*

僕がニートになるまでの歴史30歳編①~イケハヤ信者になる~

歴史シリーズも、いよいよ三十路イヤーに突入です。ここ数年の話になっていくと、かなり記憶も鮮明なので書きやすいですね。と言うわけで、30歳になったころのお話。前回の話はこちら

頑張って月10万の世界

毎日怒られながらも休まずに介護に通った。30歳という節目に職は持っているのだけど、苦しい時間を過ごしていることに変わりはない。生きている気もしない。何が苦しいのかというと、どれだけ頑張ろうと「月10万程度の給料」しか貰っていなかったこと

「能力的に周りについていけないのなら仕方がないのでは?」という意見もあるが、朝の8時~18時の10時間勤務でこれは厳しい。好きな事をやって月10万ならやっていける気がするけれど、奴隷みたいな感じがしてツライ。

低賃金で働くというのは、やりがいがある前提だと思う。

また、褒められることも基本ない。怒られるために通い、怒られることでお金をもらっている感覚。仕事への対価という感じがまるでない。自分の存在価値を見失いそうになりながら働いた。こんな感じなので、少しでも貧困脱出のために収入源を考えるようになった。そこで見つけたのが転売である。

 

スポンサーリンク

 

世間に嫌われてもやります。カネのためなら。

転売はネットで気軽に見つけた副業だった。人気している品薄のモノを購入して、高騰しているところをヤフオクに流すというかなり嫌がられる作業。テンバイヤーと呼ばれるが、これをやることで所得が増えるという安らぎを得たかった

会社から給料をもらうことでしかお金を作れないという世界に生きるのは苦しい。当時は、会社から月10万を貰う事でしか、お金を自分のモノにする方法が分からなかった。

必然的に月10万でやり繰りする人生設計しかイメージできなくなる。自己投資として何かを体験するなんて考えもできないし、いかに手元にある月10万を守るかという発想しかない。貧困ループはこういうところで起こると思う。この頃は、本を読むこともしていなかった。本くらいは借りて読んでいればよかった。

また、親元にいないと、生きられない給料だから焦る。「月10万から、いつになれば給料が上がるのか」と聞いてくる親が厚かましい。「能力的にコレなんだよ」と言っても信じてもらえない。だから転売に走って稼ごうと思った。モラルの問題よりも、自分の所得アップである

転売は怖い

転売で扱っていたのは、主にCDの初回限定版や品薄のゲーム機だった。自分の生きる世界の中で扱いやすい商材に手を出す。

ただ怖い。売れなかったら不要な物を買い取っただけになる。さすがに全買い取りはないが、マイナスにはなってしまう。リスクもありギャンブルにも思えた。在庫のリスクを考えると、あまり積極的に仕入れができない。本当に小遣い稼ぎをちびちびやる感じ。

仕事帰りに、少し離れた電気屋でCDアルバムを買い込んでみたり。よほど売れると感じたときは、そのまま店頭に並べてあるアルバムを10枚くらいまとめ買い。転売屋の印象を与えないように、パーティーイベントの景品になるように装う。すべての商品に対してプレゼント梱包を頼む感じだ。

店員さんも、梱包を1人でやると時間が掛かるため、慌ただしくスタッフが集まる。みんなで手分けして梱包する姿を見ると心が痛い・・

しかも、仮に1枚売れても1000円~3000円程度の儲け。在庫のリスクや、ヤフオクでのやり取り、発送の手間を考えるとかなり効率が悪い。休みの日を潰して、店舗を回って買い集めて家に帰って梱包をする。ちまちまやればやるほど、自分の人生が終わっていくようで、結局は転売を止めることにした。

仕事がしんどい

今になって、なぜあんなに介護がしんどかったのかが分かる。ずっと成長も無い中で、月10万でルーティンをこなすだけのロボットになっていたからだ。こうなったのは、能力的に周りに劣る自分のせいではある。しかし、これだとメインの仕事が回ってこないので、いつもサポート的な位置にいるだけ。

このままだと、自分が成長することもなければ、現状維持で終わっていく日常。利用者を相手に、それなりに対応は学んでいるが、ずっとこれが続くと思うとしんどかった。しんどいしスキルは伸びないしで、メリットが見えてこない。

人はそもそも成長したい生き物だと思う。前職は楽して金を貰えていたが、「これではダメだ」と思ってやめた感覚と似ている。厳しいのは嫌だが、それでも立ち止まっていたり現状維持はつまらない

成長欲求といえば聞こえはいいが、飽き性なのかもしれないが。会社はルーティン作業をする場なので、ある程度は仕方がない面もある。それでも能力が低い発達障害者として、簡単なことを繰り返す毎日がつらかった。

仕事のレベルが上がらないという事は、期待もされないし、自分の未来も切り開けない。ここにいても、使い捨ての駒として腐るだけのような。怒られることも多いので、自尊心も育たない。

結局、不登校だろうが、引きこもりだろうが、ニートだろうが、働いていようが同じなのだ。その場で将来が見えなくなるような生き方を強いられると、自然と不安に押しつぶされていく

だから働いて稼いでいても、根本的に生きづらさという問題を抱えていると苦しいままだと思う。

イケダハヤト登場

どこで知ったのか。この頃、イケダハヤトというプロブロガーの存在を知る。間違いなく自分はイケハヤ信者なのだけど「こんなに面白い人が世の中にいるんだなw」と見かけた時からストーカーのごとく追いかけるようになった。

知らない人のために説明すると、彼は「炎上ブロガー」と呼ばれ、普通は控えて言えないようなことを、バシバシ発言している人気ブロガーである。会社組織への疑問を多く投げかけ、賛否両論が巻き起こるため「炎上」が代名詞になっている。

そのため、イケダハヤトが好きか嫌いかの2極化が起こる事もすぐに理解した。自分は社会の矛盾がチョー気持ち悪いと思うタイプなので、イケハヤ節にハマった。

転売も上手くいかず、稼ぎ方に迷いがあった時期。今度は、アフィリエイトを考えるようになっていたので、イケハヤ氏の推奨するブログ運営を考えるキッカケになった。昔から、自分の体験を社会に訴えかけられたらと思っていたので、ブログと言う手段はマッチしそうに思えた。

さっそく「はてなブログ」に少しだけ書いてみた。「ひょっとして、俺の経験なら読んでもらえるのではないか」と期待して。10ページにも満たなかったが、少しだけテストで書いてみた。

しかし社畜脳が酷かった・・。会社で罵声を浴びて、ボロボロに落ちた精神状態。家に帰ると何もする気が起こらない。とりあえず寝て、次の日に備えないと生きられない自分に、ブログ運営は厳しく感じた

結果的に、ブログ活動は先の話になる。

イケダハヤトに会いたい

気がつくと、「イケダハヤトさんに会ってお話がしたい」という思いを抱くようになっていた。東京への旅行計画を膨らましたり、会ってもらえないか妄想した。ブログの話や、社会のおかしさ、また上から目線みたいで恐縮ながら「イケダさんの言っていることは正しいです」と伝えたかった。信者すぎるw

だが「イケダハヤトに会う」を目標にしても、現状ブログが10ページでは話にならないとも感じた。自分は引きこもって囲碁を打っていたが、トップクラスと打とうと思えば、ある程度のレベルまで進まないと対局が成立させづらい事を知っていた。

ブログにしても、今の段階で会えたとして、囲碁でいう初級者がプロ棋士相手に「ハンデ無しで打ってみようぜ」というくらい失礼な感じがしてしまう。

そこで、目標を立てた。

ブログをある程度書いてみて、そこからどうすればいいのかアドバイスを貰おうと。そうすれば、イケダハヤト氏に会いに行ける。会う計画を作りつつ、アフィリエイトの勉強も少し初めてみた。イケハヤ信者誕生の瞬間である。

 

 

2015年の夏、イケダハヤト氏にお会いできました。ファン活動報告はこちら

イケダハヤト氏とこんな会話をしました。ブロガーは歴史性と芸術性を意識すると面白い

 

ニートになるまでの歴史 全シリーズ

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

僕がニートになるまでの歴史31歳編①~強迫観念がきつい~

長く働いている人には意味が分からないと思いますが、2年も働くとそれなりにストレスが溜まってき

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史26歳編②~「障害者」として就活を開始~

前回は障害者手帳を取得した話を書きました。同時に手帳取得によるメリット・デメリットを書いてい

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編⑤~くだらねえ職場はこっちから願い下げ~

ようやく28歳編も終わります。前回記事はこちら。第五回まで進んだのは最長?ですね。それだけこの年は詰

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 ~高1編 ぼくとDQNと学級崩壊~

    義務教育を終えたものの、まだまだ降り注ぐ学業の恐怖。

記事を読む

これだから体育会系の集まりは嫌い~僕がニートになるまでの歴史24歳編①~

  「僕がニートになるまでの歴史」をしばらく書いていませんでした。24歳編を

記事を読む

発達障害で『療育手帳』を取得して感じたメリット・デメリット~僕がニートになるまでの歴史番外編~

  療育手帳を取得した頃の話を書きましたが、長い間リアルではずっと人に話せま

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~19歳の引きこもり生活(前編)~

  僕がニートになるまでシリーズですがしばらく書いていなかったので続きを公開

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史30歳編②~合コンに参加する幸せ~

30歳くらいの自分に取って、最大の娯楽は「合コン」でした。労働者の特権とばかりに参加。僕は人

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史26歳編①~ニートは障害者手帳を取得した~

このシリーズ、超読ませる。じっくりどうぞ。本にしたら売れますよこれ。/ ニートまでの自分史 |

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~22歳編① 働けないから短大生はじめました~

今回から夜間大学編に入ります。通信高校を卒業後、夜間大学を受験して合格という流れは順調に引きこもり生

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
都市伝説なの?出会いたくなる都合のいい女性の特徴3つ

婚活がしんどい・・。真面目にお相手を探して、さっさと結婚に向け

「女子ウケする趣味」の一覧をチェックしてみた これは一理あるぞ

婚活イベントに向けて、じぶんのプロフィールを見直しておりました

「副業がバレないか怯えながら働くこと」を望む会社が43%ww

中小企業の43%もが、副業を認めないそうです。最近は社畜ネタも

仕事にデメリットは付き物なので、粗探しをしても仕方がない

ニート、引きこもりの方に届けるメッセージです。 「仕事を

月収・年収にとらわれない仕事観【その働き方は正解か】

今の収入の得方を正解だと思えている人ってどれくらいいるんでしょ

→もっと見る


  • ☑就職・転職サイト利用ユーザー№1の実績
    ☑未経験・資格無しで始められる求人も豊富
    ☑リクナビID取得で、他の系列サイトも利用可能

    「就活のたびに求人サービス登録するのが面倒だ」と思うことはありませんか?

    しかし、その問題は一度にまとめて大量の求人が見れるリクナビに登録することで解決します。

    リクナビなら、求人数の豊富さに加えてたった1つのアカウント取得で、リクルート系列の求人サイトすべてが利用できます。

    派遣、エージェント制度など、相談しながら就職先を決めるシステムも便利です。これらのことから「多くの求人サイトに登録したくない方」は、リクナビNEXT に登録されることをオススメします。
PAGE TOP ↑