*

誰にでもジャストフィットするよ!横寝専用まくらYOKONE

じぶんの頭にフィットする枕さがし・・面倒くさい

中途半端なまくらでは、頭が沈み込んで使えない・・

ぼくは、「ソレ・・しんどくない?」と言われるくらい、高さのある枕でないと寝られないんですよ。もう10代の頃からですけどね。喘息もあったので、低い枕だと息苦しいという感覚があるのです。

そのため、「ふつうの枕+クッション」という組み合わせで、じぶん専用の高さを作っていました。汚いですけど、冒頭の画像がそれです。イメージダウンになる汚さですかねコレ・・w

これによって、息苦しさからは解放されるのでいいんですが・・。少し首が曲がったり、肩まわりが疲れたりと、身体への負担は避けられないというデメリットがありました。

しかし、今はこの不自然なまくら生活から脱出しております。たった1つの枕で、ラクに寝られるようになりました。それはYOKONEを使い始めてからです。

快適な起床ができる、光目覚ましの記事を書きましたが、その販売元であるムーンムーン社の横寝専用まくらを使わせて頂いてるんですよ。こちらもご紹介させていただきます。

 

スポンサーリンク

 

「YOKONE」とは、横寝専用のまくらです。

YOKONEというのは、かんたんに言うと横寝専用のまくらなんです。

まくらはふつう上向きで寝るのが正しいとされていますが、「東洋医学の観点からみると横向きに寝る方がいいですよ」と言われているんですね。

しかし、世の中のまくらは上を向いて寝る前提で作られています。ぼくの知ってる枕は、少なくとも上向きだらけ。

これらの枕で、横を向いて寝てしまうと、先ほど言ったように、首や肩の負担になるというわけです。ぼくは高さもあるので、余計に身体に悪かったw

そのため、YOKONEという「横向きに寝ることに特化した枕」が開発されました

すでに1ヵ月以上も使っておりますが、実際のところどうなの?という感想を率直に述べておきます。

なるほど、横寝しやすいですね

「横寝」することが売りなのですが、頭・首・肩・腕の4点をしっかり置くことが可能になるため、確かに疲れにくいという感覚はあります。

この4点の支えは、ふつうの枕では難しいのです。少し面積も広く、頭を置くすぐ横に手をのせる場所がありますからね。気持ち広いまくらという感覚でしょう

そもそも、上を向いて寝るという基本スタイルがぼくにはあまり向いていなかったので、横寝状態から睡眠に入れるのは嬉しいです。

かといって、「横寝専用だから横向きでなければいけない」という縛りもありません。こういう点もよく考えられている作りです。

寝相は変わる物なので、上を向こうが横を向こうが関係ないのです。この横寝まくらの良いところですよね。

た・・高さがジャストフィット!

「個々の頭のサイズにフィットする」みたいなうたい文句があるんですが、今ひとつぼくは信用しておりませんでした。

低反発枕とか、ぼくも試さなかったわけではないので。ただ、じぶんに合う枕ってそんなに無いんですよね。どこか高すぎたり、クッション性が弱すぎたり、硬いことも・・。

それが、この横寝さん。これ1つで十分です。

正確にいうと、リラックスウレタン素材(?)とやらが実現した、ジャストフィット感が機能してくれます。高まくらでなければ使えないと豪語していたぼくも、これには驚き。

 

「いや~・・さすがに個々の高さには合わないっしょw」とか思いながら使ってみたので。

1ヵ月くらい使えば、結局は間にクッションを入れたりと高さを求めるようになるだろうと踏んでいました。

それが、まあ・・要らないんですね。これだけで本当に良いのです。リラックスウレタン素材がすごい・・頭の重みの分散ってすごいです。

横でも上でも、寝相が崩れようとバランス良く寝ることが可能というのは嬉しいザマス。

 

枕カバーはチャック式でキレイに洗える

また、枕カバーが取り外し可能なのもベリーグッド。チャック式なので、簡単に外せて洗えます。触り心地もよろしくて、ちょっと女子のまくらを触ってるみたいな(?)

女子のまくらって素材が良さそうだと思ってるんですがw 妄想・・w

 

とても使い勝手がいいので、重宝して使わせて頂いております。

「まくらが変わったら寝られない」とかいう人もいますけど、「まくらなんて同じだろw」と思っていたじぶんを恥じております。

ぼくは、あまり違いのわかる人間じゃないんですがYOKONEに関していうなら、明らかに違うと思いました

肩こり、首の疲れが出やすい方は、変えてみてもいいのではないかと思います。

 

買うと良い人・買わなくていい人

良い枕なのですが、お値段はふつうの枕よりは高く15,800円します。

そのため、誰にでもオススメはできません。どんな人が買うべきか、お伝えしておこうと思います。

 

買わなくていい人

「寝相が良い人」は買わなくていいと思います。もう上を向いて寝る枕で、ふつうに寝れているのならそんなに気にしなくてもいいですよ。

ぼくは、ひたすら転がり続けていることや、まくらの高さが重要なので、そこをカバーしてくれるため相性が良いのだと思います。

「肩こりや、首のこりが無い人」も買わなくていいかと。どんな枕をお使いかわかりませんが、身体の負担が少ない生活を送ってらっしゃるかと思います。

調子が悪くなっているとか、姿勢がおかしくなってる状況でもない限り、購入する必要はないです。今の枕でいいでしょう。

 

買うといい人

「ちょっと良いまくらが欲しい人」はこの枕も参考にされるといいですよ。「ちょっと良い枕を・・」と考えている場合、お金を出して失敗することは避けたいはず

定期的に買い替える安いまくらであれば、どうでもいいと思うのですが。ちょっと高価で長期的に使う予定なら、使い込む勢いで購入してしまっても問題は無いです。

 

「肩こり・首のこりが酷い人」は、まくらから見直す意味で使ってもいいかと思います。まくらという感覚で見るより、健康グッズと考えた方がいいかと。

健康に寝る姿勢の話になるので、ひたすら姿勢矯正のためにマッサージや整形に通うと思えば、本質的な改善になるのでお安いのではないかと。

健康にかける出費と考えると、まくらの枠を超えてお得感もあります。「日常の姿勢を見直したい」という意識がある場合は、ずっと使う観点でみればお得です。

3年使うなら、1日当たり14円程度ですからね。(15,800円÷365日×3年)

興味のある方は、YOKONE公式サイトの説明を読まれるといいかと思います。細かく検証している報告も載っていますよ。

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

うやむやにしていたけど、精子はやっぱり見てみたい2017

たんぽぽの川村さんが、破局したようですね。「大人用の玩具メーカー」の社長さんと交際していた話

記事を読む

もうファッション誌は買わずに、ファッション漫画を買おうっと

今までどれだけファッション誌を買ってきたことか。いま一つファッションの概念が分からず、20代

記事を読む

強迫性障害をテーマにした映画6作品を当事者のオレが教える

  強迫性障害(旧強迫神経症)を題材にした映画をレビューしてみました。といっ

記事を読む

プレステVRは、オンナ子供のために買え(アマゾン大荒れ)

「ゲームがあれば友達なんか要らない」 そんなことを言っていた子ども時代の自分が懐かしく

記事を読む

実体験に基づく強迫性障害克服の鉄則 増補改訂★持ってるだけで安心できる名著

  「強迫性障害(OCD)の治療本で良い本は無い?」と聞かれたら、田村浩二さ

記事を読む

漫画アニメの実写化に成功した映画★お薦めランキング10作品

去年はレンタルビデオ店をかなり利用した年になりました。お得だと思ってゲオのアプリを触っていた

記事を読む

SIMカードを知ると「スマホ月額2000円以下」が当たり前になる

「スマホ月額2000円以下」が当たり前になりましたね。 ここ数年、ずっと両親と弟に言い

記事を読む

フリーターは仕事に「クラウドソーシング」を取り込めば稼げる。プラス月1万は普通に増えます。。

「フリーターとして働いているけど、収入が少なく仕事として不安」 こう思っている方は、ク

記事を読む

“こりトレ”体操の効果で肩こり超回復☆ツボ、針灸はもう不要!

      肩こりが酷い。慢性化してもう何年

記事を読む

ネット通販で届いた商品すぐに確認してる?間違って12年分のプリンタ用インクが送られてきた

先日、ネット通販で我が家のプリンター用インクを注文していた。6色プリンタなので、まとめて2回

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
都市伝説なの?出会いたくなる都合のいい女性の特徴3つ

婚活がしんどい・・。真面目にお相手を探して、さっさと結婚に向け

「女子ウケする趣味」の一覧をチェックしてみた これは一理あるぞ

婚活イベントに向けて、じぶんのプロフィールを見直しておりました

「副業がバレないか怯えながら働くこと」を望む会社が43%ww

中小企業の43%もが、副業を認めないそうです。最近は社畜ネタも

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事を

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑