*

仕事を辞めたい人は、気持ちの後押しをしてくれるところに行け!

仕事を辞めたい時って悩みますよね。辞めていいのか迷う時は次のような時でしょうか。

仕事を辞めたいけど、この先に仕事は見つかるんだろうか

どこも雇ってくれないから、ブラック企業でもしがみつくしかない

 

次を見つけて就職しても、成功するかどうかわからない。そう思うと、色々と考えちゃいますよね。こんな気持ちになってしまい、仕事を辞めるに辞められない人は多いです。

かくいうぼくも、さっさと環境を変えればいいのにブラックにしがみつき続けたのは、こういった理由からです。辞めても仕事が見つからないかもしれないし、そもそも見つけても良い環境なのかはわからない・・と

ですが、どう転ぶにせよ「現状を変えないと良い方向に進まない」と思っていることは事実なんですよね。そういった方は、仕事を辞める後押しをしてもらった方が良いのです。

 

スポンサーリンク

 

仕事を辞めるのに、なんで後押しが必要なのか?

ぼくが介護をやっていた時の話です。2年ちょっとやったんですけど、結局はぼくが潰れて辞めました。本当は、もっと早く辞めるべきだったのですが・・。

直観的に、「ああ・・ここにいたら病むな」と分かっていても、辞めて転職しても上手く行くとは限らないと思ったためですね。「転職しても同じ」と信じていたのです。

 

でも、ここで動かないとダラダラとぼくみたいに2年も過ぎちゃうわけです。結果的に、人生のロスをしてしまい大事な時間を捨ててしまったという。

どうせ続かないと分かり切った仕事。辞めるべきなのに、自分自身が「辞めない方が良い」と踏ん張っている状況ですね。

 

でも、これは上で書いたように「次に仕事があるかわからないから不安で動けなかった」だけなんですよね。

直観的に辞めた方が良いと分かっているのに、辞められないというのは何かに縛られてマイナスに向かっているケースが多いんですよ

人生で得た教訓ですが、直観ほど確かなものはないです。誰かに「辞めた方がいい」と言ってもらうなど、自分が後押ししてもらいたい方向に向かうべきです。

 

仕事を決めてから辞めるのもしんどい

「辞めるなら、次を決めておけば後押しも要らないんじゃない?」という考え方もあるんですが・・。ぼくの場合は、次を決めて転職しても、結果的に同じブラックだと意味が無いと思っておりました。

もうこれでは、事前に仕事を見つけておくメリットにもなりません。せっかく覚えてきた仕事を捨てて、変わった先でまたブラックとか厳しすぎる・・w

しんどいんですよね。仕事を決めてから辞めるというのも。これは圧倒的に少ないケースかもしれませんがw ぼくは仕事を決めて辞める器用さはありませんでした。

 

そこで思うのは、「自分がどれくらい就活の市場から相手にされるのか」を知っておくべきという事です。

辞めた後に「仕事がない」で困る人は、「そんなアナタも就活市場では必要とされていますよ」ということを教えてもらうべきなのです。自己診断ではなく、他社から具体的に評価を受けておくのです。

 

タラレバ娘をみていて思ったのですが、女性たちが男性との出会いの場に出ていくシーンがありまして。「アラサーのじぶんたちはまだまだイケる!」とモテの再確認をするシーンがありました。まあ・・モテてしまうと婚期がさらに遅れる危険なパターンなのですがw

これに似ていて、就活市場でも「自分はまだまだ相手にされている」と思うと、「仕事を決めずに辞めても仕事探しに困ることは無い」と自信を持って会社を辞められると思うんですね

 

ぼくは、仕事を決めて辞められる性格でなかったこと、また仕事を辞めて探すのも不安だったので。こういった事前に「まだまだ就職イケる感」があれば、余裕で辞められたと反省しております

30前後だと、就職が厳しいみたいなウソネタを信じ込んでいたぼくもバカでした。

 

どこで自分の需要を確認すべきか

この「就活市場でまだイケる感」を確認するには、直接的にオファーを受けることが適切です。オファーと言っても、メールでスカウトなどだと機械的に流してくるだけで信用できないところもあるんですが。

そういった機械的なオファーではなく、人から直接的に「こういう仕事に就けますよ」と誘ってもらえる場所に行くことです

 

ぼくの場合は、派遣会社がそうでした。色々と、ぼくのことを見極めたうえで「こういう仕事があるんですが」と教えてくれます。

本当に箸にも棒にもかからない状態なら、面接の段取りから応募まで手間暇が増えるだけなので教えてもくれません

 

そういう意味では、派遣もしくは転職エージェントで、自分の就活市場における価値を確認してみるのもいいのではないかと思います。仮に仕事を提案されても、断っていいわけですから。

「ここしかない!」と思ってブラック勤務している方が、本当に仕事を辞めたくて困っているのであれば、一度は相談されるといいですよ。

 

置かれた場所で咲こうというなら、誰も止められないのですが。現状から少しでも抜けだし、別環境で働きたいと思う人は、相談付きの求人サービスを利用することをオススメします。

たとえばDODAなら、豊富な求人とカウンセリングがセットになっており、人気の転職サイトになっています。「相談だけでもしてみようかな」という人も対象なので気になる方は公式サイトを見てみるといいですよ

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

「労働条件の確認」をしたくらいで嫌われるなら入社しない方がマシ

確定申告をしている真っ只中でございますが、ネガティブにも失敗した時のことも考えております。そ

記事を読む

ピザ屋で働きたいなら”ナポリの窯”で。電話で聞いてみました。

「ピザ屋でバイトしたいけど、どこが働きやすいのだろう」 「要領が悪いので能力的にやれる

記事を読む

介護未経験者の資格講座費用を「かいご畑」は負担してくれる!

とつぜんですが、介護業界の悪口でも書いてみようと思います。この業界、僕も数年在籍してたんです

記事を読む

人生を変えたいなら、外部からの仕事を受けるアンテナを張れ

岡田麿里さんをご存知でしょうか。有名な脚本家の方で「心が叫びたがってるんだ。」「あの日見た花

記事を読む

複数社に応募できなかったぼくは「転職エージェント」を活用すべきだった

4月も近いですし、転職を考えられている方は動かれていますよね。ぼくも散々転職してるのですが、

記事を読む

就活に失敗したくない人は「職場見学」ができる場所で就活すべき

「こんな会社だと知っていれば就職しなかったのに!」 「入った時点で、なんか変な上司

記事を読む

どん底の底辺フリーターに生涯賃金の話をしても意味がねえ!

「効率よく時給1000円を稼ぐ方法ってどうすればいいのだろう?」 ぼくの歴史でいちばん

記事を読む

「入社2日」で会社に見切りつけて辞めた新入社員がクソ羨ましい。辞められない会社員は一生嫉妬に狂え。

「新入社員が入社2日目でバックレ」(参照:ヤフーニュース) ワ、、ワシの血圧が上がるネ

記事を読む

20代向け求人サイトまとめ【未経験でもおすすめ2017年用】

「求人サイトが多すぎて、どこを使えばいいのかわからない」 仕事を探そうと思っても、求人

記事を読む

【20代向け転職サイト4選】新卒カードに頼る就活に意味ある?

23歳の男の子から「就職先が決まらないので、もうダメダメです」と相談されました。「いや、それ

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
やっと止まったお菓子地獄!代わりに玄米ミルクを飲んでます。

去年ですが、一時的に酵素ドリンクで痩せる技術を身につけたんです

蚊が出ても嬉しいとさえ思うようになる【ナイス蚊っちレビュー】

蚊が耳元でブーン。。 これ、すんごい嫌いだったんですよ。

中村さんがセフ×作りに成功している理由を分析してみた

ツイッターでセ×レを募集したら、本当に女性から声を掛けられると

行動範囲が狭い人に「興味のある・やりたい仕事」は見つけられない

「人が興味を持ったり、やりたい物事を見つけるにはどうすればいい

“理想の美女”と出会うには「婚活パーティーに出続けるしかない」と確信

「理想の美女に出会える」 こう聞くと、胡散臭く聞こえませ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑