*

ニートの取り巻きは「正社員宗教」を脱退してくれない?

 

 

ニートになり社会から離れると、親を含め周囲の人などの取り巻きから
求めてもいないアドバイスを頂くことが増えてく。俺の事を思って言ってくれているようだが
残念ながらありがたく受け取れない助言にもしばしば出会う。

 
特に「正社員になると人生幸せ」の価値観を前面に押し付けてくる人。
正社員でなくとも、俺はバイトで十分であると考えているのに鬱陶しい。

 

 

真剣にバイトでいいと思っているので、正社員を勧められても迷惑なだけ。

 
というのも、もし仮にニートが「社会復帰して働こう」というのであれば
まずバイトが出来れば、テストでいうところの90点は越えていると考えているためだ。

 
今や、働く人の3分の1をも越えたと言われる非正規雇用者
3人に1人は、必ずパートやバイトの状態に入らざるを得ない現状だ。

 
しかし、俺のようなニート層にはこの3分の1に入るのも大変で
社会から離れ、精神的にも体力的にも衰えてしまっている分も加算され不利になる。

 

長く働いていないと、仕事に対する勘なども鈍ってしまう状態だ。
また一度も社会で働いた経験が無い人もいる。そういった仕事に対する
免疫が無い人は、仕事を始めるにあたり恐怖心などは人の何倍も抱えている事が多い。

 
そういった人々が、世の中で働いてるといわれる人の中の
3分の1に入れるというのは、上出来と言わずして何と言うのだろう?

 

 

子供が、大人になって行く過程を忘れる人がいるのと同じで
正社員でバリバリに働いている人も、学校→バイト→みんなで就活という
ステップを踏んで今がある事を忘れている。

 
天井も見えないくらい高い正社員と言う壁を、軽々と越えるように求めるのは
そろそろ無意味だと自覚するよう、ニートに助言をする人には考えてもらいたいモノだ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

ニートの親は、子に正社員を期待するな 

 

 

社会とニートの世界を往復している中で俺が感じる事だが
働くために世の中に出る行為自体、ハンパなく苦しいという事

 

もちろん誰もが新しい環境に出入りするのは大変だが、バイトだと馴染めた後も大変だ。
非正規で働いていると、親や友人などから仕切りに次のような声が飛んでくる。

 
父親「いずれ正社員になることを考えろ」
母親「そのバイトから、正社員になれるんでしょ?」
友人「あとどれくらいバイトしたら(正社員で)雇って貰えるの?」

 

 

バイトも雇われて働いてる。それにもかかわらず

「非正規なら、もう一歩ガンバレ!ファイト!」感が激しくウザい

 

 

 

この不況時代に、正社員が給料を上げてもらう事や、バイトから正社員に昇格することが
難しいのと同じでニートからバイトに入る事だって一苦労だ。軽々しく言われても困る。

 

頑張ってバイトをしているのだから、そこに全く評価の無い社会はおかしい。

「働く事は、正規や非正規に限らず大変な事である」という言葉は、上っ面だけなのだろうか?

 

 

俺などは、働くと、毎日精神力が削れるため、休日になるとバッタリと倒れ込み
脳のスタミナは空っぽになる生活が続いてしまう。いわゆる社畜脳だ

 

バイトであれ、そんな過酷な戦場とも呼べる場所に出られるだけの
戦士になっていることに変わりはない。俺はそう思う。

 

しかし、いわゆる昔の価値観の保持者はこういった現状を無視して責めたてる。

 

「バイトでは駄目だ!フリーターなんか生活が不安定で老後は知らないぞ!」
「正社員にならないと若い時はいいかもしれないが後が大変だ!」

 
という事を昭和から平成初期を生きたお父様、お母様は言いたいのだろう。
こういった、正社員=安定という概念のみが正社員を推す唯一の理由として使われる。

 

俺は30代前半だ。ちょうどこういった親の世代が働くところを見てきたので
伝えたいことは理解できるし、ごもっともだとも思う。

 

ただ現在の正社員が、将来に保証もあって安心感を持って生きられるかというと違う。

昔の正社員は保障がそれなりにあったと言っておかねばならないだろうが。

 

時はすでに平成26年

 

もう昭和という面影など消え失せ、不況社会という現実が到来している。

昭和と平成の狭間にいる俺のような世代にしか見えない風景もある。

 

こんな事を言うと、ヘ理屈だけ述べて、結果的には正社員で働く気が無いだけじゃないか?
とも受け取られると思う。
しかし現に俺は、正社員と言う生き方に夢も、希望も感じられない

先ほど述べた通り、バイトで生きるつもりもあり、人生設計を描いているくらいだ。

 

それはなぜか?

 

今、俺の住む松山は愛媛で一番栄えており、県内なら松山が一番
仕事をする場所に適していると言われている。実際に求人も多いのは確かだ。

 

一般的な会社に始まり、普通のお店、技術を持った人たちの工場など様々な企業がある。
しかし、こういった企業が果たして20年30年と
同じ場所に同じように変わらず経営が出来ている未来図が浮かぶだろうか?
と言われると俺はとてもそう思えない。

もし、ギャンブルで30年後に残っている会社に賭けるなら、大手でも怖いだろう。

 

 

すでにここ10年でも無数の会社、店が消え、またどこからか何かができるを繰り返している。

 

「企業や会社の社員が一致団結して頑張れば、これから先も生き残れる」
というような話は、俺にとっては夢物語でしかない

 

 

田舎とはいえど、松山という県内で一番仕事がある場所でこの惨劇だ。
むしろこういった現状を踏まえて、俺が正社員と言う存在を
どのように捉えているか説明した方が早いようにも思えてしまう。

 

 

正社員になって良かった人、将来安心な人はどこに?

 

 

 

俺が社会人と呼ばれるようになる、おおよその年齢である20歳から、10年ほど経ちもう30代。

20代の頃に見てきた正社員に対する、率直な感想を述べてみようと思う。

 
一言でいうと、「苦しそう」だ。

 
俺の周りの環境が悪いのか、偶然なのかはわからないが
これまで働いてきた場所で見てきた人や、友人の働き振りを見ていると
彼らはとても苦しそうである。

 

 

まるで奴隷のように扱われる社員もいれば、ウツ地獄でも出社を続ける人もいた。
休日出勤を暗に命じられる人もいれば、入社数カ月でパワハラに遭い退職を決めた人もいる。
彼らの中には「正社員は恐ろしい」というイメージを植え付けられ
正規で働ける能力がありながらバイトにシフトした人もいる。

 

また、新卒入社という王道レールで正社員として働いていたにも関わらず
会社が潰れた友人もいる。

 

 

暗い話が多いが、実際に起こっている事であり
「正社員でよかった!正社員になれて幸せだ!」と言う人は
正直なところ出会った事が無い

 
昭和世代の人の話だと、正社員は将来的にも社会的にも保証され
もっぱら安心安泰な生活を送れるはず。

 
しかし、そういった夢のような話は聞けず、自分は正社員になれて良かったと
「正社員の環境はいい!!」と誇らしげに語る人など何処にもいない。
そんなに素晴らしいはずの正社員なら自信を持って奨める人が多いはずである。

 

 

それもそのはず。

 

正社員を推しているのは、終身雇用やバブル時代などの
好景気を味わった世代が過去も昔も変わって無いかのように語るためだ。
長いものに巻かれておけ感覚なのか、俺の世代でも正社員なら将来安泰と信じる人もいるが。

 

世の中の変動、経済事情など一切考慮することなく、昔と今を同等に語る人の多さには滅入る。

 

 

修行をする信者、勧誘する信者

 

 

現代を生きる働き盛りの労働者から聞こえてくるのは、悲痛な叫びだ。

 

「またサービス残業」「ボーナスが少ない」
「休日は寝るだけ・・体力回復のみで終わる」
「頑張っても給料は上がらない」「有給無い」「人間関係に疲れた」

 

匿名で自慢してもいいはずのネットでさえ、良い話は少なく苦痛を訴える人が溢れている。

 

 

俺は、正社員の人をdisっているのではない。

できることなら正規雇用の魅力をもっともっと見せて欲しいと願っている。

正社員として生きる事で、未来や希望や夢が見れると言って欲しい

 
そんな正社員が増えて、目標になる国になれば素晴らしいと思う。

 
しかし突き付けられるのは、まるで奴隷のような現実ばかり

 

将来を安心して過ごしたいという思いを持つ俺には
正社員という選択は、逆に不安な生活を強いられるシステムにも見えてしまう。

 
悪徳宗教では無いが、似たようなものを感じる。

 
「正社員はいいよ。すっごくいい。幸せになれる。保証があるよ」

 
ひたすら神話のような話をされるたびに、胡散臭いと思ってしまう。
俺は過去に、宗教勧誘もされており経験済みだが、何かに取付かれたように
理屈なしでとにかく「良い」と勧める話はには違和感を感じる。

 
現実は、修行のような苦行を毎日強いられる過酷な労働形態であるケースも多く信用出来ない。
しかし自分たちの「正社員」は間違っていないと
現状を無視して正規雇用を促すのも無茶な話だと思う。

 

 

 

それじゃあバイトだけで生きていけるのか?という話になるが
そういった話はまた別になる。

 
しかし、生きていく方法が「会社に勤めて正社員になってお金をもらうしかない」
という1つしか選択肢の無い世の中は、人の視野を狭めていき
いずれは労働者の心も駆逐していくには十分すぎる材料だ。

 

 

まだ小さい子供のいる人など、本当にこれでいいと思えるのだろうか?

今の正社員教に満足したら、20年後は今の子供が入信させられると考えるべきである。

 

 

 

 

俺の目指すべき道は、フリーター。そんな管理人あらたのプロフィールはこちら

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

ニートの職務経歴書の書き方2016★職歴なし、空白期間も安心

  ニートのための職務経歴書の書き方   最近「フリーター、ニ

記事を読む

「爪を噛むクセ」が治らない理由とリストカットの関係性をニートが考えた

  冬場の悩みと言えば手荒れ。基本的に皮膚が弱い俺は、手先もかなり荒れてしま

記事を読む

カウンセラーになりたい人はツイッターをやりなさい【相談者の要望】

俺は不登校になった高3以来、事あるごとにカウンセリングを受けてきた。今はこれと言ってカウンセ

記事を読む

ニートだって女の尻を追い掛けていいでしょ?仕事が先って指摘は間に合ってます

         

記事を読む

×世の中すべて民営化すべき× ◎世の中すべて公務員化すべき◎老害の古い価値観はもう要らない

    よくある論争ですが、世の中の仕事はすべて民営化すべき

記事を読む

社畜と呼ばれて怒る人へ。だから「社畜」なのです。

  いつの間にか、ネット上では流行し今日では意味をきかなくとも 言葉のニュ

記事を読む

「小説が読めない」と悩んできた33年間とは何だったのか?

ようやく腑に落ちる答に辿りつきました。「発達障害の影響だろう」と思ってたんですが、やっぱり僕

記事を読む

派遣の登録面接で泣く鬱ニートに「ヒューマンリソシア」が神対応した時の話

  僕はニート状態から仕事を探し始める際に「派遣登録」を頻繁に活用していまし

記事を読む

福田萌の「努力できるワタシ」な考えは酔ってて嫌い。かわいい顔は好きだけどね。

  自分は、世の中は高学歴であるほど有利だと思っている。もし仮に「高学歴」で

記事を読む

ブラック企業VSモンスター消費者という状態が労働環境を悪化させている!

ワタミの雇われ店長が洗脳されているので感想を書く     ワタ

記事を読む

Comment

  1. あらた より:

    こんばんは。コメントありがとうございます。
    正社員でないとダメな社会は、これから社会に出てやってみようという
    気構えのある人の足かせにしかならないんだと言う事を
    上の世代の人には考えてもらいたいものです。

  2. hoichi より:

    自分は発達障害なのですが(手帳はまだ持ってませんが)、家の母”が障害者採用なら、楽に就職できると思ってるようですけど、実際どうなんですかね?
    本当なら、重度を除く障害者が羨ましいというタイトルの掲示板があってもいいと思うのですが…

    • あらた より:

      hoichiさん こんにちは。

      僕の実体験から話させて頂くと、確かに障害者枠の方が就職しやすいと言えるかもしれません。
      ガッツリ働ける人材を求めている感じは無いですからね。働き方を考慮してくれる前提で企業も募集しているので、僕みたいな一見すると特に障害もなさそうな人は有利になる事も多いんじゃないかな・・と思います。

      ただ、障害者枠は給料の面では非常に少ないです。一長一短があるという事ですね。

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
ブログ歴2年のぼくが「今年買ってよかったと思った物ベスト10」

もう12月。1年を振り返って、今年のお買い物について考えていま

どん底の底辺フリーターに生涯賃金の話をしても意味がねえ!

「効率よく時給1000円を稼ぐ方法ってどうすればいいのだろう?

光目覚ましインティは、寝相の悪い人にも効果がある【父で実験】

「朝が苦手で、アラーム音が何度も鳴るのがストレス」 これ

仕事の要領が悪い人に、「生産性の低い」上司は近寄らないでw

あいつは何をやらせても要領が悪くって・・ 作業の速度が遅

島田紳助に学ぶ仕事の極意「紳竜の研究」を買いました

極楽とんぼの山本が復帰したようで。そんな復帰の話で思い出したの

→もっと見る



  • ☑毎朝のアラーム音が苦痛でツライ
    ☑自然に起きる生活を送りたい
    ☑ニートの子供が昼夜逆転して朝起きられない

    生活リズムが崩れて、昼まで寝ていたぼくが朝起きられるようになった光目覚ましインティ。

    自分で起きるのが苦痛な方」や、「朝起こしても起きられないお子さん」にオススメな目覚まし時計です。 ぼくも使ったレビューはこちらです
PAGE TOP ↑