*

ハロワはニートをやる気にさせる仕事だろ!面接くらい受けさせろ!職安以外で仕事を探す方法

公開日: : 最終更新日:2016/07/01 ニートの就活 , , ,

 

初めてのハローワークは23歳だった。ひきこもりニートだったので「とりあえず仕事を探さないと」という焦りから求人検索。志望動機もないまま、これならやってもいいかも?と思える求人を見つける。しかしハロワ職員から「面接も厳しいのでは」と言われ落ち込む。仕事を探す仲間だと思っていた職員から言われ、たまらなく不安になり怖くなった。

頑張って探しているんだけど「やりたい仕事がない」「ニートなので雇ってもらえる気がしない」「検索したらクソみたいな求人だらけ」と書いていたらキリがないくらい、嫌な思いをした。「働こうかな」というやる気・意欲を出すほど、勇気が出なくなる。この「ハロワでやる気を奪われた」という体験をした読者もいるだろう。

半年で辞めたり転職ばかりで「スキル」も持たない僕は、希望職種があっても「資格・免許」カテゴリーではじかれる。真面目に働こうという人をディスるような「経験者優遇」の文字は見るのもツライ。企業が悪く見えないよう求人を出すのはわかるが、経験者しか取らないなら「経験者のみと書け!」と言いたくなる

しかし「ハロワにこだわらなくてもいい」「違う場で探す事も出来る」と知る事もニートには必要だと思う。「ハロワでないと就職できない」「仕事が見つけられない」と考えていては損な時代になっているのだ。ハロワとの向き合い方や、それ以外で仕事を探せる話など、体験と共に書いておく。

 

スポンサーリンク

 

ハローワークで嫌な思いをするのは、「職安イメージ」に期待し過ぎるから

ハロワには相性の悪い人もいる。例えば、求人を見て「これなら出来そう」と自分が思ってもハロワ職員から壁を作られる事もある。職員に「ちょっと厳しいですね」などと言われると「働かせてくれるのがハロワじゃないの?」と言い返したくなる。これは経験した人ならわかるが、ハローワーク職員からの洗礼なので気にしなくていい。

ハロワというのは、実はイメージほど求職者をサポートしてくれない面もある。というもの、ハロワ利用者はお客様では無いからだ。良くも悪くも仕事が集まりやすいハロワは、利用者に対して厳しい事をいう面もある。ハロワの体質的な部分で「○○様、一緒に頑張りましょう」とはならない。冷たくあしらわれるかもしれないが、そういう職員もいる。

一緒に仕事を探してくれる仲間のはずが、相手企業の採用担当にでもなったかのように「無理」と決めつけてくるとムカつくけどね。しかし、これは一方的にこちらがハローワークという組織に良いイメージを持ち過ぎていたから起こるギャップでもある。

仕事を紹介してくれる場所なのだから「ニートでも大丈夫!やる気があれば受けられるはず!」と相手企業に掛けあってくれたらベストなんだけど。職員の経験上で落ちるとわかるから、ハロワ窓口で止める事もあるのだ。

ただそれでも、ニートなので止められるよりは応援されたい。「無理だ」と出鼻をくじかれたくないものだ。やる気を一緒に持続させて欲しい。これは僕がずっと仕事のあっせん機関に求める希望である。職安という言葉から、すごく良いイメージをハロワに持つ人が出るのも納得だ。しかし、これがハロワの問題点でもある。

「求職の時点でニートの若者がダメ出しを受ける」という部分は明らかにおかしい。ニートはこれまで、自分の存在を否定し、他者からも否定され、「自他共に責められる生き方」を強いられた人たちだ。自信を失い、ハロワに行く事が怖かったり不安になる人もいる。僕もだったけど、やる気に満ち溢れてても怖いんだよ。

そんな彼らが「自分はダメでは無い。これから働いて頑張るぞ!」という気持ちになり、仕事を探す勇気を出すのは、一般求職者を越えた努力といえる。その際に職員から「無理かも」と精神的に揺さぶられるのは耐え難い試練。だからこそ、一緒に仕事を探してくれる人が必要。ハロワがダメなら、どこに行けばいいのか。それは別にある。

ひきこもりニートの「仕事を探す方法」は派遣会社や求人サイトという選択肢もある。職安に頼り切らないことが就職の秘訣。

ぼくを含めて、ハロワで仕事を探す人は「無職ゆえにメンタルが不安定」だったりする。そういう人には、やる気の継続が必要だ。仕事を探したい時くらい一生懸命にやる気を応援して欲しい。マラソンの伴走者のように。

また、ひきこもりやニートの若者も、適当なことを言ってやる気を奪う人の声に耳を傾け過ぎてはいけない。自分がいかにやる気を持って、仕事を探せるかがポイント。働く事から遠ざかった人が、「さあ働くぞ」と気持ちになったのだから、それを周りに削ぎ落とされないように防衛をすべきだ。

そこで出てくるのは、ハロワよりも派遣会社や求人サイトになる。職安を思いきって捨ててみる。実は、「仕事を探す」という行動に対して一番厳しいのがハロワだったりする。良くも悪くも、世間的に信頼があり放置していても求人が集まり、求職者も集まる体質がハロワにはあるからだ。人が来なくなる危機意識の少ない組織はきつい事も平気で言う

それに比べ、派遣会社や求人サイトはハローワークの知名度には負ける。だからこそ集まった人たちには、お客様以上の扱いをする。実際に、働いてもらってこそ、仕事を貰ってこそお金に変わるのだから。無職ニートだろうと最高のお客様になる。

働いてもらう目的のために、全力でやる気の底上げをして面接などの練習に利用したりできる場所なのだ。

現代の就活は「やる気」にさせてくれる人やサイトにお世話になる手法もアリ

とにかくニートや無職状態での就活は「やる気」が最優先。「今日はやる気が無い」という日もあるのだから、そういう日はなにもしなくていい。しかし、やる気がある時には出来るだけ手伝ってもらった方が動ける。誰だってサポートは受けられたら楽なものである。

そういった時に、サポートを受けられる仕組みを僕の経験と、近年に現れた求人サイトを合わせて説明する。今は、大人だろうと誰かに一緒に仕事を探し準備してもらう時代になっているのだ。手伝ってもらう就活が恥ずかしいなどという考えは、昭和のレベルに古いと自覚すべき。サポートが基本の時代である。

経歴書を書く際に使える「リクナビネクスト」はすごい

まず求職者として準備したい履歴書だけど、最近は「リクナビNEXT」の自己診断アプリなどがすごい。自分の長所を出してコピーしてしまうのが手っ取り早い方法。精度の高い診断機能なので、人それぞれ違う回答が出るので全コピペ可能。僕もやってみた記事を書いたが、個人によって違う結果なので安心した。

ぼくみたいなニートタイプはガチガチの就活をするより、効率よく抜け道を使ってしまう方がよい。さらに「リクナビ」は業界最大手の求人サイトとしての強みを体感できる。とにかく求職者も求人も多い。ハロワに出さず、リクナビに求人を出す企業も増えているくらいだ。登録すると凄さがすぐわかる。

また、ぼくが実際にやってきた無職・ニート向けの「履歴書の書き方」「職務経歴書の書き方」も参考にどうぞ。

 

「ニート」「フリーター」に向けた求人サイトUTWOが粋!

今や雇用形態の3分の1が非正規というデータがある。しかし求人サイトも「昔はみんな正社員」といった先入観を取り払い、現時点の状態から人を見る企業も増えている。「フリーター」はもちろん「既卒」という状態など仕事に上手く就けなかった人もしっかりサポート。これから働くニートなどにも、雇用が生まれるチャンスが来ている

そこで出ている求人サイトが「【UTWO】」という会社。サイトを読むと分かるが、ブラック企業に入りたくない若者などもニーズに合わせて採用する方向性。会社もブラック企業診断のため、相手企業に出向いて審査しているため、安全な企業が取り扱われている。スタッフにも「失敗経験のある若者」を入れていたり運営の姿勢も評価

「ジェイック」もこれからの若者に期待する求人サイト

関東を中心としたフリーター就職の「ジェイック」も注目されている。これまでの経歴をあまり重視せず、若者たちのやる気をサポートしようとしている。少し前はニート・フリーターは軽く見られていたが、今は人手不足を解消する戦力として見られている事を忘れないように。

「自分はニートだから・・」など間違っても思う必要はない。むしろ、人が欲しくて求人を出している会社ばかりなのだから、こちらから「行ってやってもいい」という気持ちで面接にいく心積もりでも問題ない。

就活市場を見渡していると、ハロワよりは悲観性が薄れた企業が増えている。こういった若者目線の企業が増えている事が巡り巡って勇気にも繋がる。ハロワは中高年にも向けるため、若者が置いていかれる所もあるが、ハロワに限界があるなら他の職探しの道があると覚えておくと気楽な就活に向かえるはずだ。

【UTWO】ジェイックも気になる方は要チェックしておこう。

 

転職総合マニュアルも書いてます。管理人あらたのプロフィールはこちら

 

 

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

ニートだけど仕事をするのが嫌なので、ネットで人を雇う事にした(ランサーズなら副業も出来る)

  このブログを始める前の話になる、かれこれ1年前の話だ。行きつけの整骨院の

記事を読む

派遣の登録面接で泣く鬱ニートに「ヒューマンリソシア」が神対応した時の話

  僕はニート状態から仕事を探し始める際に「派遣登録」を頻繁に活用していまし

記事を読む

子どもの昼夜逆転・不眠症の改善策【元ニートが親を指導します】

「不登校になって、昼過ぎまで寝るようになったが親に怒られてツライ」 「生活リズムが

記事を読む

【ニート、フリーター向け】俺のやってる履歴書の改ざん【職歴なんて適当】

  ニートの方は履歴書ってどうしてます? いや~、調べたら出てきますね

記事を読む

引き籠りに「やりたい事は何?」という拷問をしないでくれ ~自分のやりたい事が見つからない~【就職、就活、仕事】

    暑くなると思い出す、引きこもり時代の部屋で冷房もせず

記事を読む

悲しきマニュアル的アドバイス「好きな事をやれ」で滅ぶニート達

ニートに寛容的な助言「好きな事をやろう」はけっこう乱暴ですよ?   自分が

記事を読む

ニートの職務経歴書の書き方2016★職歴なし、空白期間も安心

  ニートのための職務経歴書の書き方   最近「フリーター、ニ

記事を読む

遅刻の言い訳、謝罪はすべて”病気”を理由に連絡すれば怒られない!「もう来なくていい」とか言っちゃう上司対策~新社会人に送る言葉~

  出会いの季節。新入社員ネタで気になったニュースを発見。内容は以下。

記事を読む

ランサーズ恐るべし!ニートの雇ったライターは超優秀だった~クラウドソーシング利用で感じたメリット、デメリット~

  以前「ニートだけど仕事をするのが嫌なので、ネットで人を雇う事にした」とい

記事を読む

「手書きの履歴書で人格がわかる人」を騙してきたニートの裏ワザ【風潮を逆手に取れ】

  この画像の結果は何だかわかりますか? よくある議論ですが、履歴書の

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
母親(60代)が喜んだ格安SIM【DMM移行で気になった点】

ドコモのガラケー契約をしていた、ウチの母親なんですけども。

幸福の科学の信者さんとの思い出【映画とPRビデオを拝見した】

騒ぎになっているニュースと言えば、幸福の科学VS芸能事務所の騒

結婚に対してネガティブなイメージが湧くので対処を考えてみた

バレンタインですけど、もう年齢的にどうでもいいです。チョコもら

「自動車を持つこと」がステータスだと思ってる男はダサい

車が欲しいです。ステータスという意味で欲しいです。軽自動車で良

「労働条件の確認」をしたくらいで嫌われるなら入社しない方がマシ

確定申告をしている真っ只中でございますが、ネガティブにも失敗し

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑