*

その仕事に「盗む価値」はあるのか?マニュアルが必要な若者たち

 

タイトルをつけて思ったのですが、最近は自分を「若者カテゴリ」に入れる事に抵抗を感じています。なぜかと言うと何かと大人から「さん」づけで呼ばれ始めてるんですよね・・ここ1~2年くらいかな。「あらたくん」って気軽に言えない感が出てきたのでしょうか。「あらたさん」と言われてどんどん大人になっている感じがしています。

まあ、余談ですけどねw

 

仕事をしていた頃は、しばしば次のような事を言わていた。

 

仕事は盗んで覚えろ

う~む・・。前から思ってたけど、パソコンに打っただけでもムカつく台詞で嫌いだなコレ。新入社員の方などには常套句として投げかけられる定番メッセージだが、自分以外にもこの言葉を聞くと嫌悪してしまう人がいるのではないだろうか。もっと勝手な憶測で言うと、若い人に多くいるように思う。

また新入社員でなくとも、こういう事を言われる人は、相応にいるようにも思っている。一概にそうとは言えないが、言われやすそうなタイプをいくつか挙げてみよう。

 

・自分の判断で動くのが苦手な「指示待ち」と呼ばれる人

・事あるごとに他の職員に聞かないと「不安」になる人

・「教わった仕事」をやっていると、他の業務に気がつきにくい人

 

他にもいろいろあるが、今回は自分のケースをモデルに挙げている。職場の先輩から「仕事を見て覚えろ」と言われても、上記で挙げたような理由で失敗し叩かれ続ける。そして、いつの間にか「自分はダメ人間だ」と思い込むようになる。そうなると、必要以上の緊張感にしばられ結果的にさらなる失敗を招く材料となってしまいがちだ。

理想の人材は「新人教育などが要らない、ある程度の臨機応変さを持った人」だろうが、そういう人材はそもそも少ない。程度の差はあるが、どうしても職場での教育は必要になる。

 

ろくに教えもせずに「見て覚えろ」と言い続けていたのでは、今の時代だと自分のような若者は、すぐに辞めて行くだろう。自分が辞める事については、もちろん能力不足もある。ただいつまでも仕事に対して「盗み取れ」「見て覚えろ」の教育をしているというのも労働環境においては、非生産的な風潮だ。

今の若い新人労働者には、しっかりと基礎から「教える」という事が必要だと思う。「最近の若者はすぐ辞める」と一蹴していたのではラチがあかない。若者も仕事を覚えようと必至であることに変わりは無い。ただ「盗む文化」というものに馴染めない人もいるのだ。

今日は、この「仕事を盗め」系の話をするが、最近読んでいた本の中に、しっくり来る内容があったので紹介させて頂こう。

 

スポンサーリンク

 

「盗む価値」のあるような仕事かどうか

 

「やりがいのある仕事」という幻想 (著:森博嗣) より引用。

 

(仕事は)必ず全てを教えてもらえるというものではない。これは、昔からの常識で、「仕事は見て覚えるもの」と言われてきた。ところが、最近になって手取り足取り教えたりする研修や、やり方を細かく記したマニュアルが目立つようになった。研修やマニュアルがあるのは、その仕事がルーチンワークだからだ。いうなれば、つまらない、お決まりごとの仕事だからである。

仕事の最前線というのは、誰も教えるほどノウハウをまだ持っていない。ただ、過去の似た例を適用して、自分で工夫や想像をして臨むしかない。この過去の経験だってなかなか人に伝達できるほど記号化されていない。これを使える事が、すなわち「仕事を覚える」という意味でもある。

 

「研修」というのは本当に大事だと思う。(さすがに訳のわからない会社の教訓を連呼しているのは例外とするが)仕事のしょっぱなで躓く自分のような人間は、マニュアル人間と呼ばれようと、しっかりとした基礎を教えて欲しい。ここを曖昧にすると後々に響く事が多い。

このご時世、ルーチンワークは増えている。基本的にどの職場もある程度は毎日同じような仕事をしているだろう。いつもクリエイティブに創造を繰り返しているような職種もそうそうは無い。それにも関わらず、「仕事を見て盗め」という人たちが多いのはなぜか。

 

それは書かれている部分にもあるが、結局のところは「言っている本人たちが、人に伝達できる状態にない」という現状があるからだ。大手の企業なら、末端まできっちりゲームのルールのようにマニュアルが整備されやすいが、小さな企業だと人の出入りも多く、そもそもマニュアルらしきものすら存在しない手探り状態だったりする。

そんな中にいると、どうしても先輩の決めたやり方や、先輩が思う効率的行動の考えが重視されやすい傾向が出る。そうなると、先輩たちの考え方が基本となるので、それなりの事が出来ていても、「先輩基準でどうか」という小さな狭い世界における仕事のやり方が求められやすくなる。酷いところだと「先輩たちの仕事のやり方は凄い」の空気ができる

 

どこでも通用する全うな仕事のやり方を盗めと言われるならまだいいが、個々のやり方の問題になる話を延々と「これぞ仕事のやり方だ」と誇らしげに語られても困る。現代の職場は人の入れ変わりが激しいところも多い。そういう場こそマニュアルが必要なのに、どうでもいい仕事のやり方を「見て覚えろ」という空気が蔓延していたりする。

先輩風を吹かし、自分たちの仕事すげえ感を出したい人はけっこういる。新人に教える訳でも無く、「見て覚えろよ~」と勿体ぶるようにさえ見える事も自分にはあった。そして、見て覚えて仕事をやったところで各々のやり方が出てくる。それに対して、効率が悪いだのケチをつけられたら面倒この上ない。

 

そんな中で働く若者がすぐ辞めると言われても、仕方が無い面もあるのではないだろうか。マニュアルも無いのに、そんな個々の価値感レベルを「盗め」と言われてしまえば、細か過ぎてやる気も失せる

ひと昔前はそれで通用したかもしれないが、現代の若者は視野が広がり転職を想定した仕事をしていたりと「今の職場」の枠に捉われ過ぎると損だと考える人もいる。「これ、外に出たら絶対に通用しないやり方だよな」と思われるような仕事なら、盗む必要も無いし勿体ぶらずに教えてくれと言いたい。

 

「盗む」を推奨される事で自由度が広がる事もある

自分は、すぐに辞める人間だが、大きい企業も小さい企業も少しだがバイト経験ならある。確かに、大きい企業ほど仕事はマニュアル化されており、むしろ「見て盗む」という仕事のやり方は嫌われる。基本に沿っていないと、最初からやり直しなんてザラだった。そして「勝手に進めないでくれ」と向こうから教えに来る事もある

自分は基本は小さいところでしか働いて無かったので、マニュアル化もされていない職場が多かった。教えるにも先輩も我流すぎて指導のしようが無いのかもしれない。仕事が出来る人でも「教える技術」まで持っているかは不明だ。仕事を回す為のノウハウというのは、ある程度は時間を掛けないと作れないし、結果も出てこないのは当然だろう。

 

結局、そういうマニュアル無き職場に行って、応用力や器用さを求められる事になるが、少なくとも教えてもらえないのであれば、そこまでこちらもビクビク怯える必要もないのかもしれない。ある程度は好きなようにやってみたらいいのかなと考えるのだ。

小さい企業なら勝手な事をして怒られる事もあれば、逆に「これやっても怒られないの!?」と思うほどスルーされる事だってある。

 

「仕事は盗むもの」と言っている人のいる職場なら、盗み損ねた場合の言い訳もしやすい。「見て覚えようとしたら、間違ってしまいました」などマニュアル不在の職場だからこその理由ができるだろう。

ある意味「盗め」という人が多い職場は「自由度が高い」とも考えられる。良いように解釈したが、このように考えたい自分がいる。

 

 

終わりに

僕は仕事に対して、「やりがい」を求めているんですよね。人生のほとんどを仕事に費やすなら、「つまらない」と思いながら働きたくないからです。そういう事を考えている時に、本書を図書館で借りて読んでいました。自分のような考え方をする人に厳しい言葉を投げかける本かと思っていたら、意外とそういう感じでもなかったですね。

どちらかというと、仕事に対してのイメージを良い意味で変えてくれる本でした。タイトルからは自分が煽られてる感じはするんですけどねw 図書館などで調べてみて下さい。

 

ふと、来年の今頃は何してるのかな・・と考えている管理人あらたのプロフィールはこちら

 

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

「たかの友梨ビューティ―クリニック残業代未払いから学ぶ」ブラック企業への奇襲策

    事実であれば非常に残念な話が出ていますね。 たかの

記事を読む

強迫性障害の治し方とは?★2ちゃん式★奇跡の確認克服法が話題

    強迫性障害で困っているという話はこれまで書いてきたが

記事を読む

風邪を引いたら会社なんか「休む」以外の選択肢は無いだろ!?

  寒い季節になった。俺はアレルギー体質も後押しして冬場になると鼻水が止まら

記事を読む

ナイナイ岡村とANNラジオスタッフに学ぶ★仕事のミス対処法★

      ナインティナインのオールナイトニ

記事を読む

強迫性障害の症状に疲れたので書く ~何も知らねえ奴がニートの言い訳とか言うな!~

      仕事をしていない理由について

記事を読む

企業は給料を求人票に月給●●万円とか載せてないで交渉制にしろ

疑問だ。今になって初めて疑問に思っている。世の中の全てとは言わないが仕事のほとんど・・少なく

記事を読む

ひきこもりの俺が働こうとしたら犯罪に加担しそうになった詐欺の話

  これっぽっちで内職なんかやってられるか!   冬になると思

記事を読む

「楽して稼ぐ」は苦行。雇用主の”障害者枠だから”の遠慮は差別だ。

「おゆみパイ」さんというブロガーの方が、障害者枠雇用について記事を書かれていたので、障害者枠

記事を読む

無料相談しか行かないニートが有料カウンセリングに頼る条件3つ

  いきなりですが、有料カウンセリングって結構な料金ですよね? 場所に

記事を読む

ニートは家の警備より、家事をする方が得策だ  ~発達障害の俺が考える仕事の効率論~

いきなり質問です。バイト、派遣、正規雇用なんでもいいです。 みなさんが仕事経験した際に

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
都市伝説なの?出会いたくなる都合のいい女性の特徴3つ

婚活がしんどい・・。真面目にお相手を探して、さっさと結婚に向け

「女子ウケする趣味」の一覧をチェックしてみた これは一理あるぞ

婚活イベントに向けて、じぶんのプロフィールを見直しておりました

「副業がバレないか怯えながら働くこと」を望む会社が43%ww

中小企業の43%もが、副業を認めないそうです。最近は社畜ネタも

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事を

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑