*

僕がニートになるまでの歴史29歳編②~罵声きついけど頑張った話~

公開日: : ニートまでの自分史

気がついたんですが、同じ職場で1年をまたぐ経験がここまで無かったですね。「次は30歳シリーズか」と思ったんですけど、書く内容は同じ職場の話なのであまり変わらないような・・。自分の職歴を思い返しても、働いてない期間の方が長いので当たり前と言えば当たり前なんですけどw

それでは前回を参考にどうぞ

掃除を毎日する意味がわからない

施設に入ってからは、すぐに実践的な仕事に入る。介護という業種は、実際に利用者の隣にいて初めて仕事が成立するので、あまり研修などそういうのはない。

立場は非正規なんだけど、周りの人は健常者・正社員。一般就労はここが久しぶり。「障害者枠では物足りなさを感じる!」と意気込んでいた分、互角に働く気マンマンだった。「今までの自分とは変わったはずだ!」みたいな。

といっても、朝が早いのでやる気は軒並みダウンだったんだけど。

もう思い出しただけでもしんどいんだけど、朝は掃除から始まる。これが意外と今までの職場は雑にしてきた。まあまあ適当でよかったというか。ここはキッチリした施設で、丁寧に磨くことを細かく指導される。

ぶっちゃけ「掃除は毎日しなくていい」という思考の自分なので、「毎日の掃除を丁寧に」と言われると苦痛。まあ、ダメ人間というやつですな。

昼から働く場所も多く経験したせいか、「あさイチの掃除」という業務に対してやる気が出ない。もちろん家でも掃除の習慣ナシ。なので、掃除の時間から超苦痛を味わう。「この掃除の時間があるなら、もう少し遅く来てもいいじゃん・・」的な。

我ながらひどい介護スタッフだ(汗)

 

スポンサーリンク

 

とりあえず聞く病

短大を卒業して働いたスーパーで自分は、とにかく何でも社員に聞いて怒られていた。「すぐ聞くな」「考えろ」とこっ酷く言われていた・・。それがこの職場に入っても出てしまう。何かと上司に聞くのだ。

「これはどこに片づけるんですか?」

「○○はどこに置いていますか?」

「利用者さんの○○はいつくらいに準備しますか?」

気を付けていたつもりだけれど、何かと質問するクセ。そうすると決まって怒られるんだけど、この職場の上司は怒りながら理由をつけて回答してくれている。

「いつも聞くけど、聞かずにやりなさい。周りの人がやっていることを真似ればいい。いつも聞いていたら、一生ずっと誰かに確認をしないと不安で仕事が進まない人になる」

怒られていただけでは理解できなかった。「先輩の仕事を盗め」と言われても、それをする意味もよくわかってなかった。そういう自分に対して、この上司の言葉は理解できた。

まあ、一言で言うなら「ググレカス(※自分で調べて考えろ)」という話だ。

これは、初めて働き始めた自分に教えてやりたい事でもある。ただただ怒られていただけでは、何も理解できない自分みたいな人もいる。

あらた家のメモ

実はこれ、「我が家の習慣」が影響している。何かと会話の中で、どうでもいい質問が繰り返されるのだ。オヤジもおかんも何かと物事を聞く。それも半端ない低レベルな話。思えば子供のころからだった。

冗談に聞こえるかもしれないが、これは本当の話だ。例えば珍しいお菓子を手に入れる。すると母親は「どうやって食べるのこれ?」と自然に言うわけである。父親もそれに対してすぐ答えるという具合だ。父親もどうしようもない話を質問する。会話の中で、こういう質問は自然と発生する。

毒親というか、これは完全に俺の人生に影響するエラーの原因じゃないか!?w

幼少期からこんな流れを経験していたら、そりゃ格差も開くでしょうに・・。逆にこの環境に育ってまともになる方が少ないと思うよ。いや、マジで。久しぶりにいうけど。この環境はハンデ以外の何物でもないですよ。「自分の頭で考える」なんて遠い話です。

結論:俺は全然わるくないと思ってる。

 

仕事は上司次第で変わってしまうと実感

この職場では、今までにないくらいボロクソに言われた。「何をやらせてもダメなスタッフ」というのはどこにいても言われたが、ここでは露骨に言われた。ここの場合は、思ったことを口にする習慣があったというか。

気に入らない事があればその場で言われる。「おかしなことがあれば注意をする」という雰囲気があったので、普通は言わないだろうという事もその場で言う。罵声は連発され、プライドもずたずたで病むけれど、話の筋は通ってるみたいな。

その場で発言する人たちなので、後には引かない事を理解した。陰で言われる気がしなくなるほど、露骨に目の前で言われるのでかえってすっきりするというか。自分は仕事ができないので言い返せないのがキツイ・・。

 

また、キツイことを言う分だけ教えることに関しては徹底してくれている。今この瞬間で何を考え、何をすべきか、どのようにすべきかといった具合に。介護の難しい点は、お年寄りという利用者が常にトラブルを起こすことを想定して仕事をしないといけない点。

臨機応変さ」に関しては、ほぼ無いに等しい自分の感覚に当てはめるとかなりきつい。

ましてや注意力欠陥という特性があるので、何かと無理なことが続く。それでも毎回のように指導されるので、出来ないなりにも行動に変化は起こる。

気を利かせ、人がやって欲しい事を先回りして準備するなど、文章にするとややこしい仕事術を学んでいった。

社会に対しては憎しみしかなく、教わった仕事術はことごとくゴミ箱に行く中、ここで教わったことだけは今の自分の中に役立っている部分が多い。かなり罵声も浴びたのだけど、このころはメンタルも強化されていたと思う。

ただ最終的に病んで辞めてるので、やぱりメンタル強化も良し悪しである。病む前に辞めろが鉄則かな。

ニートの歴史をすべて

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

僕がニートになるまでの歴史29歳編①~就労初日でウツ確定~

前回はこちら。少し期間が空いてますが、やっと30歳手前まで来たな~という感じです。ブログを始

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~22歳編④フラれたショックで入院した~

  僕歴シリーズ2004年度版も今回で最後です。パート④まで進んだのは今回が

記事を読む

サポステに通うニートたちの卒業を見ると焦る~僕がニートになるまでの歴史24歳編⑥~

  今回で、24歳編もラストになります。前回を未読の方はこちらからお読みくだ

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史30歳編②~合コンに参加する幸せ~

30歳くらいの自分に取って、最大の娯楽は「合コン」でした。労働者の特権とばかりに参加。僕は人

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編②~ブラックとはまさにここ~

最近まで読んでいた「営業と詐欺のあいだ」という本に、「身近に起こるマインドコントロール」が書

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 3~6歳 保育園投獄編 ~あなた何組さん?僕は負け組さん~

    前回の僕がニートになるまでの歴史0~3歳編では 記

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編③~保育士学校に挑む~

ふとこのシリーズを書いていて思うのは、「匿名と言えど自由に晒してしまうと書きにくい事もある」という事

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編①~就活のスタートすらわからん~

  「僕歴シリーズ」も短大卒業の年までやってきました。22歳編と同様に、長く

記事を読む

パワハラされても気になる女性がいたら辞めないという話~僕がニートになるまでの歴史24歳編③~

  「ニートの歴史」をさっさと進めたい感が出ています最近。もともと、この企画

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編①~目標のある人は楽である~

前回の27歳編では「あと一回だけ書く」と言いながら、そんなに書く事が無かったので28歳編をス

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
糞つまらないゲームを惰性でやらなくなった【FF15を買った結果】

「買った以上は・・」みたいな心理でやっちゃうゲームってあります

20代のコムスメに35歳(男)の婚活必勝法を聞いてきた

「婚活して結婚する!」と言い出して1年以上。(去年の6月くらい

「給料が高いと超やり甲斐になる」という人の話【人生一発逆転!?】

仕事にやりがいを感じられない人は、高給な仕事を目指すことに振り

友達と婚活イベントに参加する女性は結婚が100%遠のく【断言】

「どの口がいうの!?」という話ではありますが、婚活イベントに参

ビットコイン終了のお知らせ【ワイが1万円分も買ったから・・】

「ビットコインは伸びしろが無いので買わない」とか言ってたんです

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑