*

グーグルは「神」になるの?トップ棋士完敗の2局目を振り返る

公開日: : 管理人の雑談

 

名作ヒカルの碁。漫画内では「コンピューターが人に勝つには100年かかる」という話が書かれていたが、僕にはそれが本当なのか分からなかった。ただ碁を覚えて行く中で、機械が人に勝つには一筋縄ではいかない事だけは理解できた。

実際に、天文学的な石の変化が起こる囲碁。コンピューターも処理できないというのがファンの間では常識中の常識であった。オセロ、チェス、将棋とプロが負かされて行く中でも囲碁は負けていなかった。ついこの間までは・・。

それが去年、AlphaGo(以下、アルファ)というグーグル開発のコンピューターが、中国でプロ試験に受かった欧米棋士(2段)に5連勝。棋力はどうあれ、プロがAIに5連敗はショッキング。しばらく囲碁から離れていたが、このニュースには目を奪われた。

すると囲碁界トップクラスの大物棋士、イ・セドル9段が出てくるという。おお・・ガチやないかと。「さすがにセドルが出てくるなら勝つだろう」と思っていたが、1局2局と連敗。あれれ?となった。そんな趣味の話だけど、2局目の感想を、棋譜と共に語ってみる。囲碁は機械に処理できないと言われた時代が懐かしい。グーグルは神に近づいている。

 

スポンサーリンク

 

アマチュア中級の手

といっても、セドル擁護するなら一局目で負けたのは仕方が無いとも思っている。欧米棋士に5連勝を決めてセドルと対局が決まった。それならデータもセドル9段の棋譜はもちろん持ってるだろう。データがあれば勝てるというゲームではないが、少なくともアルファ有利で開幕している印象は否めない。

また連敗を喫したセドル9段との棋譜を見たけれど「アルファがプロを完膚なきまでに叩きのめす」とまでは言えないと思っている。たとえば上の図。囲碁においては「ありえない」とされてきた手を打っている。囲碁ファンはもちろん、プロ棋士でもこんな手は無い。囲碁で上に行きたい人がこれを打ったら怒られるレベルだ。

囲碁は言語表現しづらかったり、数値化させる事が難しい”感性”が重視されるゲームなのでこれを伝えるのは困難。ただそれ相応に囲碁を打っていたら、これは考えられないありえないかっぱえびせんですよ。多くの棋士は、これを打ってもらえるなら喜んで打ってもらうだろう。アマチュア中級者くらいの手じゃないかな

神では無く、先生になるのかもしれない

ここも見た時「あ・・強いとは言え、コンピューターでしかないんだな」と思った。無い手とは言わないが、プロ棋士ならここは違う選択を取るだろう。僕みたいなアマチュアでも打ちにくい。

相手の石に接触させるというのは、自分も相手も形が決まり始めてしまうので、後に備えた展開を消しているような印象。良し悪しはアルファが判断しており、この場面での最善の一手と言われたらそれまでだが。多くの棋士はもっと別の場所を目指すとは思う。

僕はこの対局をリアルタイムで見ておらず、終局後に見たが、ネット民の声などを拾っていると、やはり「変な手」という表現が多かった。どうしても打つところがわからずに、目先の石にとりあえずコスミつけた感を感じてしまう。

ただ、神であるアルファが後にプロ棋士を負かし続けて「この場面はこれしかない」と断言したら人はどう考えればいいのだろうか

AIが人を指導する囲碁世界・・。勝って欲しいなと思うのは、こういうところにある。コンピューターが先生だと・・?グーグル先生!?

神様の遊びとは

もうここで「今回は勝てていたんじゃないか」と思う妙手。うーん・・。カタツキか。僕は一生打てない(笑)まあ僕の手はいいとして、やはり碁の構想的にもあまり先が見えないというか。左辺に白が構えており、ここから黒が壁を作っても価値が低いと思ってしまう。アルファに、「そんな感覚だから弱いままなんだ」と言われたらそれまでだけど。

これを囲碁の神様の手とするなら「神は遊んでおられる」と受け取られてもおかしくない手なんじゃないかな。もっと将来性のある場所に打つ場面なんじゃないかな。とプロ棋士を負かしたアルファにちゃちゃを入れるアマチュアは物凄く多い。

囲碁に限らないが、戦いというのは実際に対峙した相手しかわからないものだ。セドル9段には不気味な手だったのだろうか。

ここまでを終えて、僕は完全に「セドル・・これは勝てるだろう」と思ってしまった。しかしセドル9段に言わせると、終始リードされている気持ちで打っていたとのこと。トッププロ視点ではそうなのか。

アマチュアなのに、プロみたいな強さ(矛盾)

その後は解説できないので省略。ただ、序盤から怪しげな手を打っていたのに、あれよあれよという間にアルファが見事に打ち回していて。セドル9段の投了(負けを認める)で終局。トップ棋士がこういう形で敗れるというのは、囲碁に没頭していた人間としては信じられない。わざとセドルが「コウ」にしかけないとかネットで疑惑を向けられたりしてるし・・。

僕も棋譜を見る限り、プロを超えるような着想で打っているように思えない。素人だからテキトー言えるけど(笑)プロ棋士の解説もかなりごった返したようだ。途中で、どちらが良いかを形成判断するが、棋士によってはセドルが良いと見てた人もいる。

どの段階でアルファが勝ちを確信できていたのかわからないが、中盤からの計算能力が秀でているのは確か。というか、序盤におかしいと言われた非常識な手の段階で、勝ちを確信していたのかなとさえ思えてくる神の手。とにかくセドル9段が残りの3局で巻き返してくれる事を願う!

グーグル先生に囲碁を教えてもらう?

僕が関心を持っているのは、人間を越えて教える事ができる日が来るのかと言う事。僕も書いている通り、「こんな手はありえない」という手をアルファは打っている。しかし、結果的にそのまま勝っている以上は否定できない部分でもある。過去の棋士も、最初は変な手とか常識破りと言われても勝つ事でその手を「アリ」にしてきた。

勝負の世界において、どれだけ周りが騒ごうと勝ってしまえばそれがいちばん。近い将来、アルファと打っていると「そんな手はアリエマセン」と人間にダメだしする日が来るのだろうか。19×19から生まれる天文学の世界。単純にAIが計算できない問題もあると思っている。

 

「ヒカルの碁」では、塔矢名人がもしsaiに負けるようなら現役を引退するというシーンがありました。そして実際に負けて引退を表明しています。この塔矢名人とsaiの1局もまた名局で、思い出のシーンとなりました。

リアルのプロ棋士たちも、一昔前は「コンピューターに負けたら引退ですなw」と言っていた話を聞きますが、近年は気軽に言えない雰囲気があるとの事。コンピューターと人間の対局を見に行った時に聞いた話でした。

こうなるとプロも意識するAIは今後も注目ですね。

 

 

「グーグル先生」と呼ぶ日は近い。管理人あらたのプロフはこちら

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

「亀田は負けろ!」と願える試合の希少性~空気を読んではいけない~

格闘家の青木真也選手の「空気を読んではいけない」を読んでみた。あまり格闘家の人に興味は無いな

記事を読む

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょう? たとえば「月収」「

記事を読む

アフィリエイト外注のために長期契約を結んだライターさんの特徴3つ

  かれこれ「ネットビジネスだー」と言ってきましたが、ようやく専属ライター確

記事を読む

競馬と人生の関係性を考えた~中団馬群はサラリーマン適性が必要~

「どうせ誰も競馬について関心がないだろう」と思い全く書いてこなかったけれど自分は競馬が好きだ

記事を読む

まだ30代前半なのに「前立腺がん」の疑い。PSAが基準値2倍な件

まずは落ち着いて話を聞いてくれ。もしかして俺は「前立腺がん」なのかもしれない。 ブログ

記事を読む

「上戸彩そっくり」の可愛い台湾ガールとニートがドラマみたいな時間を過ごした

  「台湾の女の子が可愛い」といった感じの台湾女性まとめ画像サイトを見た事が

記事を読む

「本当にこんな山奥に住んでるの?」ニートがイケダハヤトさん一家と団らんしてきた

  イケダハヤト氏に会いに行きたい 昨年の6月にプロブロガーとして活躍中のイケ

記事を読む

ロックマンから学ぶ要領の良いアタマの使い方

無料でカプコンが配布している「ストリートファイター X ロックマン」というゲームがありまして

記事を読む

けっきょく家を追い出されなくなった34歳の話

当ブログも2周年を過ぎておりまして、記事も400記事が見えてきています。どこかで書いた記事を

記事を読む

剛力彩芽がアフィリエイターをdisるドラマ「バックハグ」が面白かった

  昨年フジテレビ系列で放送されていたドラマ「バックハグ」をついに観ました。

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
「女子ウケする趣味」の一覧をチェックしてみた これは一理あるぞ

婚活イベントに向けて、じぶんのプロフィールを見直しておりました

「副業がバレないか怯えながら働くこと」を望む会社が43%ww

中小企業の43%もが、副業を認めないそうです。最近は社畜ネタも

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事を

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょ

通話SIMがわからない親にオススメした3Gプラン【厳選5社】

SIMフリーは戦国時代ですな・・。 ネット検索しても、各

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑