*

強迫性障害をテーマにした映画6作品を当事者のオレが教える

 

強迫性障害(旧強迫神経症)を題材にした映画をレビューしてみました。といっても、あくまで強迫性障害に対してのみフォーカスしているので内容は二の次です。「強迫性障害の事は、文章を読むだけでは理解できないよ」という方に向けて僕の観た作品をまとめてみました。実際に僕も、文章で伝えるには限界があると思っていますのでちょうどいいかと。

言葉にはできない苦悩が映像化される事で伝わる事もあると思ってるんですよね。強迫性障害への理解を深めてもらう活動という意味で、知って頂ければと思います。というか、当事者以外の人が観るとどう感じるのだろうかとも思っています。自分自身も、当事者でなかったら観る事が無かったですからね。

すべてがそうと言い切れませんが、「強迫性障害あるある」も多く含まれていると思います。基本的には、病気の知識が無いと観ても意味不明で終わる作品もあるので、興味関心のある方のみレンタルされてみてはいかがでしょうか。それではスタート!

 

スポンサーリンク

 

undo

タイトルの読みは「アンドゥー」である。自分は最初に脳内で「うんどう」と変換してしまった。レンタルショップでこのタイトルをスマホ画面で見せて、どこに置いてあるか場所を尋ねたら「あんどうですね。こちらにどうぞ」と案内されたが、「惜しい!」と心の中で思った。うん、話が逸れたが映画批評に入ろうか。

本作のテーマは「強迫性緊縛症候群」という症状が出てくる。強迫性障害とは少し違う気もするが、症状は「何でも縛らないと気が済まなくなる症状」のようだ。山口智子がこの病気の女性を演じるが、ひたすら周りにある物を縛り続けるため、夫役の豊川悦司が病院に連れて行く事に。短編ドラマ的に作られており、時間も50分ほどの作品である。

キスシーンが印象的。そこそこ長い時間をキスシーンで埋めてくるので、家族で見ると気まずいかもしれない。小学生の下校中にも二人がそれなりのキスをしていたりするのだが、すげえ場面だなと思った。この作品は「愛」がテーマでもあるので、こういったシーンを取り入れる事で、観る側に考えさせる狙いもあったのだろう。

妻である山口智子は縛り続ける事で「何を訴えたかったのか」という部分を考えながら見る作品。症状の原因は作中でも予測されていくが、はっきりとこれだと断言している部分はない。色々と夫であるトヨエツが、寄り添って行くのだけど・・。それにしても山口智子が可愛かった。

 

アビエイター

レオナルド・ディカプリオが強迫性障害者の主人公を演じている。主人公の名はヒューズで彼は父から譲り受けた莫大な資産で映画製作をしたり、航空事業にも手を出して行くというストーリー。ヒューズは実在した人物で、作品形態は伝記となっている。作品は正直なところあまり面白いと思わなかった。

それでも見ていたのは、単純に強迫性障害について関心があるからだ。ヒューズの強迫行為を見ていると、おおよそ何が気になっているのかは想像できる物だ。潔癖症が特に目立つ。マイ石鹸を持参しており、手が擦り切れるほど洗っていたシーンはつらそうだった。そのまま手を切って血が出て、衣服に付着してさらに洗う姿は切ない

部屋の中で牛乳瓶に排泄していたり、服を着れなくなったりと、この病気を知らない人だと意味不明で退屈するかもしれない。また病気を主体にした作品かと思いきや、飛行機を操縦して墜落するという場面も壮大に映されていた。けっこう映像にお金を掛けたのではないだろうか。

全体的に時間は170分と長すぎるので、自分の場合は最初から分割して観る事に決めていた。一度に観るには疲れる。「次はどうなる!?次はどうなる!?」と段々と楽しみが増していくタイプの映画では無いので、そういう意味でも強迫性障害への知識は最低でも持ち合わせていないと何をやっているのか見失いそうな作品だと思った。

 

イン・ザ・プール

「なんか腹立つわ~」と思ってしまう松尾スズキふんする精神科医・伊良部一郎の言動に注目してしまう。強迫性障害が登場すると知って借りたので、そこそこシリアスな作品かと想像していたが、単純にコメディ映画となっている。登場する患者の症状は3つ。いわゆる勃ちっ放しの陰茎強直症、ガスや火元が気になる強迫性障害、そしてプール依存症。

また、この映画内では強迫性障害が「強迫神経症」との呼び名になっているが旧来の呼び方をしていたのは古い作品だからだろう。強迫性障害と言われるようになって、確かにそこまで歴史があるわけでもないので当然か。家を出ては戻ってチェック、ビデオ録画してチェックなど強迫性障害あるあるの基本を再現できていたと思う

勃ちっ放しのオダギリジョーのシーンはどれも笑いに走っている。実際に存在する症状のようで困っている人には笑いごとでは済まないとも思ったが・・。腰をひたすら屈めるオダギリジョーの動きがいちばん印象に残る。とにかく伊良部に雑に扱われる患者たちが可哀そうに思えていたが、これがリラックスできる医者との関係と言われたらそう思うかも。

プール依存症に関しては、勃ちっ放しと強迫性障害のインパクトが強すぎて薄れていた感はある。とりあえず、「強迫性障害」の症状に関してはしっかりと特徴を見れるため、興味があればレンタルをされるといいだろう。

memo

佐藤二朗の監督作品。自身の強迫体験を元に撮られた映画だけあって、佐藤自身が演じた強迫行為には並々ならぬ説得力を感じた。彼の手洗い行為が凄い。ひたすら「大丈夫」とぶつぶつ唱える苦悩感が表現し切れているのは当事者だからこそだろう。見ていて、「今どうしても気になる」が重く伝わった。

韓英恵が主人公であるが、彼女の強迫観念はとにかくメモをしないといけないという行為となって現れている。ペンと紙にひたすら殴り書く彼女だが、それが用意できなければ指を噛んで血を流し近くにあるポスターにメモをするといった行動を取っていた。そんな彼女が、叔父役の佐藤二朗と関わる事で徐々に癒されて行くストーリー。

好きな場面は、佐藤二朗と韓英恵のベッドでの初対面シーン。めちゃくちゃ面白かった。必至に言い訳をする佐藤に、父を呼ぼうとする韓のやり取り。かなりアドリブが入っているであろうと予測できるが、おっさんが女子高生のベッドにいた事を帳消しにするための必死さが実に秀逸であった。佐藤二朗の世界観が素晴らしい。

総合的な感想としては、強迫行為を表現するシーンが非常に多いと感じたが、その多さから繰り返し行為の苦しさを上手く再現できていると思った。全く強迫性障害を知らない人から見ると、意味不明であると思うが、全体的には病気の苦悩が分かりやすく知れていい作品になっているのではないかと思う。

 

恋愛小説家

いきなり犬をゴミ箱に捨てるわ、暴言を吐くわで「めちゃくちゃだなこのオッサン」というシーンから始まるが、ずっとそんな感じなので段々と慣れてくる不思議さ。しかしこの毒のある役柄が、観る人を惹きつけているのも事実でもある。

主演のジャック・ニコルソンとヘレン・ハントが、共にアカデミー主演男優賞と主演女優賞をダブルで受けた事などでも非常に有名。今回のブログ記事では強迫性障害の枠に入れているが、そういった病的なシーンが無くとも人々の中にインパクトを残していった作品だ。

気になる症状を紹介。レストランに通うが、ナイフとフォークを持参せねばならない潔癖症状。回数を決めてドアの施錠をすること。石鹸を変えまくって手を洗う行為。また他にも、小さなこだわり儀式のような場面もチラチラ見受けられた。ただ、そんなに彼自身が生活に困っている感を出していないので窮地にいる状態では無い。

なんだかんだで、恋愛をするのは強迫性障害に限らず前向きになるパワー。ヘレン・ハントに対してまっすぐにぶつかっていくニコルソンの芝居も上手くて評価が高いのもなんとなくわかる。それでも、自分は強迫性障害の症状に対して意識がいってしまうが当事者だから仕方のない感想だとも思っている。

マッチスティックメン

詐欺師の主人公ロイは強迫性障害を患っている。映画の所々で強迫観念に捉われてしまうロイの様子が出てくる。ストーリーはなかなか面白い。ロイは薬が切れた事をきっかけにセラピストの元を訪ねる。そして妻との離婚が原因にあると分析され妻の元にいる娘アンジェラと会う事に・・・。ここから怒涛の展開が幕開けだ。

娘と再会してからどんどん精神が安定して行くロイの様子が見ている側にも伝わってきた。父として娘に会えた事で変わっていくロイは幸せそうだ。仕事中もだが、何かに没頭している時は病気の事も忘れやすくなるものだ。潔癖症なのにロイの車が汚い事などは、アンバランス感を演出していたのだろうか。

アンジェラに詐欺を教えるようにせがまれて教えていたところはどうかと思ったが、奪った金を返すように伝えるのは父親らしさがでていて良い。まあ、アンジェラが詐欺を教えないと「男の子とやっちゃったんだよ」と父親として聞きたくないであろう話を聞かされる羽目になりそうだったので仕方が無いのだろう。父親の心理なんだろうな。

父娘の喧嘩シーンなどは見応えがあったし、楽しそうな場面も、悲しい場面も素晴らしい。ラストは想像していなかった展開でこれは最高か、最悪かの二極の意見に分かれると思う。それほどのドンデン返しである。

 

強迫性障害にはこの本が気休めに

前に紹介した本なのですが、この本は自分にあっているようにも思えます。強迫観念が起こると、あえて無視するようになったのですが、少しだけ心が落ち着くようになってきました。もちろん魔法の書籍では無いので一発で治るというものではありませんが。

当事者の書かれた本なので、相性のいい人はすんなり受け入れて回復に繋がりやすい書籍なのかもしれません。

 

強迫神経症っていつから言われなくなったのか覚えていない管理人のプロフィールはこちらから

 

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

保健所でHIV検査を受けてきた。エイズと向き合う1週間と結果

先月HIV検査を受けに行くと予告しておりましたが、無事に検査も終わり結果も出ました。

記事を読む

ジェットスターは最安値プランで十分!手荷物サイズを心配し過ぎて損した【レビュー】

ちょいと東京に行ってました。A8ネットさん主催の、A8フェスティバルですね。これ行きたかった

記事を読む

Amazonで売られている格安ヘルメット(フルフェイス)比較

Amazonで安く売られているフルフェイスヘルメット「ニスコ(nisco) ブラックNT-0

記事を読む

ブログ歴2年のぼくが「今年買ってよかったと思った物ベスト10」

もう12月。1年を振り返って、今年のお買い物について考えていました。 ちょうどアマゾン

記事を読む

Amazon発売日直前のギリギリ予約は注意せよ!特記表示が無くとも入荷待ちさせられる危険あり

    久しぶりにゲームでもやろうと、ウルトラストリートファ

記事を読む

島田紳助に学ぶ仕事の極意「紳竜の研究」を買いました

極楽とんぼの山本が復帰したようで。そんな復帰の話で思い出したのが、ヤクザとの付き合いがあった

記事を読む

“ヒザの痛み”でダイエットを諦めた人は「ザムストRK-1」を知らない

  すみません。いきなり汚い足を晒してしまって。今日は、足の膝サポーターの話

記事を読む

【ゲオ公式アプリ】今日の運勢の当たりが出る確率【攻略】

  ゲオの公式アプリがお得だよ!   レンタルサービスを今年は

記事を読む

無職ニートがクレカ審査を通過したいなら「派遣会社」に登録すべし!

  たまには、自分の私生活で使っている便利そうな物を紹介してみます。例えばク

記事を読む

図書館で借りると予約待ちが多い?なら「カーリル」が便利!!

読書が面白いことに気がついて、幾ばくか本を読む習慣がついてきました。いくらでも読みたいのだけ

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
残念だけど恋愛に答えはない!【恋愛マニュアル本に金払っても解決しない】

恋愛ビジネスってすごいですよね。めっさ儲かるんじゃね?と最近に

ニートは人生逆転しないと生きていけない訳じゃねーから!

不登校・引きこもり・ニートだった過去を帳消しにするほど人生逆転

やっと止まったお菓子地獄!代わりに玄米ミルクを飲んでます。

去年ですが、一時的に酵素ドリンクで痩せる技術を身につけたんです

蚊が出ても嬉しいとさえ思うようになる【ナイス蚊っちレビュー】

蚊が耳元でブーン。。 これ、すんごい嫌いだったんですよ。

中村さんがセフ×作りに成功している理由を分析してみた

ツイッターでセ×レを募集したら、本当に女性から声を掛けられると

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑