*

「亀田は負けろ!」と願える試合の希少性~空気を読んではいけない~

公開日: : 管理人の雑談

格闘家の青木真也選手の「空気を読んではいけない」を読んでみた。あまり格闘家の人に興味は無いながらも、青木真也という選手は注目させられる。イケハヤさんと対談していたのも面白かった。

どういう風に注目していたかと言うと、圧倒的にヤバい人なんだろうな・・という目で見ていたから。相手選手の腕を折って、ファックポーズなどは有名。あの行動に至った経緯も本に書かれていた。なるほど納得という感じ。

端的に「テレビだけ」で見ているとわからない部分が多いんだけど、青木選手の内面にフォーカスしているため分かりやすい。殺し合いのリングに上がるようなもので、常軌を逸した精神状態になっていたのも理解できる。

そんな彼が面白いことを書いていたので引用させて頂く。格闘技をエンターテイメントとしてどう考えるかなど、リング外のことにも言及していることだ。

 

スポンサーリンク

 

「あいつら負けろ!」「さっさと消えろ!」と思えるのは贅沢

はっきり言うが、プロは金がすべてだ。稼げない格闘技選手など、プロではない。 そういう思いがあるだけに、ボクシングの亀田一家は純粋にすごいと感じた。

40%を超える試合のテレビ視聴率(2009年の内藤大助VS.亀田興毅戦において、関東地区で43・1%を記録)は、日本格闘技史上に残る怪物的な記録。

大きな注目を浴びたことで、ボクシング界に大きな恩恵をもたらしてきたと言える。

 

まさに亀田家の一戦は、いつも見ていたのでよく覚えている。これに限らず「亀田一家の試合」となると空気は変わっていた。よくボクシングを知らない人でも「亀田は負けろ!」というムードになっていたと思う。

バイトしてた際に、ボクシングに興味のなさそうなオバチャンでも「亀田は負ければいい」と言っていたほど。国民の関心事にまでなっていたと言える。

亀田の試合前のパフォーマンスが気に入らなかった人は、本当に多かった。当時は、何かと挑発ばかりで、亀田一家は相手選手をバカにしたような言動が取り上げられていた。

僕を含めてこれらを見ていた人たちは、まんまとエンターテイメントに取り込まれていたと思うw

彼らの試合が決まるたびに、「今回は負けないだろうか」と画面を食い入るように見る。僕も例外なくわりと本気で、「こいつ負けたら面白いのに」という目で見ていた

しかし、これはすごく贅沢な話だとも本を読んでいて思った。「全然自分の人生とは関係のない人の負け」を必死で願いながら見られるというのはすごい事ではないだろうか?と。

青木選手の本を読んでいて初めて考えさせられる。今、そういう試合があるかと言われたら正直ないので

過剰なパフォーマンスに賛否はあると思うが、なければないでつまらない。誰が勝とうと負けようと、「ふーん・・」で終る試合が増えるだけに思う。

 

亀田一家の希少性

亀田一家によって、表舞台に出てきたボクサーは少なくない。亀田と戦った外国人もファイトマネーが支払われたわけだから、誰も損していない。自分たちでマーケットを生み出し、みんなを潤わせる。

あれこそプロだと思うし、格闘技界とテレビが関わった例としては、大成功モデルのひとつだと言える。当然、「一緒にするな」という現場の声はあるだろうし、良い面ばかりではないのはわかっている。

だが、亀田一家が出る大会によって、他の多くの選手も試合ができたということは見落としてはいけない事実だ。

 

一部の人にとっては「不快な思いをするだけ」という感想だろうけど、そういう人達も「こいつ負けろ!」という興奮は抱けたはず。

普通に生きていて、全く自分の人生に影響を与えない人の敗北を心から願えるチャンスなんて数えるほどしかない。

少なくとも僕は、亀田一家の敗北を願ったことはあるけれど、他には本当に記憶にないので彼らの希少価値の高さを今更ながら思い知った

今では亀田家の長男・次男の過去の舞台裏トークを聞けるが、話を聞いているとエンターテイナーとして無理をしていたことが出てきている。彼らなりの盛り上げ方を、自らプロデュースしていた点は評価されるべき事例だと思う。

 

「ただ勝てばいいわけではない」という事を青木選手は著書で書いているが、その通りで強いだけの選手では物足りなさを感じる。格闘技を見る以上は応援したい。そのためには「どっちが勝っても別にいいや」という状況をぶち壊す選手が必要なのだと思う。

好青年がデビューしてヒーローになっても「あっそう」という感じである。それよりも求められるのは、ガンガン調子にのって勝ち上がっている選手。さらに性格が悪そうなら叩くという楽しみが増える。

こう考えると、観客にとっては「空気を読んだ選手なんかつまらない」となるだろう。また「こんな奴はさっさと負ければいい」と思える選手の登場を願ってしまう僕がいる。

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

「本当にこんな山奥に住んでるの?」ニートがイケダハヤトさん一家と団らんしてきた

  イケダハヤト氏に会いに行きたい 昨年の6月にプロブロガーとして活躍中のイケ

記事を読む

まだ30代前半なのに「前立腺がん」の疑い。PSAが基準値2倍な件

まずは落ち着いて話を聞いてくれ。もしかして俺は「前立腺がん」なのかもしれない。 ブログ

記事を読む

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょう? たとえば「月収」「

記事を読む

けっきょく家を追い出されなくなった34歳の話

当ブログも2周年を過ぎておりまして、記事も400記事が見えてきています。どこかで書いた記事を

記事を読む

剛力彩芽がアフィリエイターをdisるドラマ「バックハグ」が面白かった

  昨年フジテレビ系列で放送されていたドラマ「バックハグ」をついに観ました。

記事を読む

グーグルは「神」になるの?トップ棋士完敗の2局目を振り返る

  名作ヒカルの碁。漫画内では「コンピューターが人に勝つには100年かかる」

記事を読む

アフィリエイト外注のために長期契約を結んだライターさんの特徴3つ

  かれこれ「ネットビジネスだー」と言ってきましたが、ようやく専属ライター確

記事を読む

競馬と人生の関係性を考えた~中団馬群はサラリーマン適性が必要~

「どうせ誰も競馬について関心がないだろう」と思い全く書いてこなかったけれど自分は競馬が好きだ

記事を読む

「上戸彩そっくり」の可愛い台湾ガールとニートがドラマみたいな時間を過ごした

  「台湾の女の子が可愛い」といった感じの台湾女性まとめ画像サイトを見た事が

記事を読む

ロックマンから学ぶ要領の良いアタマの使い方

無料でカプコンが配布している「ストリートファイター X ロックマン」というゲームがありまして

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
「女子ウケする趣味」の一覧をチェックしてみた これは一理あるぞ

婚活イベントに向けて、じぶんのプロフィールを見直しておりました

「副業がバレないか怯えながら働くこと」を望む会社が43%ww

中小企業の43%もが、副業を認めないそうです。最近は社畜ネタも

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事を

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょ

通話SIMがわからない親にオススメした3Gプラン【厳選5社】

SIMフリーは戦国時代ですな・・。 ネット検索しても、各

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑