*

僕がニートになるまでの歴史30歳編②~合コンに参加する幸せ~

公開日: : ニートまでの自分史

30歳くらいの自分に取って、最大の娯楽は「合コン」でした。労働者の特権とばかりに参加。僕は人生において、ほとんど働いていないので、働いている前提で参加できたことは幸せでした。

それでは前回はこちら

仕事を1年続けたけど死にたい

1年もまともに続けたことが無かった仕事。30歳にして、初めて1年を過ぎても継続している事実に驚く。だいたい、仕事といったら数か月で辞めるのが仕事観にインプットされていたもので。

ただ仕事はクソつまらないんだよなぁ・・。

相変わらず同じような仕事を繰り返す。その同じルーティン作業でも上手くいかない事も多い。うーん・・。介護の特性上、イレギュラーの連発は分かってるんだけど臨機応変さがないと勤まらないので苦しい。

少しでもレベルを上げた仕事がしたいとか、向上してもっとスキルを磨きたいとも思わなかった。怒られないならそれでいいという感覚

 

「嫌々でも生きていくために仕事をしなければいけない」と言い聞かせるんだけど、ぶっちゃけ生きるためにここまで苦労しないといけないのなら死んでも良いかなと思う。生きてもしんどい、死んでも悲しい。どこに行けば楽になるのやら。

死ぬことはしないまでも、今この瞬間を生きる自分に執着する意味を感じない。もう「人生と言う名の消化試合」に入っていると思っていたので、「死にたい」「消えたい」「面白いことが無い」と考えるだけだった。

 

スポンサーリンク

 

天井が見えた瞬間、人はやる気を激しく失う

1年もやってれば人間関係はそれなりにできてくる。もっと早い人は打ち解けるんだろうけど、自分みたいな仕事ができないタイプは、気安く話すだけでも勇気がいる。「仕事もできないのにヘラヘラ喋っている」と思われたくない

ただ、それでも時間が過ぎている分、「不器用だけど継続する人」というフィルターで評価はつく。そうしていると、先輩たちの給料の話や業界全体の裏話も聞けるようになっていく。

仕事はルーティンで飽きていたけど、給料とか人間同士の話は真剣に聞いていた。

これも良し悪しだけど・・。勤続年数が長くてバリバリに働いている人でも、○○万の給料と聞いた日には絶望した。自分よりもずっと仕事ができて、さらに一生懸命にやっている人が○○万。

「お金がすべて」ではないけれど、給料のために嫌な事を全部我慢して生きている自分には衝撃でしかなかった。カネと交換するために今と言う地獄を生きている意味が分からなくなる。

頑張っても○○程度か・・。そう思うと、軽めの仕事で月10万貰ってる方が、割合的には良いんじゃないかと思ったほど。どっちにしてもきついけど・・。

怒涛の2年目

本なども少しは読んだ。「仕事の中にやりがいを見つけよ」なんてありふれた話もあるけれど、本当に月○○万でそう思えるのだろうかと。完全に負のループに入ってしまい、精神的にきつい2年目を送っていた。

利用者であるお年寄りの前では、最高に孫キャラを放つけれど、その反動もやってくる。常に病んだ人になっていた。

この年だったと思うが、自分に取って幸せだった時間は「ドラクエ10」との3か月。3か月というのは、課金制だったことで限定して遊んだことにある。また、仕事とドラクエの往復生活がまずいと思ったので早々に止める決意を固めた。

このゲームは非常に面白く、ドラクエ信者の自分には癒しだった。たぶん、働いていなければ継続していただろうけど、引きこもり時代に似たような生活をしていた教訓から区切りをつけていた。

3か月で遊び終えて、きっちりやめたのはそれだけヤバいと思ったからだろう。

合コンに参加する

また、「働いている」という状態だけはひたすら活かし切るべきだと考えて、異性との出会いの場には参加していた。この頃は、合コンに誘ってもらったら男性同士でつながりが出来ていたので、別の合コンに参加するという形が頻繁にあった。

2~3か月に1度くらいだったかな。合コンに参加しては、とりあえずリア充みたいな感じで話す。内心は仕事を今すぐにでも辞めて、無職になるかもしれない男なのに。

普通に勤続年数などの話を周りがするが、自分は30歳にしてやっと2年目という事実が言いづらい。

「前の職場で色々あって今はまだ2年目なんですよねw」とか軽くごまかす感じで言うけれど、「まだ2年」というか「もう2年」という感じ。一般的に2年働くのは普通なのだそうです。

女子貯金を頑張る

こう振り返りながら書いていると、女子の存在は偉大だ。どこの誰だか分からない人が来るんだけど、日常がつらい分だけ素晴らしく良い出会いがあるのではないかと思ったり。合コンの予定が入ると、その日が待ち遠しかった。

ただ、仮に上手くいっても女性と一緒に人生を生きるイメージも湧かないので、合コンしている意味そのものが分からない事もしばしば。仮に付き合うことにまで発展しても、仕事を辞めている自分が浮かぶ。というか、もう辞める前提で生きている。働いているのに実質無職という気持ちが消えない。

合コンの日は、職場から直行していたのでいつも着替えを持参していた。気合を入れて張り切っていることを職場に知られたくないので、職場から出てこっそり大きな駐車場に止まっている車のウラで着替えたりしていた。

 

僕がニートになるまでの歴史シリーズ

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

子供は可愛いと思うが仕事はちょっと・・・~僕がニートになるまでの歴史24歳編⑤~

  ニートの歴史を続けておこうと思います。女性という存在と、ある一定の距離ま

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編③~保育士学校に挑む~

ふとこのシリーズを書いていて思うのは、「匿名と言えど自由に晒してしまうと書きにくい事もある」という事

記事を読む

発達障害で『療育手帳』を取得して感じたメリット・デメリット~僕がニートになるまでの歴史番外編~

  療育手帳を取得した頃の話を書きましたが、長い間リアルではずっと人に話せま

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 高校3年後編 不登校から地獄へ

      前回の高校3年生の前編の話ですが

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史25歳編④~事務職は眠くなるという発見~

  書いていて思ったのですが、20代中盤ってぼんやりとしてるんですよね。もち

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史26歳編③~シュレッダー人生はちょっと・・~

  ぶっちゃけですよ!?ぶっちゃけこのコーナーを完成させて、まとめたのを電子

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編④~福祉業を甘く見てるやつらのクソ加減~

「文章表現さえ変えれば、ニートの歴史も小説風にリライトできるんじゃね?」と思い始めたので、語

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史31歳編②~半年で成果を出すつもりでアフィはじめた~

今の生活土台となるアフィリエイトを始める話です。もう少し以前に、アフィリエイトをやりたいなと

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 0~3歳期

ニートになる人はどんな人生を送ってきたのか?というテーマで 少しずつニートに至るまでの経歴

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編⑤~あの日ぼくが助けを求めたのは民家でした~

僕歴シリーズ23歳編も⑤まで来ました。長いですが、それだけ自分の中で転機となっていた時期でも

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
都市伝説なの?出会いたくなる都合のいい女性の特徴3つ

婚活がしんどい・・。真面目にお相手を探して、さっさと結婚に向け

「女子ウケする趣味」の一覧をチェックしてみた これは一理あるぞ

婚活イベントに向けて、じぶんのプロフィールを見直しておりました

「副業がバレないか怯えながら働くこと」を望む会社が43%ww

中小企業の43%もが、副業を認めないそうです。最近は社畜ネタも

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事を

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑