*

元カノに新恋人がいて泣きそう~アフィリエイトで失ったもの~

公開日: : 無職の婚活論

タイトルの通りですが、元カノに連絡をしてみたところ、新恋人がいることが判明しました。「キツイな~・・」というのが直感ですが、ここに至るまでの記録を書いてみようと思います。

【元カノとの出会い】

僕が30歳の頃に遡ります。

僕の歴史シリーズ30歳編」でも書いていますが、この頃は合コンや飲み会によく参加していました。その流れで、知り立った女性とメールをしていたのですが、その女性が僕と合いそうな子を紹介してくれることに。そこで出会ったのが元カノ(当時23歳)です。

「お互いに恋人を探している」という前提があったので数回デートしました。かなり控えめな子で、何をしても消極的な性格。聞けば彼女、誰とも交際したことが無かったのです。「普通に彼がいてもおかしくないのに・・なぜ?・・」と思いましたが話を聞いていて納得。

話を聞いていると、僕と恋愛における価値観が似ていました。特に「交際中でも、相手に時間を奪われるような事だけは避けたい」という感覚がバッチリ。僕も彼女も、自分の時間確保を第一に考えるタイプでした。「頻繁に会うカップルは面倒」という話が、いちばん盛り上がりました。

彼女とは、趣味などは合わないまでも「自分の時間確保」を優先した付き合い方ができるなら、相性が良いのではないかと交際を申し込みました。

しかし1回目に告白したときは、警戒心が高くスルーされました。ただ、僕も珍しく引きませんでした。放置しておけば、他の男に持っていかれる可能性があるからです。

1度で諦めてはいけないと感じ、さらに相手の都合に合わせて会う回数を重ねて、2度目の交際申し込みで成立しました。

 

スポンサーリンク

 

すべてを隠して交際スタート

当時は、相変わらず会社に生気を奪われ、ほとんど生きているようで生きていないような人生を送っていました。ただ、彼女がいたのは大きかったと思います。メールをしたり、休みの日は会いに行ったり。デートに出かけるという日常が癒しになりました。

しかし、交際前から自分の事は話していませんでした。ブログに書いている通り、僕は色々と問題を抱えています。

・発達障害の兼ね合いで、仕事がまっとうに成立していないこと
・正社員かと思えば、実は障害者枠で月10万前後の収入だったこと
・薬をガンガン飲んでいたこと
・メンタルが崩壊しており、会社を辞めるつもりなこと

僕は見た目は普通っぽいので、本当に黙っていればこれらの事は分からないだろうと思います。しかし、交際していると段々と申し訳ない気持ちになりました。僕も30歳を超えますし、一般的には結婚を考えてもおかしくない年齢。

彼女もまだ時間はあるとはいえ、結婚は30歳までに・・と考えているようでした。

その重圧に耐えられず、僕は別れを切り出しました。

まともに会社に行くのも精神的にきつかったので、「実は・・」と上記で述べたような後ろめたさをすべて打ち明けました。結婚しても、大黒柱として家族を支える男性像が自分にない事も告げました。彼女も、その方が理想の生活に進めるだろうと。

しかし、彼女は別れる必要はないと言います。

僕の事情をすべて聞いた上で、「世の中にはいろんな人がいる。それくらい何ら変わったことではない」と即答で受け入れてくれたのです。30歳を過ぎているにも関わらず、おんおん泣いている自分がいました。

お互いに、どちらかが嫌になって別れるならまだしも、僕の悩み程度では別れる理由にもならないと励ましてくれました。

【無職時代】

一般的な男性なら「こんな彼女のために頑張ろう」となるところなのかもしれませんが、やはり仕事は続けられませんでした。強迫観念にも苛まれ、デートの最中にもいたるところで確認をするようになります。ただ、それでも彼女は待ってくれました。一緒に確認もしてくれるので自然と安心できました。

働かない男と、働いている女の交際というイメージが湧かなかったのですが、彼女とはそれが出来ました。僕も、無職状態がいちばん楽なので、存分にデートはしたいと考えました。

「働いているときは、精神的に病んでできなかった事もあるので・・」と、色々と遠出もしました。「働きながらでもしっかりデートしろ」なども言われたこともなければ「働け」とも言われません。

無職の人は、誰に言われるまでもなく、自分がいちばん状況を理解している」という考えの子だったからだとも思います。

「俺は数か月後、就職活動をする」と言うだけの彼氏でしたが、急かされることもありませんでした。彼女は、ただひたすら僕の復帰を待ってくれていました。

【アフィリエイトに没頭したくなる】

しかしそんな幸せそうなリア充生活は長く続きませんでした。

理由は、僕が新しく面白い物を見つけたからです。そうです・・アフィリエイトに没頭するようになりました。僕は、自分の時間にやるべきことを見つけたら、そこしか見えなくなるところがありました。

ブログをやアフィリエイトを考えるだけでワクワクします。ただ、そうなってくると周りに構う時間がつらくなりました。メール、LINEといった外部の音がしんどくなります。なので、必然的に目に入らない位置に追いやってスマホごと数日間まったく見向きもしない日も。今でもこういうことはよくやっていますが・・。

そんな中に、彼女からメッセージも埋まっていました。

「大丈夫?」

「外には出てる?」

「パソコンの前だけだと身体壊すよ」

こういった心配の声が、メッセージに残っていましたが、僕はこれらを無視していました。「心配されている」と受け取れませんでした。返信しないといけないので、自分の時間を奪われているようで負担にしか受け取れませんでした。既読もつけません。返せる余裕のある時にしか見なくなりました。

今思えば最低なのですが、すべては自分の興味(アフィリエイト)こそがすべてでした。

デートも義務的になりました。一緒に動物園に行った時のことは今も忘れられないのですが、久しぶりのデートとして一緒に行った動物園。僕は動物を見る時間を、すべてスマホで情報検索する時間に使いました。このときの彼女は、動物園をほぼ一人で回っていました。

帰りの車の中で、彼女が泣いていたのですが、僕はそれすらも放置していました。今思えば、本当に酷い話です・・。

必然的に「別れ」の選択

けっきょく、この関係は維持できない・・と思い、別れを切り出しました。あれだけ自分から向かって口説き、かつ自分のダメな時期でも支えてくれた彼女でも、夢中になるものが出来ると態度を変えてしまった自分がいました。

「話し合って、会う回数を減らしてアフィも続ければいいじゃないか」と周りに言われたりもしたのですが、中途半端になるのがいちばん嫌でした。このままでは、どっちのためにもならない。そう思うと、別れの選択が僕の中ではベストとなっていったのです。

別れ際に、今まで何も言わなかった彼女も、「ずっと部屋に閉じこもってると、引きこもっちゃうかもしれないから外だけは出るんよ」とだけ伝えてくれました。

仮に関係を続けても、結婚まで進めるか分からない事。アフィリエイトという不確定な事をするために、待ってもらう事が出来なかったことなど重なりますが、別れました。僕は、ここから自分の思い通りに時間を割り振っていきました。

言い方は悪いですが、デートの時間・ラインの時間などを作業に回せることに安心した部分もあります。

【時は過ぎて】

別れはしたものの、心のどこかで「また会えるかもしれない」という気持ちは持ち続けていました。連絡先は知っているし、お互いに連絡先を変える感じも無かったので、何となく薄く繋がっているような。

時間は流れ、少し時間に余裕ができた僕は婚活を再開しました。しかし、現実的になかなか女性に相手にされない状況が続きます。連日連夜、狙いたい女性に振り向かれません。

そんな中で、「元カノなら相手をしてくれるのではないか」とよぎるように・・。あれだけ好き勝手に別れておいて虫が良すぎるのですが・・。久しぶりにLINEをして、会話してみました。すると、彼女も目まぐるしく状況が変わっていました。

「今、東京にいるよ!」

なんと彼女は、実家を飛び出して都会で生活してみたいと引っ越しをしていたのです。前から「実家を出て一人でやってみたい」という願望を持っていたことは知っていましたが、思い切って都会にまで飛び出すとは想像にありませんでした。

どこか保守王国・愛媛を象徴するような、地元志向の子かと思っていたのですが・・。都会で色々とやってみたい思いがあって、今は向こうで働いているというのです。大きく変化している彼女に、たくましさを感じました。

久しぶりに会えないか?

聞いた時にショックを受けましたが、僕も近々東京に予定があるので、「久しぶりに会わない?」と誘ってみました。どこかに行ってしまったり、会えなくなると分かると、とたんに追いかけたくなります・・。勝手な男ですね・・。

しかし、「東京で久しぶりに話さない?」と送ると、彼女がメッセージを返してきました。

「うーん・・今、お付き合いしている人がいて・・」

都会進出に次いで、さらに恋人が出来たようです。消極的な子のイメージのままだったので、急に恋人がいて驚きましたが、年上男性からアプローチされて付き合うようになったそうです。

また、返答に困っている姿を見て、僕も慌てて「いやwそれならいいんだw彼は大事にしろよ!」と返しました。

この数年間、ネット作業に没頭している間に、彼女は彼女なりの生活を築き上げていました。消極的だったり、何かと控えていた姿が無くなりたくましさを感じさせるようになっていました。

昔からの性格は健在で、僕の事も心配してくれていました。「世の中には色んな人がいるんだから、自分だけがという考え方をしていてはダメだぞ!」と7つも離れた年下女性に励まされている僕がいました。

お互いのために別れた以上、お互いに幸せを見つけるために今後も進まなければいけません。僕は、彼女にしてきたことを悔やみました。あまりにも当たり前のように存在したため、ほとんど気がつかなかったことが多いと思います。

そんなさりげないやり取りを終えて、泣きそうになったのでブログを書こうかなと・・。彼女には幸せになって欲しいですね。

当たり前の日常が、非日常だと気がつけるか

アフィリエイトを始めるにあたり、もともと無職だし、社会にも適応できないし、「失うものは何もない!」という姿勢で始めたつもりだったのですが・・。今になって思うのは、元カノという存在ほど大きなものを失ったものは無かったように思います

何もなくなった無職の僕に、手を差し伸べてくれていた彼女は手放すべきでなかったかな・・と結果論ですが・・。

好きなことに没頭するもいいのですが、自分に対して本気で向き合って支えてくれる人は人生で早々出会えるものではありません。当たり前の日常が、実は非日常なのかも・・という目で見られる人間になりたいと思います。

 

ネット作業もそこそこにしないと、何を目指しているのか分からなくなりますね。

というわけで、僕は僕で婚活を頑張ります。エクシオとか婚活イベントに出ないと何も始まらない!

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

「恋愛工学」は結婚へのバイブルになる?「僕は愛を証明しようと思う」を読了

最近やたら「恋愛、結婚」に関するネタを書いているが、僕は確実に焦り始めている事がわかる。弟の

記事を読む

地方の婚活世代は「オミカレ」をチェックしとけ

婚活ブロガーな僕ですが、これまでもご紹介してきたように主戦場は「エクシオ」と「県主催イベント

記事を読む

「彼女が欲しいけどニートだから」と思ってしまう人は恋愛階級を知るべき

モテる努力……というか、「出会いの総量」を増やす努力は必要ですよね。モテる/モテない、というのは

記事を読む

残念だけど恋愛に答えはない!【恋愛マニュアル本に金払っても解決しない】

恋愛ビジネスってすごいですよね。めっさ儲かるんじゃね?と最近になって思うんですよ。恋愛のマニ

記事を読む

「逃げ恥」から考える結婚から遠ざかる人たちの思考

逃げ恥ですが、好調のまま、最終回に突入しますねー。ぼくもブームに乗っかりまして。ドラマを見る

記事を読む

結婚って面倒臭くないですか?33歳独身の僕が感じる結婚への壁

結婚って面倒ですよね。 相手を見つけて交際、プロポーズ。相手のご両親への挨拶に、結納や

記事を読む

婚活イベントだけに頼るな【選択肢が増える罠】

久しぶりの婚活報告です。ちょいと前にカップリングした女性とデートしてきました。 フィー

記事を読む

「恋愛しない若者たち」から想像する2050年の恋愛・結婚観3つ想像してみた

久しぶりに衝撃を受けた書籍「恋愛しない若者たち」の感想ですよ。何に衝撃を受けたのかというと、

記事を読む

【婚活で注意された】リンクストアの良いとこ・悪いとこ

オミカレで知った「リンクストア」の婚活イベントに行ってきました。今まで行っていた婚活イベント

記事を読む

エクシオ婚活パーティー体験れぽ!女子の反応がイマイチな件

さんざん「行く行く」と連呼していた婚活パーティーですが、ようやく行ってきましたよ。申し込みを

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
糞つまらないゲームを惰性でやらなくなった【FF15を買った結果】

「買った以上は・・」みたいな心理でやっちゃうゲームってあります

20代のコムスメに35歳(男)の婚活必勝法を聞いてきた

「婚活して結婚する!」と言い出して1年以上。(去年の6月くらい

「給料が高いと超やり甲斐になる」という人の話【人生一発逆転!?】

仕事にやりがいを感じられない人は、高給な仕事を目指すことに振り

友達と婚活イベントに参加する女性は結婚が100%遠のく【断言】

「どの口がいうの!?」という話ではありますが、婚活イベントに参

ビットコイン終了のお知らせ【ワイが1万円分も買ったから・・】

「ビットコインは伸びしろが無いので買わない」とか言ってたんです

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑