*

僕がニートになるまでの歴史26歳編①~ニートは障害者手帳を取得した~

 

珍しくツイートを貼ってみました。これは先日、僕がブログを書くきっかけとなった憧れのプロブロガー・イケダハヤトさんから頂いた嬉しいツイートでございます。人と関わるのが嫌いな僕から大好きになって、更に会いたいとまで思った男性は後にも先にも彼くらいです。会いに行った時の記事はこちらから

しかもイケダさん、さらっと「本にしたら売れる」とまで書いてくれている!僕が電子書籍デビューしたらブログ読者さんにウケるかなw「ニートの歴史・完全版~ブログで語れなかった秘話も完全収録~」みたいに編集して、書くのを躊躇った秘蔵ネタぶち込むみたいな。そして女性の前で「今度おれ、Kindleでエッセイ出すんだよね」とか言いたい。

そんで「ここ2年は執筆作業が忙しかった」とか言えば、無職になってからの空白の2年もチャラとかあるんじゃないか。という妄想をしてみたけど、内容が内容だけに女子ウケは微妙か・・。いや「キミの為に書いた」とか言えば・・。というか「妄想する暇があるならさっさと書け」という話なので26歳編スタートします。そして前回はこちら

スポンサーリンク

 

26歳で「発達障害」の疑惑が浮上

26歳の年も相変わらず無職なのだけど、この頃からは通っている病院で「発達障害みたいな感じなのかも」と言われるようになる。少々ビックリしたけれど、実は病院で言われる前に少しだけ頭に「発達障害」という単語は入っていた。というのも、自分が働く上で困難に感じている事は以前からネットで検索していたからだ。

その中で自分が苦手とする作業や、起こしてしまう仕事中の失敗に「発達障害」が関係しているかもしれないという情報があった。2ちゃんねるだったと思う。ただその頃は漠然とネットに書かれているだけの障害に自分が該当するとまでは思わなかった。どちらかというと「俺の場合は発達障害という感じでもないか」くらいのスルー気味。

というのも、発達障害の特性を語る上で並べられやすい「子供時代の困難」が自分にはほとんど当てはまる気がしなかったからだ。「落ち着きが無い」とか「どうしても理解できない学習科目がある」とか「自閉的」など自分の記憶にもなければ、周りにそういった生活態度で迷惑が掛かっているなど注意を受けた事も無い。

まあ、実際のところは伸び伸びした小学校だったり、周りが大らかな先生たちに囲まれていたという面もあるかもしれないが、そこを差し引いてもやっぱり自分は「発達障害」とは無縁かなという感想。なので、病院でそういう傾向があるかもしれないと言われた時は、戸惑いという感覚がいちばん強かった。結局どっちなのみたいな。

病院では「発達障害のサイト」を教わったり、パンフレットをもらった。そして自分で改めて調べるようになる。

 

サポステで相談、専門機関で診断

当然、病院で言われただけの自分はモヤモヤしている。もし「発達障害の影響」で自分の仕事に混乱が出ているのであれば納得できそうな半面、やはり自分に「障害」があるというのは受け止めにくい。おそらく自分を他者が見ても「障害者」とは受け取らないだろうし、自分もそう思うからだ。

とりあえず「病院でこういう事を言われたんですが・・」的な感じで、通っていたサポステで相談してみた。するとちょうど発達障害の事に詳しいカウンセラーの方だったので、色々と話を聞き実際に専門の機関に行ってみるほうが良いのではという話に。色々と自分の事なので、どうなっているのかは知りたいと思い専門機関に足を運んだ。

そして「発達障害かどうか」という試験みたいなのをやったのだけど、これまたグレーな範囲との結果。他にも関係機関に行ったけれど、どこも最終的な結論としては「あらたさんに取って、発達障害と言う診断がある事で生きやすくなるのであれば障害者手帳は出せますよ」という話。

この判断が出てからは、「やっぱり自分は微妙にややこしい状態なんだなぁ・・」という複雑な思いになったり「こりゃ俺の力ではどうにもならない事ですわ」と開き直る感覚もあった。「自分のせいでは無い」と思えた事は楽なんだけど、解決には繋がらないので微妙は微妙

そして診断結果よりも、どちらにしても仕事は探さないといけないのが辛かった。相変わらず親からのプレッシャーが酷いので、家にいるにも落ち着けない。「もう何でもいいから俺を雇え」というヤケクソ感も出てきたり。

そして障害者手帳があると「障害者枠での就職」という選択肢も出てくると聞いたのでとりあえず取得してみる事にした。父親には全て内緒にしたが、母親には手続き関係で関わってもらう必要があったので話は伝えたが「手帳は必要なくなったら返せるの?」とか「一般枠で働けなくなるの?」と聞かれるのみ。そんな話ばかりでうんざりだった。

 

「障害者手帳」を手にしてみての感想

障害者手帳にも色んな種類がある。自分が貰ったのは「療育手帳」という知的障害者の手帳だ。貰う前から分かっていた事だけど、いざ受け取ると若干精神的な重みを感じた。手帳取得は自分から手続きしたとはいえ不思議な気持ち

しかし手帳は自分なりに武器にするつもりで取ったので、さっそく「障害者枠」での合同面接会に出て行く事になる。ハロワの使い方も「一般窓口」を通さず「障害者窓口」を通して手続きするようになった。

今でこそ障害者も慣れっこだけど、最初の内はこういったちょっとした差に戸惑いがあった。「一般という感覚は疲れるけど、障害という感覚にもならないんだよな」みたいな。手帳取得からは「一般」という枠から離れる事になる。

不登校、引きこもり、無職、ニートなど色んな呼ばれ方をしている人生だけど「発達障害者」というのは独特な感覚。これを人に言うと「嘘!?全然わからないんだけど、そもそも何?」とか言われるし、返す言葉も無いので「俺も自分でわからんw」みたいなノリで生きている。

 

「僕がニートになるまでの歴史」これまでをまとめて読んでみる人はこちら。(幻の原稿www)

 

親父には内緒のまま数年が過ぎるという・・(笑)そんな管理人あらたのプロフはこちら

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

「罵声が飛び交う職場などバックレで解決だ」と過去の自分に伝えたい~僕がニートになるまでの歴史24歳編②~

  先日も書きましたが、ある程度はまとめて書いた方がこのシリーズは書きやすい

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史29歳編②~罵声きついけど頑張った話~

気がついたんですが、同じ職場で1年をまたぐ経験がここまで無かったですね。「次は30歳シリーズ

記事を読む

看板持ちの仕事なら一生やれる気がしたよ~僕がニートになるまでの歴史25歳編①~

  「ニートになるまでシリーズ」も25歳編まできました。働く事が怖いのでもう

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 ~高1編 ぼくとDQNと学級崩壊~

    義務教育を終えたものの、まだまだ降り注ぐ学業の恐怖。

記事を読む

不登校、引きこもり、ニートになる前に知っておきたかった3つの事

      ニートになるまでに知っておきたか

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史  ニートの卵の小学校1~3年生編

    何とか地獄の保育園は脱出したと思いきや、またも試練が

記事を読む

子供は可愛いと思うが仕事はちょっと・・・~僕がニートになるまでの歴史24歳編⑤~

  ニートの歴史を続けておこうと思います。女性という存在と、ある一定の距離ま

記事を読む

発達障害で『療育手帳』を取得して感じたメリット・デメリット~僕がニートになるまでの歴史番外編~

  療育手帳を取得した頃の話を書きましたが、長い間リアルではずっと人に話せま

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史30歳編①~イケハヤ信者になる~

歴史シリーズも、いよいよ三十路イヤーに突入です。ここ数年の話になっていくと、かなり記憶も鮮明

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~この世から消えたい高2男子の日常~

  前回の高校1年編はこちら。   必死になり訴えた、

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
「給料が高いと超やり甲斐になる」という人の話【人生一発逆転!?】

仕事にやりがいを感じられない人は、高給な仕事を目指すことに振り

友達と婚活イベントに参加する女性は結婚が100%遠のく【断言】

「どの口がいうの!?」という話ではありますが、婚活イベントに参

ビットコイン終了のお知らせ【ワイが1万円分も買ったから・・】

「ビットコインは伸びしろが無いので買わない」とか言ってたんです

5年ぶりに合コンやって気づいたメリット【婚活リスク分散】

かれこれ婚活イベントに参加してるんですが、なんていうか手ごたえ

初めて仮想通貨を買ったんだが!

仮想通貨をやるために、取引所に申請してたんですが。本日からやっ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑