*

僕がニートになるまでの歴史~20歳前編 無職で成人~

長く書いていますが、僕がニートになるまでの歴史シリーズも20歳を迎えるところまで来ました。今回の20歳編はもう10年以上前の事ではありますが、まだ最近の出来事のようにも思えたりします。自分を変えたいと思い行動するも、変わりきれない部分がそう思わせるのでしょうか・・。

前回の19歳後編の話はこちらからどうぞ。まだ読んだことの無い方は、最初から読んで頂ければ幸いです。

 

無職で20歳を迎えた

 

学校に行けなくなって3年目になる。休学扱いという形での高校在籍はこれ以上は無理であると学校側から告げらる。やむを得ず休学生の肩書を手放し退学した。20歳という節目を迎える年に俺は人生で初めて無職状態になった。

しかし無職になっても「あと少し待ってもらえたら高校に戻れたのに・・」なんて事は全く思わなかった。なぜなら、高校に通わなくなった時点で学校に復学するなど考えられなかったからだ。

ただでさえ通うのが辛かった高校に留年生として通う自分のイメージなんて湧くはずもない声が震える場所という悪印象が学校から切り離せないのだ。堂々と留年する人もいるが、ただでさえ人の目を気にする俺に留年の選択肢は無かった。

 

無職の響き

無職になった年の感覚は、休学状態とは全く異なっていた。無職と言う言葉の響きは非常に強烈で、何をするにしても卑屈になってしまう呪いにかかっているかのような状態。無職慣れというと表現は不適切かもしれないが、慣れるまではかなり違和感があった。

たとえばゲームなどを売る際には決まって身分を書かなければならない。馬鹿正直な自分は事あるごとに「無職」と職業欄を埋めていた。嘘でも学生、バイト、社会人などいくらでも書いていい事を知らなかった。世の中は嘘だらけなのに、無知とは恐ろしい。

テレビなんかを見ていても、犯罪者の身分が「無職」なんて話を聞くと、そんな気が無くてもまるで自分までが犯罪者予備軍になったような感じがした。親などとニュースを見るのが嫌だった。無職の肩書きはキツイ。

 

ちなみに今でも自分を茶化し「無職でーす」と友人の前でも無理をする事はある。どこか、ニートや無職の自分に負い目を感じて生きてるのだろう。

「無職ニートが偉そうな事を言うな」などとネットなどでは書かれている事もあるが、少々金を稼いでいるだけでモノ言えぬ弱者に対し暴言を吐くような人間は好きに慣れない。こうやって俺のように発言する場の無いひきこもりやニートの人は、心無き暴言に深く傷つく事もある。

リアルであれネットであれ、働いていないから文句は言えないでしょ的なポジションを押し付けてくる人もいるが気にする必要が無いと思えるまでにはかなりの時間を要した。まあ、この頃の俺がそんな考えを持つ事など出来やしないのだけど。

 

ワシらが若い頃はネットなんて無かった

 

学校に行かなくなって3年目にもなるとひきこもりも板についてくる。

だんだん生活も、昼夜逆転は基本となるような日々が続いていた。ちなみに俺は昼夜逆転を悪いことだと思っていない。(昼夜逆転の治し方参照)

基本的に俺は起きる時間、寝る時間を指示されるとかなりのストレスになる。どうせ無職なのだから寝るのは自由という考えだ。

 

また、当時の俺は次のような生活を送っていた。

 

9時50分  起床       (テレビ視聴のため無理やり起床)
9時55分  こたえてちょーだい (興味の無いテーマなら寝てしまう)
12時   笑っていいとも   (眠たくても、いいともには頑張って起きる)
13時   ごきげんよう   (見たり見なかったり)
13時半~          (自由時間 昼寝)
16時~    再放送ドラマ
18時     ニュース                (政治などの動き、芸能関係の速報)
19時~深夜         (テレビ視聴、自由時間)
4時   就寝        (朝刊の新聞配達のバイクの音がツライ)

5時~8時          (寝られない場合はこれらの時間を超える事も)

 

昼夜逆転になると親はうるさいので、朝の10時にはなるべく起きていた。この10時から始まる「こたえてちょーだい」という番組を目標にすれば起きやすかった。視聴者からの体験エピソードを集めて再現VTRを見るのだけれど、主婦層向けとは言え面白かった。

川合俊一と、菊間千乃アナなどがメインで進行するが彼らの掛けあいも好きだった。テーマによっては完全に興味が無かったり、起きても眠気が取れない場合は2度寝するなど不安定な部分もあった

それでも何とか12時の「お昼休みは~ウキウキウォッチ♪」の歌で起きる。この頃の俺のひきこもり生活における日常は、ネットも使っていなかったのでテレビを中心にしていた。ネットほどの激動は無くとも、それでも日替わりで何か楽しめるのはテレビくらいだ。

 

無料で家の中で遊べる最大の娯楽がテレビ。ネットがあれば確実にネットにのめり込んでいたのは、後の俺の行動からもわかってくるのだけど。

 

スポンサーリンク

 

笑っていいともに関しても、この年くらいには毎日のように見ていた。これらを好んだのは、生放送特有のトラブルなども出てくる感じが新鮮だった影響が大きい。とにかくテレビ三昧。テレビばかり見るので、業界用語も自然と覚えた。

カンペや、お蔵入りなんて言葉は一般的に知られているが、そうでない言葉も覚えて行った。タレントが何気なくテレビで業界用語を使うので、その意味がどんどん理解出来るようになる事に面白みを感じた

少しだけ書いてみると次のような感じの事を把握しながらテレビを見たりした。

 

今日は少し「巻き」がかかってるな
この人、この日は「けつかっちん」だったのか
の事情があって仕方が無いんだろう
あ、今スイッチャーの人ミスったな
ブイ(VTRのこと)だけ流す番組か・・
今のカットね(両手でテープを切る動作)
端っこの人が見切ってしまってる

 

タッ券(タクシーチケット)や26時などの日またぎ抜き待ちワイプ場ミリなど知っている人は何とも無いのだろうが知識として増やしていった。今ではだいぶ忘れてしまった業界用語。こういった、業界脳みたいな感覚の視聴者に変化していった。今にして思えば本当にテレビしか無かったな・・

 

朝と夜の考え事 ひきこもりが希望を見据えてみた

 

これまで過去に書いてきた不登校の2年間はとても大変だった。強迫性障害など精神的な問題を含めた体調の悪さは顕著であったが、3年目に当たるこの年くらいから少し落ち着き始める傾向も出てきた。同時に自分もこのままではいけないと考える時間も増える。

 

考え事は殆ど布団の中でするのだけれど、朝は起床してすぐにボーっとした頭で考える。良い事をなるべく考えて将来に希望を見出そうとした。といっても、だいたい自分にとって将来的に楽しそうな事というのは女性と仲良くする事でもあった。

恋愛経験が無かったのも大きい。好きだった娘の事を思い返してみたり、好きな女子アナの事を考えたり。現実的に関わる事が困難そうな女性に対してばかり妄想の矛先が向かう。結果的に何か寂しさや虚しさに辿りつくがやめられなかった。

楽しそうな朝方の考えとは打って変わり、夜になり寝るために電気を消すと自分の置かれている状態に嘆く日々にもなっていた。朝とは真逆の思考だ。昼間はテレビで笑っていても、夜の真っ暗な部屋ではなんとも言えない不安に襲われた

 

今後を考えると悲観的になってしまい泣いてしまう日々も続いた。自殺の選択肢くらいしか、自分が楽になれる道が描けない。だけど死を考える自分と、まだまだ生きていたいと考える自分は同時に存在する。幸せな人生が送りづらい現状を思うとたまらなく悔しく泣き続けていた。

しくしく部屋で涙を流しながらも、今だけ・・今だけ苦しいと自分自身を励ました。しかし励ます要素があまり見えない未来に落ち込む事の繰り返しでもあり抜け出すのは困難に思えた。これではいけない。

何とかこの現状は打開せねばと思えば思うほど、自分の置かれている状況にプレッシャーもかかり重たいものになった。そんな俺にも、この成人の年には転機が訪れている。

 

次回は20歳後編を書きます。

 

僕がニートになるまでの歴史シリーズ

 

 

 

妄想のひきこもりだった管理人あらたのプロフィールはこちら

 

■漫画ファンとしてレビューしています■

ニートが選ぶオススメの100冊前編★1~100位

ニートが選ぶオススメの100冊後編★101~200位

面白い漫画ランキング2015入選作★【随時更新中】

素早く読める「1巻で完結する漫画」まとめ【随時更新】


  ■ニートの就活体験を活かした就労テクニック(人気順)■

履歴書の「長所と短所」に悩むならリクナビ診断をコピペしとけ(人気就活の記事)

ニートが教える履歴書の書き方(改ざんすら示唆している悪知恵)

ニートに役立つ職務経歴書の埋め方(空白期間を埋めるテクニック)

ハロワへの不満をニートがぶちまける(愚痴記事がなぜか人気)

■運営者プロフィール■

1ページでわかる!管理人あらたのプロフィール
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket


関連記事

僕がニートになるまでの歴史27歳編①~今の僕の考えの原点~

最近はnoteが流行していて、有料記事を見かける頻度が増えました。僕も何か有料で見せられる物

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史~高3から不登校までの道のり前編~

前回の僕がニートになるまでの歴史シリーズ高校2年の話はこちらから。 今回は文字数が多くなるので前編

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編②~ブラックとはまさにここ~

最近まで読んでいた「営業と詐欺のあいだ」という本に、「身近に起こるマインドコントロール」が書

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史 中学2年生編~クラスで一致団結?虫唾が走るわ!!~

    前回の中学1年生編から進んで無かったので続きを書きま

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史28歳編④~福祉業を甘く見てるやつらのクソ加減~

「文章表現さえ変えれば、ニートの歴史も小説風にリライトできるんじゃね?」と思い始めたので、語

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史  ニートの卵の小学校1~3年生編

    何とか地獄の保育園は脱出したと思いきや、またも試練が

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史32歳編~月収は800円~

「アフィリエイトをやらせてくれ」と親に頼んだところで止まっていました。ということで、久しぶり

記事を読む

看板持ちの仕事なら一生やれる気がしたよ~僕がニートになるまでの歴史25歳編①~

  「ニートになるまでシリーズ」も25歳編まできました。働く事が怖いのでもう

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史23歳編③~理想は就活してるフリで人生終わる事~

  お待たせしました!お久しぶりの「僕歴シリーズ」です。前回までの続きを書い

記事を読む

僕がニートになるまでの歴史30歳編①~イケハヤ信者になる~

歴史シリーズも、いよいよ三十路イヤーに突入です。ここ数年の話になっていくと、かなり記憶も鮮明

記事を読む

Comment

  1. タガナ より:

    はじめまして。タガナという19歳の専門学校生です。僕はうつなのか強迫観念なのか分からないのですが、とにかく色々な症状が出ているので病院に通っています。その症状の一つに、ち○○が見えないか気になるというわけではないですが、便がズボンにくっついているのではないかという強迫観念に悩まされています。今、専門学校には休み休み通っています。大学には一回入ったのですが、人間関係に悩んで2ヶ月で辞めてしまいました。なので約一年ぶりの社会復帰が専門学校に通うことになります。この記事を読んでこれからに対して不安を抱くところに共感しました。僕ももっと症状があるのですが、それはまた機会がありましたら書こうと思います。では、失礼しました

    • あらた より:

      タガナさん はじめまして。
      コメント頂きありがとうございます。

      なるほど。「便がズボンについている」ような気がしてしんどいのですね。病院に通われているとの事で、相当に困られており僕と似ているように思いました。トイレは日課ですからね。そういった生活の中で、頻繁に気になる場面に出くわすというのは本当に苦痛ですよね。

      大学をお辞めになられて、復帰として専門学校を選ばれたとの事ですが、かなり頑張っている最中かと思います。休み休み通っているとの事ですが、通えていると言うのは凄い事ですよ。強迫観念を持ったままの生活は「生き地獄」みたいなものなので、通えている事実が素晴らしいです。無理をしない程度に継続して通えるといいですね。

      強迫観念など神経症状を抱える人は、「なるべく外へ意識を向ける事」が克服のポイントになると、とある専門家から聞いた事があります。なるべく意識は自分の内に込めず、タガナさんが頑張っている今のような生活がベストなようです。少ししんどいけれど休みながらでも通えるというのは克服に向かう一歩なので、ちょっとでも回復していくといいですね。

      それでは失礼いたします。

管理人:あらた


詳しくはこちらで

不登校→ひきこもり→ニートから社会復帰しバイトをするも凡ミスを連発。たび重なるエラーで職場に居られなくなり転職を繰り返す。そんな中、仕事で頻繁に起こるミスの原因は発達障害の影響と発覚。復帰と挫折を往復して現在はニートの1982年生まれ。

ニートに至るまでの経緯を決して無駄には出来ないと考え「僕がニートになるまでの歴史シリーズ」で半生を書き散らかしている。ニート当事者の方、保護者の方、またその他の方に届けられる記事を書いていきたい。
光目覚ましインティは、寝相の悪い人にも効果がある【父で実験】

「朝が苦手で、アラーム音が何度も鳴るのがストレス」 これ

仕事の要領が悪い人に、「生産性の低い」上司は近寄らないでw

あいつは何をやらせても要領が悪くって・・ 作業の速度が遅

島田紳助に学ぶ仕事の極意「紳竜の研究」を買いました

極楽とんぼの山本が復帰したようで。そんな復帰の話で思い出したの

ココマイスターを1ヵ月使ってみた★ロウの白さキープしてます!

早いですね。ココマイスターの長財布を購入して1ヵ月。「ロンドン

ピザ屋で働きたいなら”ナポリの窯”で。電話で聞いてみました。

「ピザ屋でバイトしたいけど、どこが働きやすいのだろう」

→もっと見る



  • ☑毎朝のアラーム音が苦痛でツライ
    ☑自然に起きる生活を送りたい
    ☑ニートの子供が昼夜逆転して朝起きられない

    生活リズムが崩れて、昼まで寝ていたぼくが朝起きられるようになった光目覚ましインティ。

    自分で起きるのが苦痛な方」や、「朝起こしても起きられないお子さん」にオススメな目覚まし時計です。 ぼくも使ったレビューはこちらです
PAGE TOP ↑