*

「この人と結婚していいの?」を読んだ人となら結婚できそう

近所にとあるノーマークの古本屋がありまして。「漫画専門」としか思って無かったのですが、一応いくらか文庫系が並んでいるスペースを見つけました。

圧倒的に漫画屋なので、比較したら狭いコーナー。あまりたくさんは無かったのですが、それでも安いので何冊か買ってみました。その中に今日ご紹介する「この人と結婚していいの?」を100円にて発見

結婚に関心がある時期(?)なので、「この値段なら、ハズレでもとりあえず買っちまえ!」と買っておきました。何でもいいから、結婚に関する本が読みたかったのでw

で、読んでたら思いの外おもしろくて。中身自体は世間一般的に言われている男女論を書いていて、別に斬新さがあるという感じでは無いんですよ。でも、2002年出版なのは驚きました。

「情報古っ!」って感じになりそうですが、普通に現代の話に通じる情報です。男女の話は普遍的に変わらないのもありますが、中で出てくる話はどちらかというと、未来的な婚活内容とも言えそう。

プリマリタルカウンセリング」とか、近代で必要となっても良さそうな婚活ネタですが、意外と触れられてないなと。

また、アマゾンで売られてるか見てみたらレビューも高いです。良い本だったんですね。納得の価値だわぁ。

 

スポンサーリンク

 

「プリマリタル・カウンセリング」を理解できる相手と結婚したい

中でも気になったのは「プリマリタル・カウンセリング」の存在ですね。著者も実際に行ってるそうなのですが、かんたんに言うと婚前カップルが結婚に向けてカウンセリングを受けるという話です。

「結婚をする」となると、すごく忙しいじゃないですか。

別に結婚はいいんですけど、結婚する前、決まった後、入籍までドタバタなのが現状だと思います。これが書かれた頃からほとんど変わって無いですよね。

結婚して行くカップルをいくらか見てきましたが、プロポーズから結婚が決まると何だか忙しいんです。

「本当にこの相手でいいのか」というのは考えて結婚するんでしょうけど、結婚式の準備やハネムーン計画など、仕事しながら進行するのは忙殺されてそうで。

結婚したいの気持ちの高ぶりのまま、「最後になんか大事なチェック忘れてないか」と心配する僕みたいな人はいると思うんですよ。

そこで、あえて二人揃って結婚に向けて考える。それが「プリマリタル・カウンセリング」といわれる物ですね。

今でこそ「婚活」と言われてますが、当時の言葉になかっただけでこれも婚活の1つでしょうね。

僕もこれを読んで、価値観のすり合わせや違いがある事を前提に、彼女と話を進められたら安心度が増して結婚に進めるような気がします。

「結婚は勢い」という理屈もありますが、僕のような石橋を叩いてそのまま割っちゃいそうなタイプの人はこういう過程をあえて踏みたいのです。

「一緒にカウンセリングを受けて、お互いの意思疎通を確認できんかね?」という僕の考えに対して、「別にそういうのいいでしょ」とかスルーされるとキツイなぁ・・と思っちゃいます。

結婚前に話し合わなくて、いつ話し合うのか心配になるので。別に二人だけで突っ込んだところまで話せたらいいんですが、こういうサービスがあるなら利用してもいいかなと

男女性を理解する意味で「この人と結婚していいの?」を共有する

また、必ずしもこういったカウンセリングを受けられるとも限らないのはわかるんですよね。お互いに結婚までに、ある程度の時間を割いて第三者にお互いの考えを話すって実際は面倒ですし。

なので、結婚前の理解として「男性の考え方」と「女性の考え方」くらいはお互いに知識共有しておきたいなと。何かを基準に、こういうの分かるわ~みたいな。この本の言ってる事とかでもいいです。

趣味とか細かい話では無くて、なんていうんでしょ。お互いを理解する姿勢を示しますよの意思表示みたいな。うわぁ・・これ書いてて思うけど、細か過ぎて結婚避けられるタイプだわおれ・・(笑)

でも、そういう悩みは女性側も考えてる人もいるはずなので、あえてそこを共有できる人を選ぶのがポイントだと思いますね。

本書にも書かれていますが、「男性は言わなくても分かってる」という思考や答を前提に話すことは昔から言われています。逆に女性は、感情の共有やしゃべることで繋がりを感じるとか。

絶対では無いですけど、男女は別の考え方をするし、そもそも価値観や考えの違いがあるという前提をどう考えるかで、その後も変わると僕は思っています。

お互いを理解しようとする教科書的な意味で「お互い読んだよね?」くらいは確認したいですねコレ。これじゃなくてもいいけど、なんかお互いに読んだという確証が欲しい。うん、細かい俺w

でも「自分の取り扱い説明書」みたいなのがあると、相手の事がわかって早いような気はするんですけどね。

いまどきならフェイスブック、ツイッター、ミクシーとかSNSやってる子も多いので婚活用に意見ぶちまけるとかいいんじゃないかな。結婚したい相手の考えなら絶対読むと思いますから。

 

彼女にカウンセリングで「彼・・働かないんですよ・・」とか言われたらキツw 管理人あらたのプロフ

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

5年ぶりに合コンやって気づいたメリット【婚活リスク分散】

かれこれ婚活イベントに参加してるんですが、なんていうか手ごたえが悪くって。気に入った子とデー

記事を読む

結婚したい女性像がイメージできるようになる婚活法3つ

婚活をやってみるものの「具体的にどんな人がタイプなの?」とか「どういう人なら結婚したくなるの

記事を読む

膝枕と耳かきをしてくれる女性じゃなきゃ結婚できないって変かな?

なんじゃこれwそんなモノが時おり目に止まる。何と言うキーワードで検索していたら出てきたのか記

記事を読む

結婚相手に求める条件を具体的イメージして来たるべき時に備えてみた

久しぶり本を買った。「恋愛しない若者たち」という若者の恋愛と結婚に関する考察がメイン。最近は

記事を読む

エクシオ無双!!ちょっ・・おれ婚活モテ期かもしんねw

これがどういう事かお分かりか? 黒丸が自分、ピンクラインが女性である。そう。これは感の

記事を読む

結婚って面倒臭くないですか?33歳独身の僕が感じる結婚への壁

結婚って面倒ですよね。 相手を見つけて交際、プロポーズ。相手のご両親への挨拶に、結納や

記事を読む

「気になった男性を落とす方法」は存在する【やばい好きかも・・】

「気になる異性を落とす方法」みたいなのってあるじゃないですか。その中でも有名なのが、「連絡を

記事を読む

あれ?精子が見えない?メンズルーペを使う前に読むべし

さあさあ、テンガメンズルーペを買って参りまして。以前に言っていた、精子がいるか調べておこう企

記事を読む

【婚活で注意された】リンクストアの良いとこ・悪いとこ

オミカレで知った「リンクストア」の婚活イベントに行ってきました。今まで行っていた婚活イベント

記事を読む

【新シリーズ告知】元ひきこもりニートが、理想の女性を探す旅

もう少し安定してから、もう少し稼ぎが増えてから、もう少し痩せてから。もう少しとか言ってたらい

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
ダイエットが続かない人が、結果を出すために必要なことを悟りました

甘いものが止まらない・・菓子パンやお菓子をガンガン食べてしまっ

ストリートファイターⅤが「クソゲー評価」なのは本当か?検証結果

お久しぶりですー。ブログの更新どころか、他の事もあまりやらなく

「歳を重ねると結婚に不利」という現実は教育に入れてもおかしくない

よく言われる話ですが「〇歳を超えると結婚率が下がる」というデー

結婚に近づくとウツになるんだが【結婚しない方が良いのか問題】

「結婚を考えるとウツになりますよね~」 という話はあまり

掃除や看板持ちの仕事を”継続”してはいけない理由。質問にお答え。

ツイッターにメッセージが入っていたのでお答えします。質問はこの

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑