*

「恋愛しない若者たち」から想像する2050年の恋愛・結婚観3つ想像してみた

公開日: : 無職の婚活論

久しぶりに衝撃を受けた書籍「恋愛しない若者たち」の感想ですよ。何に衝撃を受けたのかというと、時代と共に移りゆく恋愛・結婚への価値感についてです。基本的に僕は未来型の価値感であると思っているのですが、恋愛・結婚に関しては昭和初期な面が強いのかもしれません。少なくとも新しさは無いかと。

この本は各時代背景と男女関係を重ねて考察していたのが面白かったので飽きずに読めました。現代なんてまさに時代の影響を受けてますので。不況から女性が働いてる事が基本、男性だけで稼ぐ時代では無くなっています。そもそも、男性のみが稼いだ時代も歴史的には短いので、つい最近までが異常だったとも言えます。

最近は、ひと昔前では考えられなかった夫婦の在り方などもクローズアップされていますよね。男性が主夫をやるとか、まだまだ先になりますがこれから増えそうです。そういった話を広げていくと話が膨らむばかりなので、気になったところの感想を書いてみました。

せっかくなので、西暦2050年の男女はこうなってると予想しながら。「恋愛とは、結婚とはこうあるべき」みたいな考えに固執してしんどい人には良い本じゃないかな。

 

スポンサーリンク

 

おい”ソフレ”なんて初めて聞いたぞ!セフレが7人に1人とか本当?

ソフレの話は放置できない。「添い寝フレンド」なるものが20代男女に存在するという。意味はそのまま、「添い寝するだけの関係」である。本当に身体の関係も無く、男女が寄り添って寝るだけとかありえるのか・・。

なぜこんな事をする人がいるのかと言うと「恋人関係だと、いびきとかに気を使わないといけないけど、ソフレだと気にしなくていい」みたいな関係になれるから安心だそうで。「安心できる」って男女で寝てるのに大丈夫なのだろうか?

「んなアホなw」と思ってしまう反面、僕も添い寝されたい。パソコン作業を終えて、毎晩ひとりで寝るのは寂しい。男の独身ってきついのかもしれん。上に出してる人形と一緒に横になりたいけど親がいるので買うに買えないし・・。話が逸れるw

また、女性誌「anan」のデータを掲載しておりました。

「相手は彼氏(夫)以外(セフレがいる)」と答えた女性が、14%と7人に1人。今回の定量調査では、「(一夜限りも含め)交際相手以外の異性とセックス経験アリ」の独身男女が、男性で40%、女性では43%もいた。インタビューでも、とくに20代女性では、3人に1人ぐらいセフレがいるニュアンスだった。

そんな割合でセフレいるのか・・?ぐぬぬ・・悔しい。アフィなんてしてる場合ではないな・・。若者が乱れてるのかなと思うけれど、性への意識や貞操観念も、時代の変化という視点でみると変わり続けてるんだよね

「乱れている」という基準が、そもそも過去との比較なのでこれからはわからない。僕みたいに「初体験は、結婚する女性となので初夜まで我慢」なんて価値観で高校に行ってたとか・・まさに古かったなと。これがこじれると、結婚前提でしか女性を見ないのでどんどん奥手になる罠。

性に対する意識も、人の考えを知れば知るほど変わりますよね。むかしは神聖なモノとか、タブー視してる部分だったんですけど、「せっかく生まれたのに求められる快楽を求めないというのも変だな」と思い始めたりするものです。

若い女性の特集をしてるananの話がどこまで本当かわかりませんが、女性も性に対して価値観が変わっても何らおかしくはないですね。男性と違って妊娠などのリスクはあるので慎重になるとは思いますが。そのリスクを避けた結果に、癒しを求められるソフレが必要となれば「なるほど」という感じ。2050年の若者の貞操観念はどうだろう。

結婚したいけど生活水準を下げたくない

恋人と一緒にいるより、親といたほうがラク。同棲や結婚で、家事負担が増えたり、趣味の時間が奪われるのが怖い・・・。ならば未来永劫、結婚したくないかと言えば、「NO」。

9割近い男女は、相変わらず「いつか結婚したい」と言い切る。とくに昨今は、若い男女を中心に「できれば早く、結婚したい」との想いが顕著だ。

引用ですが、僕もコレ。家事負担と自分の時間が消えるのはすごく怖い。僕の場合、こういう面では早く家を出た方が良いという話になるんですよ。ウチの親の「家を出る事で社会人としての自覚がー」みたいな話とは別ですが、結婚に関しては家を出てる人が早そう。経済的に協力できるメリットはでかい。

ただ、結婚に踏み切れる人はそれなりに大人なメンタルを持ってると思うんですけどね。人の為の時間が必要になるので。「ブログ書きてえ!」とか「漫画を読むから放っておいて!」が通用しない事も出てくる。「自分の時間ガー」と言い出したら、そりゃ夫婦どっちも時間が欲しいですわな。ただ、子供に割く時間なら惜しみないかな僕は。

そう考えると結婚に踏み切るって、人としてのステージを飛び越える勇気がいる。よく聞くけど「結婚は勢い」とかいいながら、みんな絶対考えてるでしょw

今は経済的に豊かな状態にある方が珍しいので、親元で生活しながらって人は多いですよね。そうなると、結果的に結婚が遅れるというのはあるなぁ・・。

「この人とならどんな苦難も乗り越えて行ける!」みたいな恋愛でもすれば勢いはつきそう。結婚をメリット・デメリットで考えるのはおかしいけど、結婚する若者に優しい社会にならないとキツイのは確か。

子育てとかめっちゃお金いるけど、子供への投資はいちばん効率的なお金の使い方なので国がもっと金を回せばいいんです。2050年には、20歳まで学費無料で行きましょう。(やっつけ)

結婚に身構えず、無理なら別れてもOKな世の中にすべき

男女は結婚に向けて、同棲しておいた方がいいのではないかと思う。結婚へのハードルの続きだけど、一緒に暮らせば色々とわかるものがあるんじゃないかな。僕は同棲したことないのでわからんけど、変な癖とか、これだけは直して欲しい異性の言動とか見れるんじゃない?

「一緒に住もう」と思える相手がいたら一緒に住んで、良さそうなら結婚でもいいんじゃなかろうか。仮に結婚しても、ダメなら別れたらいいですし。そもそも「別れ」に対して悲観的なイメージが強いのも問題。カップルが別れても当たり前なのに、離婚するとバツイチと言われ、あまり聞いたらダメみたいなのもなんかなぁ。

離婚も昔の考えが残ってて、「安易に離婚したらー」という人もいますけどね。でも、いまどき「離婚=バツ」って感じでもないじゃないですか。逆に無理して続ける理屈が古いです。お互いの先を見据え、別れた方が人生も豊かだと思います。

夫婦と就職って似てる部分があると思ってます。「入社したら最低3年はやってみろ」「みんな耐えてるんだから」と言うけど、みんながみんなそうじゃないんで。「この人と!」と思って結婚したけど、違う事もあるじゃないですか。

仕事を辞めたことの無い人の方が少ないでしょ。これ、論点が違うとは僕は思わない。相手(職場)を大事に選んだ事に変わりはないですので。文化的に別れないという風潮はあるかと思いますが、それに縛られるというのはナンセンスですよ

もちろん結婚生活に問題があっても、そこから立て直す人もいますし、無理と判断する人もいて当然。離婚は男女関係の流れの過程と見るべき時代になってると思います。もうこれは、若い世代にも伝えるべきで。結婚って確かに大事に決める話だけど、委縮して動けないと僕みたいに石橋を叩き続けるだけ。

確実に・・確実に・・となっちゃう。みんなガチガチですが、根底には「別れ」や「離婚」を大きな失敗と捉え過ぎてるんじゃないかと。むかしの話なんか聞いてると、けっこう結婚に対して緩い時期もあったようで。

少子化問題、恋愛・結婚しない若者というのは、「彼らがどうである」という以前に社会の姿を反映しているだけなんじゃないかな。2050年くらいには、また違う恋愛・結婚模様が見えるようになっていると予言したいけど、予言するまでもなく変わるに決まってますよ

 

明石家さんまの「ホンマでっかTV」に出てる先生が書いてます。あの番組に出てる先生たちって、変わり者の集まりだと勝手に思ってたw

 

結婚への考え方は他国が楽しそう管理人あらたのプロフはこちら

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

【婚活で注意された】リンクストアの良いとこ・悪いとこ

オミカレで知った「リンクストア」の婚活イベントに行ってきました。今まで行っていた婚活イベント

記事を読む

膝枕と耳かきをしてくれる女性じゃなきゃ結婚できないって変かな?

なんじゃこれwそんなモノが時おり目に止まる。何と言うキーワードで検索していたら出てきたのか記

記事を読む

婚活手段が1つだけの人は、別ルートで出会いを探せ

クリスマスですし、今年の恋愛問題でもまとめておきますか。恋愛というか結婚・・婚活!こんかつ!

記事を読む

婚活サイト・エクシオと地方イベントとの金額差について考えた

「来月から婚活するぞ!」という勢いで、ひとまず大手婚活サイト・に登録してみました。とりあえず

記事を読む

「恋愛工学」は結婚へのバイブルになる?「僕は愛を証明しようと思う」を読了

最近やたら「恋愛、結婚」に関するネタを書いているが、僕は確実に焦り始めている事がわかる。弟の

記事を読む

「この人と結婚していいの?」を読んだ人となら結婚できそう

近所にとあるノーマークの古本屋がありまして。「漫画専門」としか思って無かったのですが、一応い

記事を読む

結婚相手に求める条件を具体的イメージして来たるべき時に備えてみた

久しぶり本を買った。「恋愛しない若者たち」という若者の恋愛と結婚に関する考察がメイン。最近は

記事を読む

【新シリーズ告知】元ひきこもりニートが、理想の女性を探す旅

もう少し安定してから、もう少し稼ぎが増えてから、もう少し痩せてから。もう少しとか言ってたらい

記事を読む

エクシオ婚活パーティー体験れぽ!女子の反応がイマイチな件

さんざん「行く行く」と連呼していた婚活パーティーですが、ようやく行ってきましたよ。申し込みを

記事を読む

すんませんエクシオさん!県イベントより割高発言、撤回しますw

婚活イベントの申し込みをしたんですよ。の婚活パーティー。 前にシステムの紹介として記事

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
都市伝説なの?出会いたくなる都合のいい女性の特徴3つ

婚活がしんどい・・。真面目にお相手を探して、さっさと結婚に向け

「女子ウケする趣味」の一覧をチェックしてみた これは一理あるぞ

婚活イベントに向けて、じぶんのプロフィールを見直しておりました

「副業がバレないか怯えながら働くこと」を望む会社が43%ww

中小企業の43%もが、副業を認めないそうです。最近は社畜ネタも

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事を

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑