*

発達障害で『療育手帳』を取得して感じたメリット・デメリット~僕がニートになるまでの歴史番外編~

 

療育手帳を取得した頃の話を書きましたが、長い間リアルではずっと人に話せませんでした。ここ数年は自然に語れるようになった話のでいいんですけどね。あの頃は取得するために率先して自分で動いてはいましたが、僕自身あまり「障害者」という実感もなかったですし、「障害者」と周りに伝える事に抵抗もあったと思います。

ただ、それも20代独特の視野の狭さや幼かった部分があったからだとも今は思います。手帳取得後は、恐る恐るそれなりの関係を築いていた人にだけ伝える事もあったのですが言ってみると、意外と反応は薄かったりと逆に僕が驚く事もありました。実際のところ、世間の人は自分が思っているほど自分に関心を持っていないという事です

僕も人の悩みを聞いていると感じるのですが、抱え込んだ分だけ”その人の中でのみ”大きくなっている事はわかります。ちょっと距離を置いて考えるとそんなに大きな事で無い事まで大きくするのが自分の中の悩みですよね。人として生きてたら、大小なり言いにくい悩みを持つ方が当然だとさえ思います。

また手帳の話をすると、色々と聞かれる事も多いです。「実は自分もボーダーラインにいて取得すべきか悩んでいるんです」とか「メリットやデメリットはありますか?」という質問は特に多いですね。せっかくなので、今回は療育手帳を取得して感じた事や、そこから発生したメリット・デメリットを書いておこうと思います。

 

スポンサーリンク

 

取得していちばん変わったのは「納得」した事

精神的にはかなり変わったと思います。

今の僕は、良くも悪くも「障害者」という感覚で生きています。「”一般の人”と”障害者”の線引きをする必要はないのでは?」と言われる事もあるのですが、それは僕に該当させられない考え方で、僕は障害者だと判断されている方が救われている感覚があります

どれだけ頑張って努力しても起こしてしまう不可解なミスは自身で納得させられないんですよ。失敗やミスには原因があって「あ、この失敗の原因はこれだったな」と反省できるから次に繋がるわけです。それが僕の特性上、どれだけ反省して気をつけてもまた起こってしまいます。そうなると、僕も原因が特定できないまま総叩きにあいます。

作業効率のおかしさへの指摘を受け続けると、色んな職場で色んな人から「頭がおかしい」と言われるんですよ。確かに僕の行動はおかしいでしょう。しかし、僕もやりたくてやってるわけではないんですよね。だから困っているのです。

この部分が「発達障害だったのか!」と自分の中で解釈できると少し違います。

納得できる理由があれば、少しだけ気持ちが楽なのです。特に手帳があるからといって、僕の持つ特性上のミスが改善される事はありません。ただ、自分でもわからない、他人から見てもわからない事に対して「おまえ頭おかしいぞ?」と叩かれる続ける事にはうんざりなんです

手帳という形にしなくてもいいですが、僕は形として堂々と主張する方を選びました。

手帳で結婚が不利になるのかは気になった

冒頭でも書いていますが、取得して人の反応が大きく変わる事はありませんでした。ただ、親はうるさかったです。「障害者と認めたくない」という感覚がひしひし伝わってきたので。「別に手帳持ってるか持ってないかくらいどうでもいいだろう」という息子の感覚はあまり分かってもらえない感じです。

もちろん親が反対する理由はあって、「障害者として気持ちが進んで、何事にも後ろ向きになるのではないか」と心配しての意味もあったようです。結果的に生きやすくなる方向に進めたら良いと僕は思うのですが、親としては「結婚相手には見せるな」など先々を心配していました。この毒親の言葉もまんまと吸収してしまい悩みましたが。

僕は働きませんけど、好きな異性はできるわけです。その度に近づいて仲良くなろうとするのですが、同時に「手帳の事は隠さないといけないのか・・」と勝手に不安になっていました。これもかなり長い期間で悩まされましたが、「手帳に引く女性」というのは僕の親の考える女性像だと気がつけなかった僕がまずかったように思います。

僕がここから抜け出せたのは、手帳取得の状態を知ってからでも相手をしてくれる女性がいたからだったりします。「手帳があると結婚に不利だと思う?」と相談をしても「手帳の有無で結婚白紙はないでしょ」という意見をくれる女性たちと話す機会があったのは大きいです。

もちろん内心は無理と思われているかもしれませんが、本当に関係ないという感じで言っていたので女性陣の意見は信じています。むしろ手帳の事はどうでもよく「それよりも仕事はしないと結婚できないんじゃない?」と全うな事は言われてきましたが・・。

 

メリット

実はメリットらしいメリットが見えにくかったりします。

でもいちばんメリットを感じるのはバス半額です。僕は基本的にバスに乗らない方ですが、それでも乗る事はありますので助けられます。この間だと大阪に行きましたし、その前になると宇和島のアレも観に行ってます。電車は長距離でないと効果がないらしく使った事がないんですよね。

あと、ドコモのハーティー割引というのを使っています。元々が一番安いプランしか使わなかったので、割引されても少しですがドコモさんに感謝です。出かけるなら「障害者手帳で行こう!全国版」などを見て頂けるとわかるのですが、使える範囲はそんなに広く無いという感覚です。金銭的な話だとこれくらいですかね。

税金関係はよくわかっていません。働いている時に、なんか言われた事もある気がするのですが・・。実際に働いている期間が短い&すぐに辞めるのでわからないんですよね。

障害者枠への応募が出来るようになるのは、ハッキリとした制度を使えるメリットです。ただ障害者枠を使っても、給料面で見ると生活できないレベルのところが多いです。基本的に家族と同居しながら~が前提にあるようにも思っています。僕はその部分がネックで、自分で生きれるように生活を組み立てようとしていたりします。

また精神障害の手帳を持ってる方などは、不調状態から復帰するためのステップに使われていたりしますね。いきなり一般の人と働くのが厳しいなら・・という感じで。僕もそういう使い方もしていたのですが、やはり給料が少ないと「今後の生活が不安」と感じるので使わなくなっていった感じです。

 

デメリット

障害者枠を使い始めると、ハロワでは障害者専用の窓口に行くようになります。ただ能力的、状態的に余裕があっても、完全に障害者として扱われる事もあるので、後々に大変な思いをする事もあるようです

僕もなんだかんだで「一般枠で仕事をしないと生きて行けない」と感じて一般に向かい始めたのですが、職員さんからは「あらたさんの障害の状態から考えると一般枠は厳しいのではないか」とか「就職より職業訓練を受けた方が良いのでは」という方向で話を進められる事はありました。

もちろん僕は、仕事をしてもすぐ辞めるので職員さんから見ると「厳しい」というのはわかるんですけどね(笑) ただ、それでも一般でやって稼がないといけないと感じて「とにかく先方に面接だけでも受けたい事を伝えてください」と押していた事もあります。

やっぱり一般枠で受けようと思っても、障害者窓口を経由する必要があるので、事情を知らない人と話すのが面倒と感じる人もいるでしょう。これはデメリットだと思います。

 

一般の人なら普通に受けられるところが「障害者だと厳しいのでは」フィルターが入るのは面倒かもしれません。僕はもう「一般の人」として働く事に憧れがなかったり、いざとなればニートのウラ就活マニュアルを使って派遣とかに潜り込むのでいいのですが、ハロワから仕事に繋ぎたい人は手帳取得前に考えた方がいいかもしれません。

僕の通った障害者窓口の担当者さんは、僕が精神的に落ち込んで潰れかけた時から面倒を見てくれていたのでかなり心配はお掛けしたんですけどね。悪くはされないので、事情を話せば親身になってくれるところが大半だと思います。他所のハロワ知らないから言い切れませんが。。

そうは言ってもハロワというのは良いところです。何より大きいのは「失業保険」です。仕事を一定期間勤めていたら辞めても出してくれますし、それなりに真面目に通った事を評価してくれる制度ですので。失業保険は軽視できないという事ですね。

仕事のデメリットを書いていますが、ハロワに絞らず派遣なども使うと考えられたら視野を狭める必要はないと思います。僕も色々と就活してきて、独自のやり方で色んな職場に潜り込んでいるので(笑)

最後に就活ルールとか無視のニート向け就活支援マニュアルを貼っておこうと思います。

 

障害者枠だと生活やっていけないというのは悩みとして多いと思う。管理人あらたのプロフはこちら。

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

僕がニートになるまでの歴史~高3から不登校までの道のり前編~

前回の僕がニートになるまでの歴史シリーズ高校2年の話はこちらから。 今回は文字数が多くなるので前編

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史32歳編~月収は800円~

「アフィリエイトをやらせてくれ」と親に頼んだところで止まっていました。ということで、久しぶり

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史25歳編④~事務職は眠くなるという発見~

  書いていて思ったのですが、20代中盤ってぼんやりとしてるんですよね。もち

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史30歳編②~合コンに参加する幸せ~

30歳くらいの自分に取って、最大の娯楽は「合コン」でした。労働者の特権とばかりに参加。僕は人

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編⑤~くだらねえ職場はこっちから願い下げ~

ようやく28歳編も終わります。前回記事はこちら。第五回まで進んだのは最長?ですね。それだけこの年は詰

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史27歳編②~子供のためにピアノを弾くよ~

  27歳編は前回で終わってたつもりが、書かないといけない話があったのを忘れ

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史31歳編②~半年で成果を出すつもりでアフィはじめた~

今の生活土台となるアフィリエイトを始める話です。もう少し以前に、アフィリエイトをやりたいなと

記事を読む

不登校、引きこもり、ニートになる前に知っておきたかった3つの事

      ニートになるまでに知っておきたか

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~この世から消えたい高2男子の日常~

  前回の高校1年編はこちら。   必死になり訴えた、

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編③~理想は就活してるフリで人生終わる事~

  お待たせしました!お久しぶりの「僕歴シリーズ」です。前回までの続きを書い

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
糞つまらないゲームを惰性でやらなくなった【FF15を買った結果】

「買った以上は・・」みたいな心理でやっちゃうゲームってあります

20代のコムスメに35歳(男)の婚活必勝法を聞いてきた

「婚活して結婚する!」と言い出して1年以上。(去年の6月くらい

「給料が高いと超やり甲斐になる」という人の話【人生一発逆転!?】

仕事にやりがいを感じられない人は、高給な仕事を目指すことに振り

友達と婚活イベントに参加する女性は結婚が100%遠のく【断言】

「どの口がいうの!?」という話ではありますが、婚活イベントに参

ビットコイン終了のお知らせ【ワイが1万円分も買ったから・・】

「ビットコインは伸びしろが無いので買わない」とか言ってたんです

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑