないのだ。ただ、ここで働いている人は撮影してはいけない。写真撮影がタブーとなっている。

なので街並みというか、微妙にこんな感じで歩いている人だけを撮影してみたというのを掲載している。(上画像)

「青春通り」「メイン通り」と呼ばれる場所では、次から次へと客が流れてくる。

逆に「妖怪通り」と呼ばれるスポットには、男性があまり寄り付かない。こちらも歩いてみたが、本当に男性がいない。呼び名の通り、少し一般受けから遠ざかっているような女性がいたりする。

 

料亭内部はこうなっている

ちょっとしたエロビデオすら借りるのに時間をかけてしまう人間が、ここを歩いたらどうだろう。自分のことなのだけど、全く決められない状態に陥る。

「お兄さん、決めてしまわな!もうおらんなるよ!」とおばちゃんが急かしてくるが、いなくなったとしてもすぐに別の店に可愛い女性が出てくるので決められない。

事前に飛田の歩き方サイトは見ていたが、さっぱり参考にならないのだ。次から次へと見て回ってしまう。

ということで、フィーリングで決めてみた。顔を見ただけで、「この子が良い!」と決めてみた。

 

飛田に来なければ、こんな経験は一生ムリなような気がした。目の前で、いいなと思ったとしても普通に考えてそういう事にはならないじゃない。それが飛田では普通に起こる。

システムがよくわからないとおばちゃんに言うと、「お金の交渉は二階に上がってからすればええから」と言われて階段を上がる。

部屋はこんな感じだ。

こういう仕組みなのかと思うと同時に、この後いろいろな思い出が部屋で起こる。
(未来のお嫁さんに見せないといけなくなったらガチで削除記事だ・・)

店を出て思った。

「もう死んでもいい」

もうどんな子だったか顔も覚えてないんだけど、一期一会の中に金と欲望が渦巻いて消えていった。

 

飛田新地で遊んで悟りを開く~なぜ飛田レポートを書くのか~

お店を出る前にお菓子をもらう。事前情報によると、ペコちゃんのあめを持っていると声をかけられないそうだ。(もう終わった人という扱い)

そして、悟りを開いてしまったような気がした。

やはり人は顔やお金ではなく、中身なのではないかと。

 

このたび、超好みの女性にお相手をしてもらったのだけど、思ったのは「やはり心がこもらないと切ないのではないか」という事である。どんなに美人相手でも、そこにヒューマンを感じないと何も残らない。

また飛田に行きたいと思う反面、このまま行く機会がなかったとしても、それもまたいいかなと。可愛いに越したことはないんだろうけど、そこまで美女に相手をされたいとも思わない感覚になった。

飛田には人の欲望がすべて詰まっていると思った。欲望と金というは、こういう場に行くと露骨に見えてくるのでたまらない。自分はこの色街が気に入った。やっぱり、いつか行きたいですw

 

 

また、この記事はブログに書こうか迷ったレポートになる。単純に自分の性事情を暴露するメリットを感じないからである。ただ、ひきこもっていた20歳当時の自分に取っては、風俗という存在は目標でもあった。

終電に来たような気持ちになったのが飛田である。

社会に絶望して、行き場を失い何も生きる意味が見いだせなかった自分には、女性との関わりは切っても切れないモノだった。

特にこういった場所にはロマンを感じていたし、女性には理解しにくいかもしれないが、ここで遊んでからなら死んでもいいと思えるほどエネルギーを感じていた。

もっと以前は、道後で遊んだら悔いはないと思っていたけれど、道後じゃまだまだ物足りなかった。

賛否のある話になるけれど、自分はこういう場を目指すために生きてみるのもいいのではないかと思っている。生きる活力が、働く動機が色街にあるならそれも活用すべきだろう。

飛田に関心のある人は、最近買ったばかりでおすすめの本があるので読んでみると良い。

 

文化的なものではありますが、顔出し営業は本当に珍しいと感じます。管理人あらたのプロフィールはこちら。

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

「時間が無いは甘え!それなら睡眠を削れ」←余裕に恵まれた人です

「副業をやりたいけど、時間が無いんです!」 ブログやアフィエイトを始めてからというもの

記事を読む

有給を取らせない企業はもちろん、取らない社員も法律で罰するべき「義務は守られなくて当たり前」

  ヤフーニュースを読んでいたら、次の記事が目に止まったので考えを書いてみま

記事を読む

「爪を噛むクセ」が治らない理由とリストカットの関係性をニートが考えた

  冬場の悩みと言えば手荒れ。基本的に皮膚が弱い俺は、手先もかなり荒れてしま

記事を読む

無職やニートの人は、友人に飲み会とか誘われたら行ってるの?

読者の皆様、明けましておめでとうございます。昨年は当ブログをごひいき頂き大変お世話になりました。

記事を読む

ニートの取り巻きは「正社員宗教」を脱退してくれない?

    ニートになり社会から離れると、親を含め周囲の人などの

記事を読む

カウンセラーになりたい人はツイッターをやりなさい【相談者の要望】

俺は不登校になった高3以来、事あるごとにカウンセリングを受けてきた。今はこれと言ってカウンセ

記事を読む

日本人は子育て軽視し過ぎ!専業主婦(主夫)になって子育てすべき!

  俺は願いが叶うならやってみたい事がある。それは専業主夫になり”子育て”を

記事を読む

「名前負け」は人生にどう影響するのか?ニートの俺が名前の本質を考える~名前負け集まれ!~

  キラキラネームランキング2015が発表されたそうです。キラキラネームとは

記事を読む

社畜と呼ばれて怒る人へ。だから「社畜」なのです。

  いつの間にか、ネット上では流行し今日では意味をきかなくとも 言葉のニュ

記事を読む

ニートに届くアドバイスの9割はゴミ 頼んでもない助言は害悪

    数年前から、俺は自分自身に対してアドバイスを送ってく

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
「給料が高いと超やり甲斐になる」という人の話【人生一発逆転!?】

仕事にやりがいを感じられない人は、高給な仕事を目指すことに振り

友達と婚活イベントに参加する女性は結婚が100%遠のく【断言】

「どの口がいうの!?」という話ではありますが、婚活イベントに参

ビットコイン終了のお知らせ【ワイが1万円分も買ったから・・】

「ビットコインは伸びしろが無いので買わない」とか言ってたんです

5年ぶりに合コンやって気づいたメリット【婚活リスク分散】

かれこれ婚活イベントに参加してるんですが、なんていうか手ごたえ

初めて仮想通貨を買ったんだが!

仮想通貨をやるために、取引所に申請してたんですが。本日からやっ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑