*

【漫画で再現】ニートが初ナンパした時の思い出【美女狙い】

僕がニートになるまでの歴史シリーズ」という自分史をひたすら書き連ねていますが、人生をキッチリ記憶している訳でも無かったりします。そんな中でふと思い出した事がありました。タイトルにも書いていますが、僕のナンパ活動についてです。

 

こう書くと、「ナンパくらい誰でも出来るだろw」という意見や、逆に「ナンパなんてチャラい奴のする事だ」など人によって反応も様々で、誇らしげに言う話では無いと思う方もいるかもしれません。しかしナンパという行為が、世の中に存在する楽しみの一つとして考えると僕にとっては経験しておくべき価値ある行動だと思います。

何しろ見ず知らずの女性に声を掛けてみるのですから、単純に出会い目的とした下心だけの話には止まりません。いきなり女子に突撃していくコミュニケーションの必要性など、馬鹿にできないスキルが必要だったのだなとナンパを通して実感できました。コミュニケーションを不得意とする自分がやったのも変な話ですが・・。

今日はそんな、自分史の番外編ということで、ナンパをしてみた体験を書いてみようと思います。

 

スポンサーリンク

ナンパのきっかけは”ヤケ”を起こしていたから

僕のナンパについては継続してやっていたというより、「してみた時期があった」という方が自分の中ではしっくりきます。その時期というのは、短大1年目の22歳の頃でした。前に短大時代の話で書いていますが、僕は女性に振られています。あの頃はかなりヤケにもなりました。(短大でフラれた時期の話)

振られて自暴自棄というか、もう何も見えないという自分がいました。デートが出来そうな一歩手前で出来なくなったので、デート欲求が抑えられなくなったのです。そんな時に、寂しさを埋めるのはナンパという手段しかないという発想でした。僕に取って、あの頃は女性とどうにか関わりたい時の術が無かったのです。

 

そこで、我らが愛媛県の聖地である大街道で女性に声を掛け「一緒にお茶をしてみたい」という作戦を企てるようになりました。過去に僕がハロウィンでコスプレして遊んでいた例の場所です。

 

しかし、いかんせん生粋のひょろひょろニートな僕です。ユニクロ以外での買い物なんかもした事がありませんでしたし、高校の頃から着ている親に買ってもらった古いコートみたいなのを羽織るのが精いっぱいのオシャレなどダサダサでした。

でも自分の中でファッションの概念すら無かった当時の無茶っぷりですから「無理やりそれっぽく振る舞えば、そこそこイケてるだろう」と勝手に思ってたりしているので怖い話ですよね・・。メガネもこの頃はコンタクトはしたことが無いので勝負モードすら存在していませんでした・・。

それでも、異性と何とかして関わりたいと思っていたら自然と「大街道でナンパしかないだろう」という極端な考えに至った訳です。夜間の学校に行っていたので、ある日の昼間に出て女性を探し始めました。若干ですが、ストーカーの記憶もチラつきます。

 

ナンパ相手と交際できると思うとガチになる

 

ナンパ開始は昼の14時くらいからでした。「いざ女子に声を掛けるぞ!」となったのは良いのですが、ここで僕に一つの壁が立ちはだかりました。何と言っても、昼間に行動をしたと言う事です。少し薄暗いくらいなら良いのかもしれませんが、めちゃくちゃ明るい。

若者もいますがオバちゃんなんかも結構歩いてて。それなりに人が通行している場所であっても、この中で若い女性に声を掛けると目立つ自分がいるなと思う訳です。

 

ナンパってイメージの中では、そっと女性に近寄って行って「お姉さんお茶でもどう?」みたいな感じしか無かったので、この空気感の中で「自分のやろうとしているナンパはイメージとは違うだろう」とも思いました。

街中だ、大街道だ、と書いていますが、ざっくりいうと”愛媛の中では街”という感じなんです。都会みたいな、賑わいとか人が行き交う雑踏感とはまた違うので非常にやりにくい・・。

 

最初の一時間なんて、場馴れしていない自分がまず落ち着く為に、数百メートルの距離を往復し続けていました。もちろん声を掛ける女性を物色しているわけですが。でも、この物色もあまりよろしい結果を招きません。

初ナンパではあるものの、想定しているのは一緒にお茶をするというケースです。できるだけ可愛い女性に近づこうと欲が出てしまい仕方が無いのです。

 

あ、今の娘が可愛い・・。
   あ!あっちの娘も可愛い。
      しまった!目が合ったから声掛けにくい・・。

 

自分のダサい服装や、オドオドした態度とは裏腹に、求めている女性の条件は滞在時間が増すごとにレベルアップします。「もうちょっと可愛い子がいい」とか平気で思い始める訳です。まるで歩いている人に声を掛ければ、絶対に一緒に着いてきてくれると思っているかのような。

でも想定できるベストなナンパの結末は、そのまま順調に交際して結婚なわけですよ。学生時代から死ぬことばっかり考えてて、まともに女性という存在を知らないまま育つとこんな22歳になっていました。

 

 

はぐれ女子が現れた

そうは言っても、もう2時間くらい経った時点の話です。女性に声を掛けられない自分と、学生時代の体育で長縄に飛び込みたくても入れない自分とが重なりました。行こう行こうとするのだけど、足踏みしてしまって・・。そんな時にめっちゃ可愛いなと思える女性がいたんですね。

はい・・。この娘さんに声を掛けようと決めました。

 

その方は自転車を押している女性で自然と目が行きました。僕は急いで彼女を尾行します・・。すると、ちょうど大街道内の信号で止まったんですね。今しかないと思って僕は声を掛けました。そうは言っても女性を不安にさせてはいけないと思い、正直にナンパ目的だと伝えてみようと思いました。

 

俺「すみません・・ナンパをしているのですが・・」

女性「・・・」

俺「あの・・よろしけr・・」

(女性、自転車に乗ってスーッと消える。)

俺「・・・」

 

しまったと思うよりも、小っ恥ずかしい感覚でした。ドラクエではぐれメタルに遭遇して意気込んだら逃げられた感覚に近いです。特に好きという告白でもなければ、デートを申し込んだ訳でも無いのに・・。ただ声を掛けただけなのに・・。しかしここで気がつきました。

初対面で声を掛けて女性を振り向かせると言うのは至難の業だぞと。ムリゲーに近い感覚です。

 

もう帰ろうかなと思ったんですけど、とりあえずポジティブ発想が発動しました。ひょっとすると、さっきの女性は自転車を所持していたから逃げられたのではないかと。

今度は徒歩の女性に声を掛けることにしました。

 

ナンパするなら徒歩の女性を

懲りもせずにまたもナンパ相手を探していきます。しかし先ほどの自転車の女性に声を掛けたのが良い影響だったのか、「1人に声を掛けたのだから2人目もイケる!」と暗示が掛かった状態になって、さっさと可愛い女性を見つけて声を掛ける事に成功しています。

今度は是が非でもと、断れない状況に持っていくつもりで押そうと思いました。歩いて大街道を移動している清楚な女性で、かつ自分と同年齢くらいの人を発見。すぐさま声をかけます。

 

俺「あの、今ちょっとよろしいでしょうか?」

女性「はい」

俺「今、ナンパをしておりまして・・一緒にお茶とかダメでしょうか?」

女性「(ちょっと考えて)・・ちょっと友達と待ち合わせがあるんですよ」

俺「そ・・そうですか。あ、お友達との待ち合わせまでだけでもいいので!」

女性「うーん」

俺「ちょっと・・ちょっとだけでもダメですか?」 ←全力で押している方

女性「んー!ごめんなさい!」

男「そうですか・・・。どうもありがとうございました!」

 

という流れでまたも撃沈。話は良く聞いてくれた方ですが、ナンパという物事に対して壁を感じましたね。今にして思えば、100人くらい声を掛けるくらいやった方が良かったと思います。

何と言うか、今でこそどうでもいいやと思いますが、当時で100人声かけてたら誰かしらお茶くらいしてくれたのではないだろうかと書いていて思いました。

 

おわりに

過去に、 「ニートだって女の尻を追いかけたっていいでしょ?」でも書きましたが仕事とかしてなくても、女性に興味があればナンパしてもいいと思うんですね。今後も書いていきますが、世の中には思った以上に仕事をしている事にこだわらなかったりする人が多いなと言う事を後に知ることになっていきました。

女性にだけは貪欲に関わっていたので、ヒモとして生きている人が存在する理由や、そういった人を好きになる人の気持ちは分かりやすくはなってきました。ただし僕に関わってくれる女性の場合は、「無職で働かない人と付き合うのはOKだけど、養うというレベルまでは考えられない」という人しかいませんので説得力はありませんが・・。

とはいっても、仕事であれヒモであれ自分以外の誰かに依存するというのは男女関係なく不安だと思います。ナンパの話から逸れて行きましたがこれで終わります。ご閲覧ありがとうございました。漫画を描いてくれた友人にも感謝したいと思います。

 

ナンパの成功率が高い人ってどんな人なのだろうか。管理人あらたのプロフィールはこちら

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

【漫画】強迫性障害(強迫神経症)が原因で離職する人はどう働くべき?

  原作:あらた 漫画:ふるかわまさる    

記事を読む

【漫画で再現】ニートは何歳までお小遣いをもらう予定なの?【俺の日常】

お年玉シーズンにも近いと言う事もあって、漫画で伝えるニートの小遣い話として画像をアップさせて頂きまし

記事を読む

都会のメイドカフェって疲れない?愛媛のメイドカフェは超ゆるい【漫画付き】

  メイドカフェに読者の方は行かれた事はありますか?都会に住まわれている方な

記事を読む

「仕事は何してるの?」と聞く人はデリカシー欠如してる【漫画】

  原作:あらた 漫画:ふるかわまさる   囲碁が好きで碁会所

記事を読む

まだ自己紹介してるの?婚活パーティーは●を渡したモン勝ち【漫画付き】

  今日は子供がはしゃいでいる姿を見た。子供を見ると結婚ていいなと思う。子供

記事を読む

【ニートだけど】合コンに誘われたので参加してきた【漫画あり】

    先日の夜の話だ。男女で酒を飲む会に久しぶりに参加して

記事を読む

“1人暮らしをすれば人は自立する”という考えは贅沢の極み!【漫画付き】

原作 あらた 漫画 ふるかわまさる(友人)   若年貧困層に当たる人々の住ま

記事を読む

【強迫性障害の漫画】33歳の息子だけどママに戸締り頼んでるよ

  原作:あらた 漫画:ふるかわまさる    

記事を読む

Comment

  1. 黒猫 より:

    あらたさん、すごい勇気と行動力がありますね。

    私も、図書館に週1で通ってるんですが、返却コーナーのところに気になる女性がいるんですよね。もう半年経過、契約社員さんなんで、いつ辞められるかわかりませんが…。いつもお辞儀&小さな声であいさつしかできなくて、何か仲良くなる方法ありませんかね(笑)?
    あの静かな空間だと難しいですかね。

    • あらた より:

      黒猫さん こんばんは。

      いえいえ。勇気などそんな大それたものではないですよ。女性に近づきたい気持ちが暴走していただけです(笑)

      図書館にいらっしゃる女性ですか。半年も気になられているなら何とか交流してみたいですよね。

      僕ならですけど、周りの職員さんに聞かれてもいい内容で話しかけてみます。例えばその女性に「面白い本を探しているのですが、最近読まれた本でお薦めはありませんか?」などと聞いてみたいです。お仕事上、本が嫌いとか本を知らないというケースはまず無いかと。

      ここであっさりとお薦め本を教えてくれる女性であればラッキーです。少なくともお辞儀と挨拶の関係よりは前進しますし、教わった本を読んで感想を伝えればまたお薦めを教えてもらえます。本に携わるお仕事をされている以上は、お薦め本を紹介するというのは嫌ではないと思いますよ。

      逆に聞かれて困ってしまわれる女性だった場合です。むしろこっちのタイプの方が多いと思います。でも困らせてしまった方が僕はさらにラッキーだと受け取ります。その方が周りの職員さんも巻き込んでお薦め本を教えてもらいやすくなるので、次からも聞きやすいですし顔も覚えてもらえます。

      ですので最初は相手に覚えてもらえるよう印象に残る事をすればいいと思います。お薦め本を聞くくらいなら、どう転んでも悪くはならないように思います。あくまで本が好きな人と言う話ですからね。

      そういうわけで、僕ならこんな行動をするという話ですので、黒猫さんのキャラで出来そうな行動を起こしてみるといいですよ。

      応援しております!

  2. 黒猫 より:

    ありがとうございます。
    メールにて返信させていただきました。

  3. tintin より:

    その調子でボランティア活動もついでにしてみては?

    • あらた より:

      tintinさん こんにちは。
      コメント頂きありがとうございます。

      ボランティアに関しては昔かなりやってたのですが、今はニートながら別件で用事が溜まってて微妙に忙しくて参加する余裕がなかったりします。20代の頃はボランティアばかりでしたので、そういう経験も書いていこうとは思っております。

      強迫性障害のリンクを紹介して頂きありがとうございました。
      またお時間がございましたらお越しくださいませ。

  4. 黒猫 より:

    質問作戦・スマホ作戦実行することなく終了のようです。
    3/1に会ったのが最後で、どうやら辞められたみたいです。新人が入ってきてました。
    まさか6ヶ月で辞められるとは・・・
    半年更新だったのかな。忙しくて大変そうにしてたから1年以上はいないかもって思ってたら・・・・。早めに会話しておくべきでした・・・私の楽しみが・・・後悔…ショックですorz

    • あらた より:

      黒猫さん こんにちは。

      それはそれは・・。行動される直前にお辛い想いをされましたね。「orz」から後悔が伝わってきます。
      しかし実はその後悔体験がけっこう重要だったりします。ある意味では貴重な経験になっています。

      僕の体験上ですがショックを受けるほどの後悔は後に必ず生きてきます。なぜかというと過去の無念を思い出し、出会いの場面では後悔しないように仕掛けが早くなっていくからです。
      今は切り替えが難しいかもしれませんが、もし次に気になる女性が現れたら今回よりは早く動けるといいですね。

  5. 黒猫 より:

    ありがとうございます。前向きな気持ちになれました。
    ○○さんって最近みかけませんが辞められたんですかね?って、他の職員さんに聞くのは、怪しいorストーカーと思われますかね?

    • あらた より:

      黒猫さん こんばんは。

      辞めたかどうかを聞くくらいなら問題ないと思いますよ~。
      その後の連絡先や、勤め先など個人情報に当たる内容を聞くのはまずいですがw

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
ブログ歴2年のぼくが「今年買ってよかったと思った物ベスト10」

もう12月。1年を振り返って、今年のお買い物について考えていま

どん底の底辺フリーターに生涯賃金の話をしても意味がねえ!

「効率よく時給1000円を稼ぐ方法ってどうすればいいのだろう?

光目覚ましインティは、寝相の悪い人にも効果がある【父で実験】

「朝が苦手で、アラーム音が何度も鳴るのがストレス」 これ

仕事の要領が悪い人に、「生産性の低い」上司は近寄らないでw

あいつは何をやらせても要領が悪くって・・ 作業の速度が遅

島田紳助に学ぶ仕事の極意「紳竜の研究」を買いました

極楽とんぼの山本が復帰したようで。そんな復帰の話で思い出したの

→もっと見る



  • ☑毎朝のアラーム音が苦痛でツライ
    ☑自然に起きる生活を送りたい
    ☑ニートの子供が昼夜逆転して朝起きられない

    生活リズムが崩れて、昼まで寝ていたぼくが朝起きられるようになった光目覚ましインティ。

    自分で起きるのが苦痛な方」や、「朝起こしても起きられないお子さん」にオススメな目覚まし時計です。 ぼくも使ったレビューはこちらです
PAGE TOP ↑