*

僕がニートになるまでの歴史 小学4年生編  ~親はゲームに制限時間を設けるな!!~

公開日: : 最終更新日:2014/10/11 ニートまでの自分史 ,

 

 

前回の小学校1~3年生編の続き

 

今回は小学校4年時の事を書いておく。

小学4年は前年度のクラスメートと変わらず同じメンバーだった。
この4年生時代は小学校6年間で一番印象が薄い。全体的に可もなく不可もなくという感覚だ。

 

 

ただ1つだけ、自分でも何でやったか覚えていない悪さをしている
俺は学生時代は悪さらしい悪さをした事の無い生徒。小中高と大人の言う事を聞いていたし
今回話す内容の悪さを何でやったのかも本当に覚えていない。

 

ただ魔が差したと表現するべきなのか。

魔が差したは言い訳に過ぎないので、許される問題ではないが。

 

それは、書道の時間に起こった。

みんな半袖だったので、季節は夏から秋にかけてだったと推測される。
手に持った筆で文字を書いていた俺は、何を思ったのか前の席にいる友達のポロシャツに
少しずつばれないように線を引いていったのだ

 

単独の犯行ではない。俺と、もう一人の友達と共犯で少しずつ線を引いた。

書かれている友人も含め3人とも友達だが、あまりにも気がつかれないのでエスカレート。

まだ気がつかれない・・・まだ気がつかれない・・・と
友人の背中はどんどん筆でなぞられる度に墨で真っ黒になっていった

 

そして、どんどん黒くなった友人のポロシャツの背中を見て気がついた。

 

 

「これはヤバい・・・」

 

 
後で先生に怒られたが、これ以降は先生に怒られるような悪さは学生生活でした記憶が無い。
こういったイタズラは小中高と長期的に見ても、後にも先にも今回限りだったんじゃないかな。

 

 

スポンサーリンク

 

 

他には思い出らしい思い出もない。ドラゴンボールごっこが流行したか。

良い事も悪い事も含めて、特にこれといって何か残る感じでもなかった。
せいぜい友達の家にゲームをしにいくなどが楽しい記憶だ。

この頃は、とにかくファミコンというテレビゲームがしたくてしょうがない時期だった。

 

そして、4年生くらいからは本格的にゲームにのめり込んだ時期。
のめり込むと言っても、家ではゲームに制限時間が決められていて一日30分だ。

 

家では物足りないので、友人の家にまで遊びに行ってゲームをするという形が日常のパターンだ。

 

親はゲームという物をよく思っていなかったので、制限時間を設けていたが
子供からしてみれば、1日30分など遊んでいるようで遊んでいないものだ

 

例えば、当時はドラクエという国民的人気ゲームにハマっていたが
レベルを上げる為に戦闘をしていると時間が来て終わり。
そんな感じだったので、とても不満が溜まっていた。

休日は特例で、30分が1時間と多めに遊ばせてもらえたりもしたが、それでも少ない。

 

 

 

 

いつもゲームが出来ない不満を抱えていたので、さらに友達の家に行く事が増えていた。

ゲームを持っている子なら誰でもいいくらいの勢い。まさにゲーム目当て
しかし、友人の家で何をして遊んだのかも親に聞かれる。

 
特に夕方も過ぎ暗くなって家に帰ると母親は「何して遊んでたの!?」と
ゲームをしていたのではないかと責める。

 

思いっきりファミコンがしたい

 

そんな思いは小学生の俺には実現できなかった。
ロックマンなどはやり込んだが、制限時間があるとラスボスに向かうためには
どうしても時間が足りなかった。

 

 

俺には弟もいたので、協力してラスボスを倒そうと持ち時間を
30分しかない二人が足して1時間にし何度もボスに向かっていった。

小4のレベルなので、そこまでテクニックがあるわけでもない。負けて失敗なんて事も多々ある。

 

 

ゲームをしない人には分かりにくいかもしれないが、だいたい最終に差し掛かると
30分という小刻みな時間で出来るようなセーブポイントもない。

故にラスト30分でクリアなんてことは当時のファミコンのソフトでは、ほぼ不可能なのだ。

 

弟と時計を気にしながら、急いで敵を倒して進んでいく。
ミスでもして中間地点でボスに負けようモノならタイムロスとなる。

慎重なまでの戦略を練ってラスボス討伐に向かっていた。

 

 

 

 

やっとの思いでクリアもしてきたが、エンディングロールの時間が長いのは
映画を見たことがある方ならゲームをせずともわかるだろう。

 

しかし、せっかくクリアしたのだから最後まで見たいし、ゲームによってはクリア後に
こっそり見られる最後の楽しみもあるのだ。

 

だが母親はそういった事も理解しないので、「もう時間よ!」とまくし立ててくる。
俺たちは「もう終わる!もう終わる!」を連呼していた。

 

刑務所でゲームをしているのでもあるまいし、なんでこんなことに・・・。

 

両親が出かけていたりすると必ずといっていいほど、ゲームをしていたと思う。

 

ゲームの時間が制限されていない家庭が羨ましかった。
しかし、そういった制限の無い子に限って外遊びもしっかりしている。
いつでもゲームが出来るから、外で遊ぶ事にも全力で向かえるのだろう

 

俺は、ゲームは遊べる時にやっておかないと損なモノという認識が消えなかった。

これは中学2年くらいまでは解除されない我が家の鉄のオキテだった。

あれこれと子供に制限を掛けるより、ほどほどの自由は必要だろうと今でも考えている。

 

 

 

続きは小学校5,6年生編

 

 

ゲームの制限時間は子供を不幸にすると思う管理人のプロフィールはこちら

 

 

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

僕がニートになるまでの歴史25歳編②~本能や欲望が動き出す動機に変わる~

けっきょく25歳の年は、無気力ながらも楽な仕事である「看板持ち」を見つけてしまったため完全ニートにま

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編⑥~去る者を追う無意味さを自覚しろ~

ニート歴シリーズ23歳編も今回で最後です。前回はこちらから。長くなりましたが、この年齢ラスト

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 0~3歳期

ニートになる人はどんな人生を送ってきたのか?というテーマで 少しずつニートに至るまでの経歴

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史31歳編①~強迫観念がきつい~

長く働いている人には意味が分からないと思いますが、2年も働くとそれなりにストレスが溜まってき

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編④~福祉業を甘く見てるやつらのクソ加減~

「文章表現さえ変えれば、ニートの歴史も小説風にリライトできるんじゃね?」と思い始めたので、語

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史29歳編②~罵声きついけど頑張った話~

気がついたんですが、同じ職場で1年をまたぐ経験がここまで無かったですね。「次は30歳シリーズ

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編②~ブラックとはまさにここ~

最近まで読んでいた「営業と詐欺のあいだ」という本に、「身近に起こるマインドコントロール」が書

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史25歳編④~事務職は眠くなるという発見~

  書いていて思ったのですが、20代中盤ってぼんやりとしてるんですよね。もち

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編①~就活のスタートすらわからん~

  「僕歴シリーズ」も短大卒業の年までやってきました。22歳編と同様に、長く

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~21歳後編 フラれて見えた絶景~

2003年度の前半である前回の記事では、告白して振られたところまで書きました。振り返られる方はこちら

記事を読む

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
ブログ歴2年のぼくが「今年買ってよかったと思った物ベスト10」

もう12月。1年を振り返って、今年のお買い物について考えていま

どん底の底辺フリーターに生涯賃金の話をしても意味がねえ!

「効率よく時給1000円を稼ぐ方法ってどうすればいいのだろう?

光目覚ましインティは、寝相の悪い人にも効果がある【父で実験】

「朝が苦手で、アラーム音が何度も鳴るのがストレス」 これ

仕事の要領が悪い人に、「生産性の低い」上司は近寄らないでw

あいつは何をやらせても要領が悪くって・・ 作業の速度が遅

島田紳助に学ぶ仕事の極意「紳竜の研究」を買いました

極楽とんぼの山本が復帰したようで。そんな復帰の話で思い出したの

→もっと見る



  • ☑毎朝のアラーム音が苦痛でツライ
    ☑自然に起きる生活を送りたい
    ☑ニートの子供が昼夜逆転して朝起きられない

    生活リズムが崩れて、昼まで寝ていたぼくが朝起きられるようになった光目覚ましインティ。

    自分で起きるのが苦痛な方」や、「朝起こしても起きられないお子さん」にオススメな目覚まし時計です。 ぼくも使ったレビューはこちらです
PAGE TOP ↑