*

パワハラやる暇人がいる職場は未来がないのでさっさと辞めるの一択

高速料金所の職員男性(46)がパワハラで追い込まれて自殺」というニュースを目にしました。遺書付きでの自殺なので、否定されがちなパワハラ自殺との因果関係は立証できるのではないかと思います。

ただ、子供のいじめを苦にした自殺と同じで、「死の選択」は立ち止まるべきポイントだったかと思います。苦しいところだと思いますが、どうしても踏ん張らないといけないところなので・・。

男性は契約社員として働いていたそうで、立場的にも追い込まれていたことは理解できるので強くは言えませんが。死んでしまうとそこで終わってしまいます。僕も「ここしか働くところがない」といった理由で耐えてきた職場が多いので気持ちは理解できるのですが・・。

奥様もいらっしゃるそうで、残された遺族の方もツライですからね。

僕も今後はどういう人生を歩むか分かりませんが、就職した先でパワハラが解決しないようなら「すぐに辞める」と考えている事だけは事実。理由もあるんですよ。

 

スポンサーリンク

 

パワハラのある職場とは「暇人の宝庫」であると断言しておきます

思い返せばパワハラとかイジメというのは、暇になると起こってしまうんですよ目標も無ければやる事もない人の行動パターンといいますか。どこにでも暇人はいるんですが、会社組織なんていうのは最たる例で。こういう人は出てきやすいです。

ガンガン駆け上がっていく組織は別として、適度に作業をこなしておけば給料がもらえる職場も多いですよね。僕は能力的に適度ではこなせませんがw

逆に、やるべきことがあれば、他の人間に構ってる暇なんて本来生まれないのです。部下を潰して利益がでる組織があるなら教えて下さいwそこに費やす時間も労力も無駄ですよ。

この事件に出てきたパワハラ女性上司も、どんな仕事をやっていたのかわかりませんが・・。パワハラに走ってる段階で暇人が確定してるんですよね。

「パワハラなんてやらずに仕事しろよ」という意見はごもっともなんですが、固定給も保証されている立場なので時間が余ってんじゃないでしょうか。

頑張って仕事をやった分だけ給料が出る場にいれば、パワハラなんて究極の無駄です。むしろ訴えられるリスクしかないわけで。暇人が起こした事件なんですよ・・。「頑張って部下をいびって辞めさせたら給料アップ」とか秘密の指示を受けてたとか?どちらにしても効率も悪いですよね。

このパワハラエネルギーを他に使えばいいんでないか?と思いますが、そういう仕組みのある組織ならこういう事件も起こらないのです。こう考えると、先の無い職場かなー・・としか言えません。

人間の集合体として、力の入れるポイントがおかしいですな。

このパワハラ上司は、賠償金を請求されると思いますが、そんなに払えるとも思えないですけどね。誰にもメリットの無い事件とはむなしいものです。

パワハラにあっているならさっさと辞めるべき

僕も今でこそ思いますが、こういう無駄なエネルギーに費やせる人たちにパワハラをされておりまして。「時間の無駄だったな」と一言で終えられるほど無駄な経験でした。

「パワハラを受けている」と感じた段階で、さっさと次の職場を探せばよかったと後悔しています。パワハラを受けると、「何とかこの状況を乗り越えよう」とか思っちゃうんですよね。我慢して耐えて、それでこそ仕事みたいな。

パワハラに耐えるのが仕事じゃねーよwって話なんですが。これが普通に社会だとあるんですよね。

嫌なことに耐えるという話はよくありますが、「どう考えても理不尽」というパワハラみたいなケースも込みで考えられているのは恐ろしい話。

そこを解決する道を模索するなら、さっさと転職活動するなり、とりあえず訴訟を起こすなりしようよと思うわけです。パワハラやってる時点でおかしい相手なので、相手に合わせて戦うとか馬鹿の極みになるんですよ

そう考えると、話し合っても無駄な層はザックリ切り落として辞める一択でした。ごめんね過去の自分!

「自主退職なら失業保険が降りない」ということで辞められないこともあるかと思いますが、会社に認めさせるのではなくて労働局に訴えていくのが大事ですから。ごねろごねろ。

なんなら、「明日からもう来ないです」と伝えてもいいし、伝えなくてもいきなり辞めてもいいと思いますよ。

パワハラやってるような組織は、それくらいの対応で辞めた方が逆にスッキリ。「この職場しかない」と思うと、首はとにかく締まり続けます。「他にも仕事はある」と思うと、色々と道は見えるので。

リクナビNEXTなど大手転職サイトなら、いくら田舎でも仕事はありますからね。僕の住んでる愛媛にも多いので、よっぽどの辛さなら今の会社を捨てて転職活動をされることをオススメします。もしくは、失業保険を貰ってゆっくりするとかですよね。

死なない道を探しましょう。

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

現代の安定の概念こそ不安定じゃね?「移住」に関する講演を聞いてきて思うニートの考え

  イケダハヤト氏が愛媛にやって来るという事で行ってきました。僕は今のところ

記事を読む

低所得なら副業しろ?簡単に言うな!気力を吸われる社畜脳の現実~バレるかバレないかを気にさせるブラック企業の洗脳気質~

    今日は社畜ネタで書きます。中には社畜と言われるとイラ

記事を読む

「時間が無いは甘え!それなら睡眠を削れ」←余裕に恵まれた人です

「副業をやりたいけど、時間が無いんです!」 ブログやアフィエイトを始めてからというもの

記事を読む

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事をやろうかなと思っても、悪いとこ

記事を読む

自分の時間確保のために始めたこと3つ

少しずつ作業量をこなせるようになっているので、それに応じて「時間がもっと欲しい」と思うように

記事を読む

西村知美のブログが怖い理由★こだわりと強迫性障害は紙一重

    10月4日の有吉反省会を見ていたら強迫性障害なのでは

記事を読む

ニートだって女の尻を追い掛けていいでしょ?仕事が先って指摘は間に合ってます

         

記事を読む

無職やニートの人は、友人に飲み会とか誘われたら行ってるの?

読者の皆様、明けましておめでとうございます。昨年は当ブログをごひいき頂き大変お世話になりました。

記事を読む

現代人は贅沢し過ぎ!ニートの俺、生活水準を下げていきます!

      ニートの俺に対する世間の要求レベ

記事を読む

閉所恐怖症でなくてもMRIが苦手な人への対処策!シロート発案!

君はMRIに入った事があるかね!? 過去に記憶に無い感覚の「頭痛」と「少々の気持ち悪さ

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
アマゾン・マーケットプレイス詐欺にご注意!騙されそうになったわw

アマゾン・マーケットプレイスが悪用されるケースが増えているよう

「入社2日」で会社に見切りつけて辞めた新入社員がクソ羨ましい。辞められない会社員は一生嫉妬に狂え。

「新入社員が入社2日目でバックレ」(参照:ヤフーニュース)

婚活イベントだけに頼るな【選択肢が増える罠】

久しぶりの婚活報告です。ちょいと前にカップリングした女性とデー

ドラクエ11発売もオタク泣かせでえげつない商品ラインナップw

すでにニュースになってますが、ついに待ちに待ったドラクエ11が

「夫のちんぽが入らない」を解釈するのは難しい

読みました!「夫のちんぽが入らない」を。 読む前と後では

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑