*

「労働条件の確認」をしたくらいで嫌われるなら入社しない方がマシ

確定申告をしている真っ只中でございますが、ネガティブにも失敗した時のことも考えております。そのためか、「労働条件の良いところに行きたいな」とか考えてしまいます。

 

そもそも「働き始めてから労働条件が悪いことに気がついた」という人は多いと思うんです。ぼくは今になって反省するのですが、明らかな労働条件の確認不足に後悔しております。どういうことを指すかというと

  • 働き始めてから、求人票に書かれている給料と違うことに気がついた
  • 定時と実働時間に差があり、残業代が出ないことが発覚した

これらのことは、どの職場に行っても同じようなパターンで繰り返されていました。「確認しないお前が悪いんだろ」とつっこまれるところなのですが、変な就活マニュアルを信じていたので聞けなかったのです。

 

誰なの。「就活でお金の話と残業の話は印象が悪くなるから聞くな」とか言い出したの。言い出しっぺは大罪じゃないかと今になっては思いますね。

聞けばいいんです。「給料はいくらなの?残業代は出るの?」と。これで、会社側が不機嫌になるなら、その会社がおかしいというだけですよ。

 

スポンサーリンク

 

労働契約の確認で、会社側の反応が悪くなってもいいじゃない

そもそも、労働条件の確認くらいで「お金の話ばかり」とか「残業を嫌がっている」と受け取る方がおかしいわけです。

なんつーか、みんな無駄に経営者サイドの肩を持つ感がありすぎなんですよ。

 

労働者は、貴重な時間を売っているわけなので。人材として安く買い叩かれることを歓迎するムードは、ぼくを含めて加担しちゃダメだったんですよね。

入社前の段階で、給料や残業時間については詰めておいてしかるべきなんです。遊びで行くならいいんですが、働きに行く場なので契約はトラブル防止のためにしっかりやるべき。

 

そりゃ、安く買い叩いてブラック残業させたい会社には嫌われるかもしれません。というか、嫌われますよ。「ちっ、余計な知恵を持ちやがって」と思われるはず。

でも、そもそも契約の確認で不機嫌になる会社なら、その対応を判断材料にこっちから切ることも可能になるメリットがあるんですよ。

 

「カネの話よりイキイキと働ける場所を探すんだ」みたいな話は、よっぽどのケースでのみ発動するくらいでいいと思いますね。先に契約でしょ。

「面接の段階で聞くようなことじゃない」と思っちゃう経営者は、そもそも経営する価値すらないと思うんですよ。「極悪企業」と言っても過言ではないでしょう。

 

労働条件の確認を怠る人は、ブラックな労働環境から抜け出せない

別に本人が率先して(?)、「入社前から契約の話は詰めない」というなら止めるつもりもありません。

ただ、就業契約の確認すらしないまま就職しちゃうと、ぼくみたいな人生が待っている可能性が高いのは事実です。(これが影響して、履歴書もごまかす人生になったわけなんでw)

「確実に10年損したわ・・」って断言できるんですよね。

 

① 契約と違う条件でも、採用されたら受け入れてしまう

採用されることに重きを置いているので、給料の話すら気にしなかったのはまずかったです。採用決定してから、じぶんの給料を知っても言いなりになるだけなんですよ。

変な環境に入り込むと、そこから抜け出すのに苦労します。せっかく働き始めたし・・みたいなことを思うと、ぼくみたいにどうせ辞めるのにダラダラ働いてみたり。

結果的に精神が病むことを理解しつつ、その時が来るのを待つみたいな。

 

なんだか、牢獄の中で死を待つ人生みたいだなw

納得できる契約をして入っているかどうかは重要です。

「まあ雇ってもらったしいいか」という防戦一方の考え方は、20代から持っちゃダメな思考だと思いますね。本当に。

 

②「 交渉する権限が、労働者には一切ない」と思って生きることになる

こっちの方が重大ですね。給料交渉など、その他諸々の働く上での条件について話す機会が無くなります。

お金の話も、残業についても、「労働環境における場ではしないことが常識」になって生きることになるからです。怖いね、適当な常識がいちばん怖い

 

こういう話をしていると「企業には煙たがられるし、そんな姿勢じゃ採用されないよ」という人もいると思いますが。まさに、こういう思考の人たちの中でしか生きられなくなるんです。

「諦めの人種」とでも言い換えられるのですが。「給料交渉なし、残業に文句を言わないのが美学」なんでしょうけど。一生我慢して生きるしかないですね。

 

ぼくは労働してきた場所で、じぶんに交渉する権限があると思って生きたことは一度もありません。頭によぎったこともありません。

それが「常識」だと思ってきたからです。

 

でも時間が過ぎていろんなことを知るようになった時、「当たり前のように労働条件について交渉している人たちがいる」ということも気がつくようになりました。

この人たちにしてみれば、交渉することが前提であり、常識でしかないというわけです。交渉=常識なんですよ。偏った環境で生きるって怖いですよね。

どこにも採用されないなら分かるんですが、質問すら諦めていたじぶんの20代の面接って何だったんだろうと今になって後悔しております。

 

 

 

もう2月ですし、新年度に向けて転職を考えてる人もいるでしょう。今まで交渉したことが無い人は、少しでも就労条件について交渉した方がいいです。交渉がムリでも、やんわり質問くらいは面接でしてみましょう。

「生きていくためにお金を稼ぐ」ということは当たり前なのに、肝心なお金稼ぎの契約は超ずさんな人たち。そんな人たちは、常識を疑ったほうがいいです。

「契約条件のことでお伺いしたいのですが」のひと言でケチがつくなら、こっちから願い下げでございます

 

(参考リンク:常識をめちゃくちゃにした就活マニュアルも書いてます)

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

ピザ屋で働きたいなら”ナポリの窯”で。電話で聞いてみました。

「ピザ屋でバイトしたいけど、どこが働きやすいのだろう」 「要領が悪いので能力的にやれる

記事を読む

「残業ナシ」を条件にした求人の見つけ方【検索使ってる?】

「どうせ残業のある会社しかないので、就活もやる気が出ない」 「どうせ残業がある」と思う

記事を読む

複数社に応募できなかったぼくは「転職エージェント」を活用すべきだった

4月も近いですし、転職を考えられている方は動かれていますよね。ぼくも散々転職してるのですが、

記事を読む

【20代向け転職サイト4選】新卒カードに頼る就活に意味ある?

23歳の男の子から「就職先が決まらないので、もうダメダメです」と相談されました。「いや、それ

記事を読む

仕事を辞めたい人は、気持ちの後押しをしてくれるところに行け!

仕事を辞めたい時って悩みますよね。辞めていいのか迷う時は次のような時でしょうか。 「仕

記事を読む

人生を変えたいなら、外部からの仕事を受けるアンテナを張れ

岡田麿里さんをご存知でしょうか。有名な脚本家の方で「心が叫びたがってるんだ。」「あの日見た花

記事を読む

20代ニートの就活チャンス!サポート丸投げOKな会社【JAIC】で仕事探しもありじゃない?

ニートの就活で壁を感じるのは、ニート状態そのものが受け入れられないと感じる時だ。全面的に「ニ

記事を読む

さすが東京。「障害者向け求人」はこうでなければ。

「さすが都会だな~」と思う求人サービスを見つけました。 障害者の就労移行支援、求人紹介サー

記事を読む

就活に失敗したくない人は「職場見学」ができる場所で就活すべき

「こんな会社だと知っていれば就職しなかったのに!」 「入った時点で、なんか変な上司

記事を読む

20代向け求人サイトまとめ【未経験でもおすすめ2017年用】

「求人サイトが多すぎて、どこを使えばいいのかわからない」 仕事を探そうと思っても、求人

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
「給料が高いと超やり甲斐になる」という人の話【人生一発逆転!?】

仕事にやりがいを感じられない人は、高給な仕事を目指すことに振り

友達と婚活イベントに参加する女性は結婚が100%遠のく【断言】

「どの口がいうの!?」という話ではありますが、婚活イベントに参

ビットコイン終了のお知らせ【ワイが1万円分も買ったから・・】

「ビットコインは伸びしろが無いので買わない」とか言ってたんです

5年ぶりに合コンやって気づいたメリット【婚活リスク分散】

かれこれ婚活イベントに参加してるんですが、なんていうか手ごたえ

初めて仮想通貨を買ったんだが!

仮想通貨をやるために、取引所に申請してたんですが。本日からやっ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑