*

僕がニートになるまでの歴史  ニートの卵の小学校1~3年生編

公開日: : 最終更新日:2014/10/11 ニートまでの自分史 , , ,

 

 

何とか地獄の保育園は脱出したと思いきや、またも試練が待っていた。
と言っても、小学校時代が人生のピークと思っているほど楽しいこともあったが。

しかし、今回の小学生前編は辛い思い出が浮かぶ・・・。

 

1年生 涙の記憶

 

 

ピカピカの1年生。夢と希望を背負った俺は小学校に入学した。
通っていた保育園とは、全く無縁の別の場所に引っ越してのスタートだったため
「知り合いゼロ」という完全アウェイ

 

1年生の始めは、なぜここ(教室)に座っているのだろう?という不安な気持ちだった。
何をするにしても怖かったし、不安だった。

 

何をする場所かという事も理解していないし
とりあえず行かないといけない場所という事で母親に連れて行かれるという状態。

 

学校に到着すると上級生が、教室まで連れて行ってくれるシステムだった。

 

学校が始まってすぐの頃は教室内でずっと泣いていた
なぜここに来ないと行けないんだ。

知らない人ばかりでどうするのだと不安で泣いた。
ひたすら泣いていたのは、俺くらいだったように思う。ひたすらグズグズ泣いた。

 

 

 

 

保育園時代と変わらず、新しい場所に馴染めない。
ある程度すると馴染んでくるのだけれど、最初はどうも時間がかかるらしい。

 

 

どれくらいで学校生活に慣れたかは記憶にないが、周りから遅れてやっと勉強する場と
理解できた。気がつくと授業は受けれていたという感覚だ。

 
その他に、地区別生徒集会というのがあって、長期休みの前には必ずあった。
それぞれ集団登校している班の地区に分かれて教室を移動するのだけど
1年生のうちは自分の地区の上級生に迎えに来てもらい連れて行ってもらうのが決まりだ。

 
だが、ここでまた突然の教室移動イベントという変化に対応できない俺が出る。
移動先でまた泣いているのだ。

 

先生が「何があったんだ?」と1年生が誰かに何かされたのでは?と疑問を抱く。
周りに聞くも特に思い当たる節がある子供はおらず「わからない」と答えている。
そりゃそうだ。俺が勝手に泣いているだけなのだから

 

 

給食の時間のことも覚えている。

 

1年生は自分たちで給食をよそう事が難しいので
お昼になると6年生が教室にやってきて、よそってくれる。
この時にいつも来てくれる6年生のお姉さんが可愛かったのを覚えている。

 

特に良い思い出もない1年生だけど、この給食の時のお姉さんはいつもニコニコしていて
来てくれるのが楽しみだった。

 

しかし、この頃に微妙に俺に好意を抱く女子がクラスにいて
意味不明な抱きつき行為をしてくる子がいた。

 

その抱きつき女子がこのお姉さんの前で
なぜか「あらた~」と抱きついてきたのを覚えている。

 

小学6年というと、思春期なので俺と抱きつく女子を見て「わぁーww」と友達と騒いでいた。
終わったと思った。俺たちの夏は終わった。

 

特に何かお姉さんに伝える気持ちも無いが
「違うww俺はこいつとは何も関係ないんだww」という思いがあったのだけは覚えている。

 

スポンサーリンク

 

2年生で人生初の「ズル休み」

 
2年生になると、少し落ち着いてきている。
1年のクラス全体がそのまま2年生になるのであまり問題はなかった。

 

2年生になると学級委員を決める制度があるのだけど誰がやるか?という話に
なった時に投票が行われた。

 

 

そして俺にもなぜか複数の人からの投票が入った

 

 

少し、この頃はおふざけも出来るほど慣れてきて、クラスとコミュニケーションを
取れていたのもあっての投票だったのだろう。

 

結局、勉強ができる子が1位で委員になったけど・・。

 

 

そういえば、この学級委員になった男の子は委員に選ばれてからすぐに
学校にこなくなっていた。本当に一瞬ですぐに学校に来なくなっていた。

 
あの頃は不思議だったけど、過度のプレッシャーがかかっていたんじゃないかな。
「そんなに辛いなら自分が変わってもいいのに」なんて思った記憶がある。

不登校って幼稚園や低学年の子供でも起こるというが、あの子もそうだったのだろう

 

そして、委員長の代行を決めねばならない。

 

投票で2位だった俺が順当に行けばなっておかしくないのだけど
ここでも代役に選ばれる事もなかった(笑)

 

クラスの子からぼちぼち慕われているというか、仲良くしてもらえるという
くらいでは微妙と思い、先生が選んだのだろう。

このように順調に小学校生活に馴染め始めたかなと楽しく過ごしていた。

 

ところがどっこい。

 

ア レ がまたやって来た。

 
保育園以来の鉄棒地獄が待っていた・・・。

 

 

 

 

逆上がり補助の道具までスタンバイされて、練習をするのだけど上がらない。
練習しても練習してもまったく出来ない。俺みたいな生徒は本当にごくわずか。
もうこの時に俺は嫌でしようがなかった。

 
次から次へと周りから喜びの声が上がる。

 

「やったーww」「出来たww」

 

周りからの成功の声がさらに俺を追いつめる。
孤立していく俺は、どんどん回転する子たちを尻目に先生とマンツーマンで
逆上がりの練習をする。

 

先生は必死に俺を尻から支えて持ち上げる。
もう俺の力でなんか回らないので、先生の腕力一つで回らせるみたいな状態

 

 

今、回ったけど、コレ先生の腕力補正だからっ!!

 
また自分だけクラスでダメな存在と認識させられた。
そんな鉄棒強化シーズンのある日の朝の話だ。

 
逆上がりの日というのは、しっかりと自分でわかっているので初めてズル休みをした
小学生らしく「お腹が痛い」と言って休もうとした。

 

我が家は、学校を休む時の基準を設けていて、37度以上の熱がないなら学校に行けという家庭

 

熱がないと言って母親は怒るんだけど、俺はもう逆上がりが嫌になっていたので
何が何でも休むつもりだった。

 

これが人生初の「学校嫌!!」だったと言える。

 

どうも腹痛だけではインパクトが足りないと思ったのか、気持ち悪いとかの嘘補正を加えた。

休みの連絡を入れてもらい、その日は休みになった。

 

鉄棒なんか全部ねじ曲げられたらいいのに!!

 

 

3年生 安定し始めた時期

 

 

3年になるとクラス編成だ。

しかしここでは今までのような環境変化の面での不安はなかった。
1年の時からの友達も一緒に進級でクラスは同じ。友達もすぐ出来たし、勉強もそこそこ楽しんでいた。

算数はこの学年で初めて5段階で4を取った。親が喜んでいた。

 

学校が終わってゲームする友達も出来たり、近所でも頻繁に遊ぶ上級生が出来たり。
3年生での嫌な思い出というのが、ほとんど無くて結構まわりとふざけて遊んでた。
問題らしい問題の記憶が無い。

 

 

 

続きは小学校4年生編をよろしければどうぞ。

 

 

 

 

泣き虫あらたのニートまでのプロフィールはこちら

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

僕がニートになるまでの歴史~22歳編②ネット中毒者が青春のキャンパスライフを目指した話~

短大に進学すると通信時代に比べ、引きこもりっぽさは徐々に薄れていきました。しかし今度は外の世界との関

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編④~面接に間違って受かるという働き方~

  お久しぶりです。自伝である「僕歴シリーズ」の続きを書きます。定期連載です

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編⑥~去る者を追う無意味さを自覚しろ~

ニート歴シリーズ23歳編も今回で最後です。前回はこちらから。長くなりましたが、この年齢ラスト

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史26歳編①~ニートは障害者手帳を取得した~

このシリーズ、超読ませる。じっくりどうぞ。本にしたら売れますよこれ。/ ニートまでの自分史 |

記事を読む

パワハラされても気になる女性がいたら辞めないという話~僕がニートになるまでの歴史24歳編③~

  「ニートの歴史」をさっさと進めたい感が出ています最近。もともと、この企画

記事を読む

発達障害で『療育手帳』を取得して感じたメリット・デメリット~僕がニートになるまでの歴史番外編~

  療育手帳を取得した頃の話を書きましたが、長い間リアルではずっと人に話せま

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~22歳編③ 男は無職でも恋をすると背伸びするだろ~

少し間が空いてしまいましたが、引き続き今年も「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」を書いてい

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 中学一年生編 ~イジメがニートを生む~

今日は「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」の続きを書きます。 前回を含め小学校6年生編まで書いて

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 ~高1編 ぼくとDQNと学級崩壊~

    義務教育を終えたものの、まだまだ降り注ぐ学業の恐怖。

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編⑤~あの日ぼくが助けを求めたのは民家でした~

僕歴シリーズ23歳編も⑤まで来ました。長いですが、それだけ自分の中で転機となっていた時期でも

記事を読む

Comment

  1. はんぺん より:

    僕も「嫌なことから、逃げる性質はあったな」と思います。
    (あらたさんは違うかもしれませんが…)
    練習しない割に、練習した以上の結果を求めていました。空手の大会とか。
    いやらしい気持ちが強い。2くらいしか出来ないのに、結果は8くらい求める。

    自分を変えなかったから、なるべくして引きこもりニートになったのかもしれないです。

  2. はんぺん より:

    勝手に自分でプレッシャーをかけて、結局空手の大会から逃げました。
    1回戦で負けても良いから、行くほうが良かったです。
    行かないことが、一番最悪だったなと思います。

    これを中学校のテストとかでも、良くやりました。

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
母親(60代)が喜んだ格安SIM【DMM移行で気になった点】

ドコモのガラケー契約をしていた、ウチの母親なんですけども。

幸福の科学の信者さんとの思い出【映画とPRビデオを拝見した】

騒ぎになっているニュースと言えば、幸福の科学VS芸能事務所の騒

結婚に対してネガティブなイメージが湧くので対処を考えてみた

バレンタインですけど、もう年齢的にどうでもいいです。チョコもら

「自動車を持つこと」がステータスだと思ってる男はダサい

車が欲しいです。ステータスという意味で欲しいです。軽自動車で良

「労働条件の確認」をしたくらいで嫌われるなら入社しない方がマシ

確定申告をしている真っ只中でございますが、ネガティブにも失敗し

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑